「モン・ロワ」。大人の女性にイチオシの恋愛映画

激しい愛、官能的な描写、そして、胸を締めつけられるような結末ー。

大人の恋愛映画をお家芸とするフランスから、待望の傑作がやってくる。それが『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』だ。

理想の男だったはずが、結婚した途端に別の顔を見せはじめる。男女の関係が、交際、同棲、妊娠、出産を経る度に変化していく。その様子が、とてもリアルに描かれている。人を愛せずにはいられない。なのに愛に傷つけられてしまう。強く求め合うのに、すれ違ってしまう。そんな二人に、つい自分自身の姿を重ね合わせてしまうことだろう。

女性を喜ばせることに天才的で、何もが完璧そうに見えるけれど、実は、身勝手で弱い男を演じるのはヴァンサン・カッセル。ハリウッド映画『オーシャンズ12』『オーシャンズ13』で魅せたニヒルな役柄とは対象的なダメ男を見事に演じている。

一方、ダメ男に翻弄されながらも、人生を諦めずに生きる女性を演じたのは、エマニュエル・ベルコ。第68回カンヌ国際映画際という大舞台において、本作で、女優賞受賞という栄誉を掴んでいる。迫真の演技には、きっと目を離せなくなるはずだ。

激しい恋に落ちて運命を共にする男女の10年間の物語。できれば、一人で観ながら男女の違いについて想いを巡らせてみることをオススメしたい。自分の過去の「愛」について振り返ったり、あるいは、未来の「愛」に関して思い描いてみるのはいかがだろう?

『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』
2017年3月25日(土)より、YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。公式サイトは、コチラ

Licensed material used with permission by 『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』

© 2015 / Les Productions Du Trésor - STUDIOCANAL - France 2 Cinéma - Les Films de Batna - Arches Films - 120 Films – All Rights Reserved

オスカー女優であり、プロデューサーであり、母親でもあるリース・ウィザースプーン。夢や野心、情熱を持って頑張る女性を応援するエッセイが9月4日、「Glamo...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
2016年2月29日(日本時間)に行われたアカデミー賞授賞式で、俳優のレオナルド・ディカプリオが「主演男優賞」を受賞しました。これまで5度ノミネートされた...
「Your Tango」のShelby Hendersonは、『風と共に去ぬ』から『きみに読む物語』まで、ありとあらゆる名作品から21のプロポーズ台詞をチ...
〈モンベル〉の「トラベルアンブレラ」はわずか86gという軽さ。さらに頑丈さを合わせ持っているところが、このブランドらしい。
スリラー映画とスパイシー料理って、少し似ている。それらが引き起こす緊張感や不安感、心地の悪さは決して身体にとっていいわけではないのに、一度味わってしまうと...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
例年、受賞者や女優らの華やかなファッションで注目をあびるゴールデングローブ賞。けれど、先日行われた第75回の授賞式は、過去のものと比べてまったく異なる式と...
4月公開予定の映画、『ザ・トライブ』は、カンヌ国際映画祭批評家週間で3冠を受賞した作品で、セリフも字幕もなければ、ナレーションやBGMさえない異色の衝撃作...
『タクシードライバー』、『イングリッシュ・ペイシェント』に『シングルマン』。愛を失った男を描いた映画って、これまでどれほどたくさんあったた...
11月末から公開されているこの映画の主人公は、チェット・ベイカー。1950年代、黒人ばかりのモダン・ジャズ界で一世を風靡し、マイルス・デイヴィスを凌ぐとも...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
〈montbell(モンベル)〉の「ウィンドストッパートレッキングミトン」です。色はシールブラウン。ダウンジャケットからコート類まで、合わせやすいです。
映画『ワンダーウーマン』の日本公開の宣伝で「天然系」や「男も恋をしらない」という謳い文句がソーシャルメディアで炎上しました。なぜこのような事が起こってしま...