国際社会の「闇」を文字におこしたA to Z

A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファベットを一読するだけで、国際社会が直面しているさまざまな問題を意識せざるを得なくなる。

C20783f6b60067267668b1a5df029282477d3a7a

自分の生活がどれだけ恵まれているのか、それと同時にこれら諸問題に対して、どんなアクションができるのかを考えるきっかけになれば、とアルファベットとともに製作者からのメッセージが添えられていた。

Cc7e7a9fcd2da7c0f08e4a1b823c22410d9251af

A:AIDS/HIV(エイズ/HIV)
B:BIODIVERSITY(生物多様性)
C:CHILD LABOUR(児童労働)
D:DRUG ABUSE(薬物乱用)
E:ETHNIC & RACIAL EQUALITY(人種的民族的平等)
F:FOOD SECURITY(食料安全保障)
G:GLOBAL WARMING(地球温暖化)
H:HUMAN RIGHTS VIOLATION(人権侵害)
I:ILLITERACY(無教養)
J:JUVENILE CRIME(少年犯罪)
K:“HAPPY & PEACEFUL”
L:LGBT RIGHTS(LGBTの権利)
M:MARINE POLLUTION(海洋汚染)
N:NUCLEAR WEAPONS(核兵器)
O:OVERPOPULATION(人口過多)
P:POVERTY(貧困)
Q:“HAPPY & PEACEFUL”
R:REFUGEE CRISIS(難民危機)
S:SLUMS(スラム街)
T:TERRORISM(テロリズム)
U:UNEMPLOYMENT(失業)
V:VIOLENCE AGAINST WOMEN(女性に対する暴力)
W:WAR CRIMES(戦争犯罪)
X:XXX/ CHILD PORNOGRAPHY(児童ポルノ)
Y:YOUTH SUICIDE(若者の自殺)
Z:“HAPPY & PEACEFUL”

これらの文字が
すべてなくなるその日まで

1faed4278ea7285022618fae38a99a82c7d34996

WE CAN PUT AN END TO THIS together.
私たちみんなで、世界からこれらをなくすことができる。

自らをtypomaniac(タイポマニアック)と称するほど、タイポグラフィと向き合う日々を送っているというNiteesh Yadavは、ニューデリーを拠点に活動を続ける若手グラフィックデザイナー。

これらのアルファベットロゴは、次世代のクリエイティブを発掘することを目的とした「Adobeプロジェクト1324」の一環として、Niteeshが制作したもの。彼は、上記のメッセージとともに、国際社会が抱える問題を共通認識としてもらうため、文字の無料ダウンロードを提供している。

Licensed material used with permission by Niteesh Yadav
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
ゆで卵ではなく「煮卵」でつくるタマゴサンド。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
Rand Jarallahさんは自分の顔をキャンバスとして利用し、SNSを中心に様々な社会問題を訴えている。そんな彼女にアーティビズムとは何か?アーティビ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
パレスチナの紛争を撮影するために、フォトジャーナリストのMonique Jaquesがガザ地区を訪れたのは2012年のこと。当初、激しい争いによる傷跡を捉...
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
Be inspired!東京・NY・ストックホルムを拠点に2015年1月に創設。「社会問題を解決する“遊び心のあるアイデア”」を提供しています。また、世界...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
「メイク」を使って、社会に潜むさまざまな「闇」を表現。アートの新しい可能性に挑戦するアーティビストがいます。
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。