アメリカのムスリムたちは、こんなにも多様性にあふれていた。

1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」という言葉があります。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。今、アメリカで生きていくうえで、きちんと理解していなければいけない言葉だそうです。

この偏見を人々の心のなかから消し去るため、ムスリムの写真を撮り続けるフォトグラファーがいます。Carlos Khalil Guzman、彼の写真に登場する人々は、僕たちの知るムスリムとは少し違う姿に写っていました。

共通点は
外見ではなく信仰心

ムスリムと聞いてどんなイメージをするでしょうか?ヒジャブを深く被り、目元だけしか見えない女性。または、白いガラベイヤと呼ばれる服装を着ている男性。迷彩服を着ていなくても、自動小銃を手にしてなくても、ムスリムと聞いただけで安易に「テロリスト」と結びつけて考える人も現にいる。この意識こそがイスラモフォビアだとCarlos。

潜在意識にべっとり付着したこの“恐怖”を、同じくイスラム教徒として生きる彼は、どのように自身のプロジェクトで払拭しようというのか。僕は尋ねてみたくなりました。

移民大国アメリカは、
ムスリムによっても成り立っている

ーーイスラム教は世界中に広がっています。それでも、なぜアメリカのムスリムに焦点を当てたのでしょうか?

Carlos 現在イスラモフォビアは、アメリカをはじめ様々な国に蔓延しています。最近も(ヴァージニア州での)ヘイトクライムで、Nabra Hassanen(17)が「ムスリムであること」を理由に殺されました。こういった事件を耳目にするたび、クリエイティブの力でできることがあるはず、と立ち上がったのです。人々の中にある偏見を変えたいし、メディアのスタンスも変えたいと考えています。

ーーアメリカというと、あまりイスラム教の国というイメージはないのですが。

Carlos イスラム教に改宗したアフリカ系奴隷が、最初に降り立った時から、ムスリムはアメリカに生活の根を下ろしました。隣人や友だちであり、同僚でもある、それほど近い存在なんです。移民大国アメリカは、間違いなくムスリムによっても成り立っているということ。つまり、珍しい存在ではなく、同じ価値観を共有している仲間なのです。

ーーそれにも関わらず、「イスラモフォビア」という偏見が出てきてしまう…。

Carlos 公民権法は1964年に制定されましたが、残念ながら人種差別はなくなっていません。例えば、女性やLGBTQの人たちだって未だに軽視されることも。トランプ政権が行っていることは、たくさんのレイシスト(差別主義者)の考えを反映したものと言えるでしょう。それは彼だけの問題ではないのです。マイノリティーに対する差別は確実に存在しますが、多くのメディアはそれを伝えきれていません。

ーー誤解を恐れずに言えば、そもそものムスリムのイメージが、僕たち日本人のなかにあまりないかもしれません。

Carlos このプロジェクトは、たくさんの人にムスリムを理解してもらうことが目的。ここにある写真を見て、少しでも僕らのことを知ってもらう、それだけでも意味がありますよ。


プロジェクト「Muslims of America」では、撮影に協力したムスリムたちの想いにも触れることができます。

Licensed material used with permission by Carlos Khalil Guzman
イスラモフォビアに対して、多くの人がアクションを起こしていますが、その中でも際立っているのがHumza Arshadさん。彼がとった行動は、「たくさんの人...
「#BeingBlackandMuslim」。このハッシュタグにインスパイアされたフォトグラファーのBobby Rogersさんは、9人の男女のポートレー...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
Stephanieさんはシドニーで生まれた、現在16歳の女性。ヒジャブを被ったバレリーナとして知られている。
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
人種差別は未だ失くならない。むしろ、昔と比べてより複雑化している。「StyleLikeU」が制作した動画では、自らの経験を語りつつ服を脱いでいく出演者たち...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
スマートフォンに関して、悩ましい問題のひとつに“ケーブルちぎれ問題”がある。毎日、充電するから負担がかかるのは当然だけど、繰り返し買い直す人も多いのが事実...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
飛躍的に増えた外国人観光客は、2020年開催の東京オリンピックでひとつのピークを迎えると言われている。国際社会における「ホントのおもてなしとは何か?」とい...