「捨てる」ではなく、「減らす」ことでしあわせを見つける方法

日本でも「断捨離」や「ミニマリスト」など、物を「捨てる」ことで本来の豊かさを求める人が増えています。しかし、生活を劇的に変化させてしまうと、それ自体がストレスになってしまうことも…。そこで行動を「減らす」というソフトな方法はどうでしょうか。

起業家のマーク・アンジェロ・コッポラさんがまとめた「Collective-Evolution」の記事によれば、消費主義の影響によって、私たちは新しいガジェットを買ったり、クローゼットを衣服で埋めることで満足感を得ようとしがちです。しかし、物を「増やす」ことで豊かになるのではなく、自分の価値観や生活に必要なことを知り、不必要な行動を「減らす」選択をしましょう。

そうすればきっと、人生の選択肢はもっと豊かなものになるはずです。

01.
無意識にやっている
「小さな習慣」を見直す

毎日、無意識にやってしまっている行動は意外と多いものです。

たとえば、何気なくチェックするSNS。習慣にしているつもりはなくても、心当たりはありませんか?友だちの投稿やニュースをチェックするには便利だし、つい見てしまいます。でもあえて立ち止まって、この行動にどれほどのコストをかけているのか、考えてみてください。これが最初のステップです。

貴重な時間を費やしてまで、本当にやりたいことなのか?問いかけてみてください。

02.
違うアクションに
置き換えてみる

SNSのチェック時間を、意識的に新しい行動に置き換えてみましょう。たとえば、友だちへ電話してみる、本を1章分だけ読む時間にあてる、20分間ウォーキングしてみる、など。

実際にやってみれば分かると思いますが、これらに置き換えたところで、あなたの生活は何ひとつ犠牲になることはないでしょう。むしろ、より「実感」のあるライフスタイルを味わえるはず。

03.
「口にするもの」を
見直してみる

食べることは、本能のひとつです。口にするものを変えることで、人生は変化していきます。

たとえば、いつも食べている物がどこから来ているのか、と考えたことはありますか?加工食品や有名チェーン、色々な選択肢がありますが、これからは地元の食品や個人レストランを選んでみてはいかがでしょうか。

もちろん、すでに健康に気をつかい、色々なところから食品を取り寄せているのかもしれません。でも、地産地消の価値について、もう一度考えてみてください。

たとえば、地元のビジネスオーナーと知り合いになって、新しいコミュニティをつくることができるかもしれません。社会的、環境的、健康的にも意味があるのではないでしょうか。

04.
モノもスペースも
無駄をなくす

クローゼットのなかには、どれくらいの服が入っていますか?

まったく着ない服があるのなら、それは不必要かもしれません。慈善団体などに寄付するという選択肢もあります。そして服を減らした分、クローゼットのスペースは空きます。

一見、無意味な行動のように思えるかもしれませんが、実際にやってみると「持ち物」が少ないほど自由が利く、ということが分かるでしょう。

05.
オフラインになる時間を
大切に

ここまで来たらスマホやノートPCの使用をやめてしまいましょう。…というのは冗談ですが、キッパリと絶つのではなく、自分がどれほどの時間をそれに費やしているのか、きちんと把握しましょう。そして、使用時間の制限を検討してみてください。週に1〜2時間からでもいいかもしれません。

こう考えてみましょう。オンラインで楽しめるものは、どれだけ離れても逃げたりしません。つねにそこにあって、いつでも楽しめるものなのです。

重要なのは、オフラインの間も自分は自分である、ということ。自分自身を見直すことで、他にやりたいことが見つかるかもしれません。

毎日、ディスプレイの前に座って過ごす1時間を、いったい何に使いましょう?1年もあれば、1冊の本が書けるかもしれないし、新しい言語を学ぶことだってできるかもしれません。その可能性は、無限大なのです。

Licensed material used with permission by Collective-Evolution
旅には、人生が凝縮されています。
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
物を減らしてゆとりを持つことを数年間実践しているライターが書いた記事。ミニマリズムを実践することで、実際どのような効果があるか、本人の経験から具体的に掘り...
もう何度も耳にしているかもしれないが、人生はそう長くない。真面目な人であればあるほど責任を感じることが多かったり、義務的に行動することがあるかもしれない。...
誰もが適切な量ではなく、「自分の価値を損なう」までにモノを増やしてしまっている。そんなモノとは1度距離を取ってみたほうがいい。モノを持たなくて済む、社会の...
「しあわせ」が、どこか遠くにあるものだと思っていませんか?大切なのは、まず考え方を変えることです。「Elite Daily」の人気ライターPaul Hud...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
スティーブ・ジョブズ、ダライ・ラマ、ウサイン・ボルト。異なる分野の第一線で活躍する彼らに共通して言えることは「日々努力を重ねてきた」ということ。あの大きな...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
誰だって、しあわせになりたいはずです。なのに、いつも「不幸」を感じている人は、感情のコントロールが苦手なのかもしれません。「Elite Daily」では、...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
この世界は、毎日さまざな場所でデータが取られています。そして、調査によると私たちは毎日何千件もの広告を目にしているそうです。それらの広告の内容はあなたの意...
私たち人間は、必要以上に物事を難しく考えてしまう生き物のようです。生活、人間関係、目標に、TODOリストと、とにかく複雑にしがちです。もっとシンプルに生き...
生きていれば人との付き合い方や、そもそもの生き方など、考えさせられることは多いはず。人生に迷ったとき、私たちは何を信じて生きていけばいいのでしょうか?ここ...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
生きていればいろいろなことが起こります。辛いことも、悲しいこともありますが、ちょっと視点を変えれば、その出来事は人生の大切な教訓になるかもしれません。「T...
ミッションと野望は違う。ミッションとは、世のためになる事。そして、誰にでも見つけることができるもの。「The School of Life」は、あなただけ...