仲間のピンチに「つい、オトコに戻っちゃった」3人娘に賞賛の嵐

もしも、道端で数人が暴行している現場に遭遇したとします。いったい、どれだけの人がためらうことなく仲裁に入ることができるでしょう。

ある日、ゲイを公言するIvan Flinnさんが友人と歩いていたところ、通りすがりのグループがゲイの人々を侮辱する言葉を彼に浴びせてきたそうです。耐えきれなかった彼は、心ない発言を撤回するよう求めました。

これに対し逆ギレしたグループの一員、Ivanさんの胸ぐらを掴むなり殴りかかってきたそうです。多勢に無勢の大ピンチ……そこに登場したのが、3人のドラァグクイーンたちでした。

仲裁に入った
3人の“堕天使”たち

殴られアゴが外れるという大ケガを負ったIvanさんですが、その時の心境を「The Daily Dot」にこう語りました。

「本当にその時は死ぬんじゃないかって怖かったの。アタシは少し宗教的なところがあるんで、ヒーローが助けてくれるようにとお祈りをしました。そこに現れたのがアノ”3人の天使”だったの」

警察が駆けつけるまで殴り合いのケンカは続き、その結果、Ivanさんが“天使”と表現する、ドラァッグクイーンたち自慢のウィッグも、手入れの行き届いた爪もボロボロになってしまったんだそう。

リスクを顧みない行動に
たくさんの人から賞賛の声

さて、ピンチに駆けつけてくれた彼らに恩返しをするべく、Ivanさんは感謝のコメントと共に「GoFundMe」で、こんなクラウドファンディングを始めました。

「彼女たちのウィッグを交換してあげたいの。親切さゆえに使えなくなってしまった爪も直してあげたい。なぜなら、彼らの勇敢さがウィッグをぐしゃぐしゃにし、キレイな爪を台無しにしてしまったんだし。ヒールも同じ。正義のために立ち上がったことを理由に履けなくなってしまったものに」

彼女たちの勇気あるアクションは様々なメディアにも取り上げられ、多くの人が賞賛しています。クラウドファンディングでは、期限までの有余を残しながらも、目標の約10倍の金額を集めています。そしてIvanさん。

「ありがとう。この経験からたくさんの感謝の気持ちが生まれました」

Reference:The Daily Dot
Licensed material used with permission by GoFundMe

関連する記事

7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
3Bとは、彼氏にすると女性が幸せになれないよ、という職業のこと。実際にこの3Bの男性と付き合った人は、ことごとく幸せになっていません。でもどこか憎めない、...
アメリカからはじまり、世界各地で流行の兆しがあるHard Seltzer(ハードセルツァー)。今回はハードセルツァーとは何か、日本上陸しているハードセルツ...
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
Lopazさんが社会の病気とも言える問題に対抗する手段として選んだのは、アートでした。Tシャツに自身が体験した差別表現をプリントするプロジェクトを始めたのです。
2021年に活動休止を控えた「嵐」のドキュメンタリー番組が「Netflix」で独占配信される。活動休止を控えた嵐の向かう先、そして彼らの思いとは......。
ロシア在住の写真家Anna Brilliantovaは、LGBTの人々に対しての厳しすぎる法律に疑問を抱いている。2013年に制定された同性愛宣伝禁止法は...
ブルックリン・ネッツでプレーするジェレミー・リン選手は、元NBAオールスター選手であるケニオン・マーティンから人種差別発言を受けました。でも、彼の機転の効...
ドクターブロナー(DR.BRONNER)の定番商品「マジックソープ」。そのラベルに込められた「想い」とは?
愛しあう人とキスをすることが、許されない人たちがいます。そんな彼らがあえて、”禁じられたキス”で必死に訴えようとしたこと…それは、同性愛者をはじめとする、...
12月10日、アメリカのアイスクリームブランド「ベン&ジェリーズ」が、人種差別撲滅運動を牽引する人物のひとり、コリン・キャパニックとのコラボレーションを発...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
アメリカで起きている論争は、人種差別が問題になっていて、日本でも起こりうることかもしれません。きっかけである全米ライフル協会のビデオにアクティビストFun...
思い出してさめざめと泣くわけじゃない。こんなオトコに二度と引っかからないよう、私の、そして誰かの教訓にするために。本当にあった、私の人生、最悪なセリフ。
米国時間8日、「IBM」のCEOであるArvind Krishna氏が「人種平等改革に関する連邦議会への書簡」を発表。そのなかには「顔認証テクノロジー市場...
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
5人の女性が登場し、見知らぬ誰かがうけた性暴力の体験談を語る動画。目的は、誰かの辛い過去について触れるだけではなく、被害者は男性の場合もあり、身近に存在す...
アメリカでは、2004年から2015年に同性婚を合法化した32州のデータを分析したところ、性的少数者の自殺率が14%減少していることがわかりました。同性愛...
今週3日(水)、三重県はLGBT(性的少数者)への差別を禁止する条例を制定し、そのなかに“アウティング”の禁止条項を盛り込む方針であると表明した。
10月8日、アメリカ発の世界最大の口コミサービスと呼ばれる「Yelp」が、ユーザーに向けて人種差別を警告する機能の実装を発表した。
全米でカリスマ的人気のドラァグクイーンらがプレゼンターを務める「WE'RE HERE 〜クイーンが街にやって来る!〜」が日本上陸。
性の多様性を象徴するレインボーフラッグを持って行進する人たちの姿は、度々メディアに取り上げられます。が、実際に自分が参加するとなると、少しハードルが高い気...
世界的な調査会社「ギャラップ」がおこなった、性的指向に関する2020年の最新調査によると、アメリカの成人の5.6%が、LGBTを自認。「自分がLGBTであ...
思い出してさめざめと泣くわけじゃない。こんなオトコに二度と引っかからないよう、私の、そして誰かの教訓にするために。本当にあった、私の人生、最悪なセリフ。
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
娘が壁に描いちゃったラクガキ。それを叱るんじゃなく、お母さんはこんなアイデアでみんなをほっこりさせてくれました。
目の見えない人に「あなたはレイシストですか?」と聞く「Cut」の動画。視覚障害者は肌の色が見えないので差別はないのかと思いきや、訛りや話し方で予想するとい...
監督を務めたのは、黒人女性監督のディー・リース。人種差別や偏見を真正面から描いた本作品は、2017年のサンダンス映画祭でプレミア上映された際に絶賛の嵐だっ...