今月、あのスキットルが真っ白に化粧した意味

LGBTQプライド月間(Pride Month)に合わせて、これまでNikeやAdidasがレインボーカラーのスニーカーを発表するなど、アパレルブランドをはじめ多くの企業が、象徴となるレインボーを製品に取り込むことで、サポートを表明してきました。

そういった意味でカラフルなSkittkesは、この時期のセールスに格好の大義名分があるはず。ところが、彼らの行動はというと…。

色を失ったSkittlesで、
LGBTQをサポート

7b8727678884585c17bc1350d4062d6752d739b3

パッケージも中身も、漂白したみたいに真っ白。でもこれ、味はもちろんそのまま。見分けこそつきませんが、レモン、ライム、オレンジ、グレープ…と、おなじみのフレーバーを楽しめるそう。

パッケージの裏、陳列用のポップにはこんな文言が。

「プライド月間では多くの人がレインボーに囚われ過ぎているんじゃないでしょうか。私たちは虹色を消し去ることでLGBTQの方々をサポートします」

重要なのはその中身
内面は人それぞれ

外見で判断するのではなく中身こそが重要。同じような見た目をしていても、内面は人それぞれ。トレードマークの虹色をあえて消し去ることで、企業としてのスタンスを明確に伝えているのではないでしょうか。

この企業戦略に、LGBTQの人たちや、活動を支援する多くの人たちを中心に、大きな反響を呼んでいるようですよ。

LGBTQプライド月間とは…

歴史は意外に深く1969年まで遡ります。同性間の性交渉を禁じる法律(ソドミー法)に違反していると、警察がゲイバー「ストーンウォール・イン」に踏み込み、そこにいた客たちが抵抗した事件が6月28日に起こったのが由来。2016年にオバマ元大統領が、「6月はLGBTQプライド月間」だと宣言しました。

Reference:sianyjenks
Licensed material used with permission by Nici Matthies
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
先日、歌手サム・スミス(Sam Smith)は、自分のジェンダーを「男でもあり、女でもある」と表現しました。しかし、周りと異なるがゆえに、彼は多くイジメを...
「コルテッツ」というスニーカーを知っているだろうか?1972年にNIKEブランド初のスニーカーとして誕生。現在でも生産されている同社を代表する1足だ。個人...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
1980年代後半のアメリカで生まれた「イスラモフォビア」。日本語に訳せばイスラム恐怖症。宗教自体に、それを信仰する人々に対して嫌悪感を示す偏見のこと。この...
7月26日、ドナルド・トランプ大統領が「トランスジェンダーを、軍で受け入れないことに決めた」とのツイートに対して、カナダ軍が「あらゆるジェンダーアイデンテ...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
性の多様性を象徴するレインボーフラッグを持って行進する人たちの姿は、度々メディアに取り上げられます。が、実際に自分が参加するとなると、少しハードルが高い気...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
先日、アメリカで、レズビアンカップルの2人が同時期に出産をしました。今の時代ではありそうなことだけど、多くのメディアに報道されるのは、ゲイカップルの父親同...
「トランスジェンダー」も、十人十色。「ただ世間では、しばしば『トランスジェンダー』というひと括りで語られてしまうのです」と訴えるのは、ライターのBasil...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
嗜好の違いなんて結局のところ人それぞれ、べつに大した問題じゃあない。ところが、それが当たり前だと感じられるかどうかは、どうやらその「好み」によるというのが...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...