あぁ、またひとつ「秋の軽井沢」へ行く理由ができた。

世界有数のリゾート、軽井沢。生前のジョン・レノンが毎年のように避暑地として訪れていたことや、天皇皇后両陛下の出会いの場所としても有名ですね。

そんな軽井沢の玄関口となる「軽井沢駅」の駅ナカが新たに、家族3世代が快適に過ごせる「行ってみたくなる駅」をコンセプトに掲げました。

懐かしくて、新しい。

3fdc6b2dcbb75bb20ab9bb6df7be8dae0d336f82

旧軽井沢駅舎は1997年、長野新幹線の開通で一度取り壊され、新駅舎の開業後に明治43年当時の姿で再び建設されました。

窓や天井、その他の枠材など、当時のものを使用し、古き良き駅舎の姿で20世紀の歴史的遺産を展示する記念館として利用されていましたが、2017年の春に惜しまれながら閉館。

この街の歴史と文化が色濃く残る駅舎の再利用を求める声は多く、できれば記念館ではなく、駅舎として現役復帰させたい、と願う人も数多くいました。

この秋、その思いが形になるのです。

旧軽井沢駅舎は、しなの鉄道開業20周年事業として、10月27日に「懐かしくて新しい」軽井沢駅として復活します。

歴史的価値を持つ駅舎の外観や内装はそのままに、カフェやお土産売り場、子どもが遊びながらガラス張りの室内から列車を見ることができるスペースなど、テーマパークのような魅力を備えた施設へとリボーン。

デザインは、JR九州の豪華列車「ななつ星 in 九州」や観光列車「ろくもん」などを手がけた、水戸岡鋭治さん。

「ろくもん」に乗る前に
極上のひとときを…

2409773259d9c663961b6e47982debb96ddcc6c5

とくに注目なのが、2階の貴賓室を使った、ろくもんラウンジ。

軽井沢から長野に至る「しなの鉄道」の美しい景観を楽しみながら、信濃の歴史・文化・食を満喫できる観光列車「ろくもん」。その食事付き、プレミアムワインプランのお客さまは、このラウンジを利用できます。上品な空間は、旅と始まりと終わりをさらに彩ってくれるはず。

カフェスペースで
200年の「歴史」を味わう。

5ef7a89fbf0ce08dbc60d8f88e03c8f7e746ac05

1階のカフェスペースでは、200年の歴史を誇る小布施の甘味の名店「桜井甘精堂」が出店。小布施のスイーツと言えば何と言っても、栗。室町時代に初めて栗の菓子を作ったのが、この桜井甘精堂の初代 桜井幾右衛門と言われています。

小布施限定のスイーツ「栗の木テラスのモンブラン(数量限定)」や軽井沢店限定の新商品も楽しみ。

10月27日の朝10時からオープニングセレモニーが開催。秋深まる軽井沢に、紅葉でも見に行きませんか?

※イラストはすべて、完成予想図となります

Licensed material used with permission by しなの鉄道
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
秋田県内にある人気の紅葉スポットを紹介。十和田湖、田沢湖、出羽富士とも言われる鳥海山など、雄大な自然の中にある紅葉スポットが満載。さらに乳頭温泉郷にある紅...
これから、どんどん紅葉の美しさを楽しめる季節になっていくんだろうなぁ。そう思っていた時に、秋を感じるイラストを見つけました。フィンランド出身のMia Mi...
もうプールの季節は終わってしまったけど、「マーメイド・エクササイズ」は来年あたりに日本でも流行りそうだな〜。
アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマという都市にあります。
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
あなたは「鉄道高架下」にどのようなイメージをもっていますか? 暗いとか、ちょっとコワイ感じがするとか、どちらかというとネガティブな印象を抱いている人が多い...
「子どもに安心して食べてもらえるお菓子」というコンセプトのもと誕生した長野のお菓子「オブセ牛乳」シリーズ。素朴なやさしい味わいとパッケージのかわいらしさが...
紅葉もいいけれど、それ以外の「秋」の自然の楽しみ方として「のこのしまアイランドパーク」のコスモス畑を紹介する。ビビッドなコスモスと海のブルーが見事なコント...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.30 「銀河鉄道999」小学生の頃、手に入れた宝物のひとつに銀河鉄道999のパスがある。アンドロメダ星雲を目指して宇宙...
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
「大鐵(だいてつ)」の愛称で愛される大井川鐵道は、静岡県島田市の金谷駅から千頭駅を結ぶ大井川本線と、千頭駅から井川駅を結ぶ井川線を運行するローカル鉄道。新...
大都市を結ぶ鉄道網の整備が急ピッチで進む中国。その作業現場の風景を収めた、貴重な動画を紹介します。舞台は、鉄道橋の架設工事現場。人手をかけて作業にあたると...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
風が冷たくなり、秋の気配が漂ってきた今日この頃。そろそろ紅葉の季節も近くなってきましたね。四季の移り変わりで毎年楽しめる紅葉ですが、美しいのは日本だけでは...
2015年に170年目の秋を迎える御船山楽園では、11月1日より「紅葉まつり」が開催されます。また、11月7日からは日本国内でも最大級のライトアップが施さ...
神奈川県足柄上郡山北町の玄倉川上流にあるユーシン渓谷で、美しい紅葉とエメラルドグリーンに輝く水のコラボレーションが、なんと神奈川県で楽しめます!
玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
紅葉は見に行きたいけど、渋滞にハマるのはイヤですよね。そこで、電車やバスを使って行ける「群馬の紅葉スポット」を紹介したいと思います。「東京駅」から群馬の主...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...