軽井沢の地で「暮らすように旅するホテル」がオープン

軽井沢のレストラン「カスターニエ 軽井沢ローストチキン」の2階に、1室限定ホテル「232 work&hotel」がオープンした。

客室面積は50平米の1LDKと、ホテル1室にしては広めの設計。北欧調で統一された室内デザインとインテリアは、静かで落ち着いたエキゾチックな雰囲気。所々に設置された小窓と、南向きのテラスからは明るい光が差し込み、開放的でくつろぎをもたらす空間を実現している。

同ホテルのテーマは「暮らすように旅すること」。キッチン、シャワー、洗面台などの基本的な設備のみならず、洗濯機や冷蔵庫、食洗機、オーブンレンジなど、一般的な住宅に用意されているような家電も用意。日常生活を送っているかのようなリラックスした感覚を滞在中も味わうことができる。

また、コワーキングスペースも隣接されており、「暮らし」と「旅」だけでなく、「働き」と「遊び」までボーダーレスに実現。

春の軽井沢を旅しながら、遊ぶように働き、暮らす。そんな夢のような非日常を体験したいなら、ぜひ。

©232 work&hotel
©232 work&hotel
©232 work&hotel
©232 work&hotel

『232 work&hotel』
【開業日】2020年3月18日(予定)
【所在地】長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東23-2 2F
【客室数】全1室(50㎡)
【収容人数】最大3名
【客室設備】キッチン、シャワー、洗面台、洗濯機、乾燥機、冷蔵庫、 オーブンレンジ、電気ケトル、アイロン、食洗機、調理器具、食器類
【価格】2名1泊 3万3000円(素泊まり)
【アクセス】JR東日本・しなの鉄道・軽井沢駅より徒歩5分、碓氷軽井沢ICより車で約20分
【公式サイト】 https://hello232.com/
【宿泊ご予約】 https://airbnb.com/h/karuizawa232

Top image: © 232 work&hotel
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事