【一触即発】ロシアで男性同士が手を繋いで歩くと・・・人々の反応に衝撃を受ける

2015年6月26日、アメリカが同姓婚を合憲とする判断をした瞬間、世界各地ので多くの人々が、歓喜に湧き、抱き合い、こぶしを突き上げました。その様子は、一夜のうちにニュースで流れ世界がレインボーカラーに染まったのは記憶に新しいところ。
しかし、アメリカの決断に賛同している人ばかりではありません。たとえば、ここで紹介する動画が撮影されたロシアはどうでしょう?

スクリーンショット 2015-07-18 13.34.29

スクリーンショット 2015-07-18 13.59.27

この動画は、メディアチャンネル「Chebu Russia TV」がモスクワで行った実験動画の様子を映したもの。若い男性2人がカップルに扮して手を握り合って市内を歩きます。はたして、モスクワの人々はどんな反応を示すでしょうか?

スクリーンショット 2015-07-18 13.19.37

「おい見ろ、ゲイがいるぞ!」「手なんか繋ぎやがって」

スクリーンショット 2015-07-18 13.21.53

振り返って確認し直す人。さらには、「おいゲイ、最近はお前らみたいなのが増えて…どうしようもねえな」「ここはロシアだぞ、分かってんのか!」

スクリーンショット 2015-07-18 13.25.17

スクリーンショット 2015-07-18 13.24.45

観光客にはカメラを向けられる始末。子どもまで、無遠慮な視線を投げかけます。

スクリーンショット 2015-07-18 13.20.53

スクリーンショット 2015-07-18 13.21.16

2人の間に割って入り、自分からわざと肩でぶつかりにきて、「なんか文句あんのか?」と、因縁を付けてくる男性まで…。とにかく、心ない罵声が2人に浴びせられ、身の危険を感じるような一幕も。
それでも、この結果はある程度予想ができたものだと、実験を企画した「Chebu Russia TV」のプロデューサーNikita Rozhdestv氏は説明します。

じつは、ロシアでは、同性愛者であることを公の場で明かすことを禁じる「同性愛宣言禁止法」があるのです。LGBTのパレードやメディアでの広報活動なども固く禁じられるほど、偏見が根強い土地柄なのです。

「彼ら2人の前で隠し撮りして歩きながら、行き交う人々の嫌悪の表情に恐怖を感じました。世界にとっての常識が、ロシアでは非常識なんです。ゲイであることをロシアでは公言できません。こういう状況がいまも続いていることを知ってもらいたかったんです」

Rozhdestv氏の言葉には、今回の実験が決して“冗談半分”ではなく、世界の多くの人々にLGBTのロシアでの立場を知って欲しいという真意が込められていました。動画公開からわずか1週間、すでに80万近い再生回数からも、その感心の高さが伺えます。

Licensed material used with permission by ChebuRussiaTV

先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
TABI LABOがプロデュースするTV番組「TAKI BITO」第5回 TOKYO MX1 20:00-20:30 2017年3月28日 放送 出演者:...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
18世紀に貴族の間で広まった田舎のセカンドハウスは、ロシアの建築と文化において特徴的な存在であり、今もその人気は衰えていない。ロシアのセカンドハウス事情は...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
8月31日、ロシアのドミノピザが「私たちのロゴのタトゥーを入れてくれたら、100年の間“年100枚”のピザをプレゼントします」と発表しました。
アイルランドで同性婚の権利が正式に認められた。5月22日に同国で行われた国民投票は、同性婚を認めるための憲法改正について、その是非を問うものだった。現地メ...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
毎年、米国の首都ワシントンD.C.で行われるLGBTの祭典「キャピタル・プライド・パレード」。今年は、トランプ政権の保守的な反LGBT政策に抗議する形で、...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...
田園地帯の小さな別荘で、家族や友人とともに週末を過ごす。ロシア人にとって「ダーチャ」は都会を離れて過ごすセカンドハウス。ゆえに、自分たちのライフスタイルに...
ロシアのとあるファッションブロガーが、高齢者限定のモデル事務所を設立し、世界中から注目を集めています。驚きなのは、全員が経験のない素人だという点。しかも、...