【一触即発】ロシアで男性同士が手を繋いで歩くと・・・人々の反応に衝撃を受ける

2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜のうちにニュースで流れ世界がレインボーカラーに染まったのは記憶に新しいところ。
しかし、アメリカの決断に賛同している人ばかりではありません。たとえば、ここで紹介する動画が撮影されたロシアはどうでしょう?

スクリーンショット 2015-07-18 13.34.29

スクリーンショット 2015-07-18 13.59.27

この動画は、メディアチャンネル「Chebu Russia TV」がモスクワで行った実験動画の様子を映したもの。若い男性2人がカップルに扮して手を握り合って市内を歩きます。はたして、モスクワの人々はどんな反応を示すでしょうか?

スクリーンショット 2015-07-18 13.19.37

「おい見ろ、ゲイがいるぞ!」「手なんか繋ぎやがって」

スクリーンショット 2015-07-18 13.21.53

振り返って確認し直す人。さらには、「おいゲイ、最近はお前らみたいなのが増えて…どうしようもねえな」「ここはロシアだぞ、分かってんのか!」

スクリーンショット 2015-07-18 13.25.17

スクリーンショット 2015-07-18 13.24.45

観光客にはカメラを向けられる始末。子どもまで、無遠慮な視線を投げかけます。

スクリーンショット 2015-07-18 13.20.53

スクリーンショット 2015-07-18 13.21.16

2人の間に割って入り、自分からわざと肩でぶつかりにきて、「なんか文句あんのか?」と、因縁を付けてくる男性まで…。とにかく、心ない罵声が2人に浴びせられ、身の危険を感じるような一幕も。
それでも、この結果はある程度予想ができたものだと、実験を企画した「Chebu Russia TV」のプロデューサーNikita Rozhdestv氏は説明します。

じつは、ロシアでは、同性愛者であることを公の場で明かすことを禁じる「同性愛宣言禁止法」があるのです。LGBTのパレードやメディアでの広報活動なども固く禁じられるほど、偏見が根強い土地柄なのです。

「彼ら2人の前で隠し撮りして歩きながら、行き交う人々の嫌悪の表情に恐怖を感じました。世界にとっての常識が、ロシアでは非常識なんです。ゲイであることをロシアでは公言できません。こういう状況がいまも続いていることを知ってもらいたかったんです」

Rozhdestv氏の言葉には、今回の実験が決して“冗談半分”ではなく、世界の多くの人々にLGBTのロシアでの立場を知って欲しいという真意が込められていました。動画公開からわずか1週間、すでに80万近い再生回数からも、その感心の高さが伺えます。

Licensed material used with permission by ChebuRussiaTV

関連する記事

北アイルランド議会は今月13日より「同性婚」を認める法律を施行した。初めて認められる見込みの同性婚カップルは、バレンタインデーあたりで結婚式を挙げる予定だ...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
今から20年前の2001年4月1日、オランダは世界で初めて同性婚を認める法律を可決した。世界で初めて正式に結婚した同性婚カップルのヘルト・カステーゲルさん...
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
ロシアの配車サービス「Yandex.Taxi」が導入しているテクノロジーの紹介。
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
5年で10店舗にまでチェーンを増やすことに成功した、ロシアのネイルサロン『Nail Sunny』。急成長の背景には、Instagramに投稿しているユニー...
オーストリアで「Siri」と「Alexa」の結婚式が挙げられました。多くの人に見守られながら、誓いの言葉を述べ、2人は“婦婦”と認められることに。AI同士...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
地球を周回する軌道上の人工物が、これまで考えられていた以上に夜空を明るくしていることが判明。
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
東京都が推進するプラスチック削減の取り組みに株式会社三越伊勢丹(以下、三越伊勢丹)が小売業としてリユース容器のトライアルをスタート。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。