「捨てる」ではなく、「減らす」ことでしあわせを見つける方法

日本でも「断捨離」や「ミニマリスト」など、物を「捨てる」ことで本来の豊かさを求める人が増えています。しかし、生活を劇的に変化させてしまうと、それ自体がストレスになってしまうことも…。そこで行動を「減らす」というソフトな方法はどうでしょうか。

起業家のマーク・アンジェロ・コッポラさんがまとめた「Collective-Evolution」の記事によれば、消費主義の影響によって、私たちは新しいガジェットを買ったり、クローゼットを衣服で埋めることで満足感を得ようとしがちです。しかし、物を「増やす」ことで豊かになるのではなく、自分の価値観や生活に必要なことを知り、不必要な行動を「減らす」選択をしましょう。

そうすればきっと、人生の選択肢はもっと豊かなものになるはずです。

01.
無意識にやっている
「小さな習慣」を見直す

毎日、無意識にやってしまっている行動は意外と多いものです。

たとえば、何気なくチェックするSNS。習慣にしているつもりはなくても、心当たりはありませんか?友だちの投稿やニュースをチェックするには便利だし、つい見てしまいます。でもあえて立ち止まって、この行動にどれほどのコストをかけているのか、考えてみてください。これが最初のステップです。

貴重な時間を費やしてまで、本当にやりたいことなのか?問いかけてみてください。

02.
違うアクションに
置き換えてみる

SNSのチェック時間を、意識的に新しい行動に置き換えてみましょう。たとえば、友だちへ電話してみる、本を1章分だけ読む時間にあてる、20分間ウォーキングしてみる、など。

実際にやってみれば分かると思いますが、これらに置き換えたところで、あなたの生活は何ひとつ犠牲になることはないでしょう。むしろ、より「実感」のあるライフスタイルを味わえるはず。

03.
「口にするもの」を
見直してみる

食べることは、本能のひとつです。口にするものを変えることで、人生は変化していきます。

たとえば、いつも食べている物がどこから来ているのか、と考えたことはありますか?加工食品や有名チェーン、色々な選択肢がありますが、これからは地元の食品や個人レストランを選んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、すでに健康に気をつかい、色々なところから食品を取り寄せているのかもしれません。でも、地産地消の価値について、もう一度考えてみてください。

たとえば、地元のビジネスオーナーと知り合いになって、新しいコミュニティをつくることができるかもしれません。社会的、環境的、健康的にも意味があるのではないでしょうか。

04.
モノもスペースも
無駄をなくす

クローゼットのなかには、どれくらいの服が入っていますか?

まったく着ない服があるのなら、それは不必要かもしれません。慈善団体などに寄付するという選択肢もあります。そして服を減らした分、クローゼットのスペースは空きます。

一見、無意味な行動のように思えるかもしれませんが、実際にやってみると「持ち物」が少ないほど自由が利く、ということが分かるでしょう。

05.
オフラインになる時間を
大切に

ここまで来たらスマホやノートPCの使用をやめてしまいましょう。…というのは冗談ですが、キッパリと絶つのではなく、自分がどれほどの時間をそれに費やしているのか、きちんと把握しましょう。そして、使用時間の制限を検討してみてください。週に1〜2時間からでもいいかもしれません。

こう考えてみましょう。オンラインで楽しめるものは、どれだけ離れても逃げたりしません。つねにそこにあって、いつでも楽しめるものなのです。

重要なのは、オフラインの間も自分は自分である、ということ。自分自身を見直すことで、他にやりたいことが見つかるかもしれません。

毎日、ディスプレイの前に座って過ごす1時間を、いったい何に使いましょう?1年もあれば、1冊の本が書けるかもしれないし、新しい言語を学ぶことだってできるかもしれません。その可能性は、無限大なのです。

Licensed material used with permission by Collective-Evolution
「ミニマリスト」とは物理的な意味のほかに精神的な意味も持つ。ここでは、ミニマリストの意味や得られるメリット、ファーストステップとしておすすめのアクションに...
旅には、人生が凝縮されています。
パンのフードロスを減らすパン専門の通販サイト「rebake」が、今夏よりグルテンフリーのパンや焼き菓子の定期便をスタート。消費が落ち込む日本のお米を原材料...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
「どんなかまぼこならお正月の食卓に取り入れてもらえるだろう?」と考えた福岡の老舗「関屋蒲鉾」五代目が作った、一口サイズのかわいいかまぼこ「ハレかま」。この...
「自分の人生を愛している人」が大切にする10の考え方をご紹介。ほんの些細なことで人生が変わるかもしれません。
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
息子のTaggartくんを養子に出したHannahさん。最初は悲しみに暮れていたものの、Taggart君を引き取った夫妻に自身も家族同然に受け入れられ、今...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
エコな自然素材ででき、調湿効果でごはんを美味しく保てるなど広い世代に人気の「曲げわっぱ」のお弁当箱について、メリットやおすすめ商品をご紹介。節約やダイエッ...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
物を減らしてゆとりを持つことを数年間実践しているライターが書いた記事。ミニマリズムを実践することで、実際どのような効果があるか、本人の経験から具体的に掘り...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
「ファンケル」から発売された「抗菌やさしい潤いマスク」は、抗菌、保湿、苦しくない設計、繰り返し使用の4つの機能性と、肌への優しさを追求したマスク。
世界中で使用されているWeb会議ツール「Zoom」。無料版ライセンスユーザーは、通常40分間でタイムアウトする時間制限が各ミーティングにかけられているが、...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
誰だって、しあわせになりたいはずです。なのに、いつも「不幸」を感じている人は、感情のコントロールが苦手なのかもしれません。「Elite Daily」では、...
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
スティーブ・ジョブズ、ダライ・ラマ、ウサイン・ボルト。異なる分野の第一線で活躍する彼らに共通して言えることは「日々努力を重ねてきた」ということ。あの大きな...
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...