ドラァグクイーンの舞台裏に密着。魅惑の世界へようこそ。

「ドラァグクイーン(Drag Queen)」という存在は、日本でも徐々に浸透しつつあるかもしれない。もともとは、ゲイやバイセクシャルのカルチャーとして生まれたもので、派手な女装をしたパフォーマーを指す言葉。とはいえ、今では異性愛者や女性の場合もあるなど、その形は多様化しているらしいのだが。

ちなみに、「ドラッグクイーン」というワードが使われることもあるが、麻薬(Drug)と混同される恐れがあるため、区別して「ドラァグ」と表されているとのこと。

さて、前置きが済んだところで、話をロンドンのとあるバー「The Glory」へと移そう。ここでは定期的に街一番のドラァグクイーンを決める大会が開催されている。以下は、その舞台裏をインタビューしながら撮影したもの。

15分にもおよぶ映像は、こんなセリフから始まる。

「みなさん、お元気?Gloryへようこそ。

あなたは男?女?どっちも?それとも、どれにも当てはまらない?

まあ、いいわ。ここでは、そんなこと誰も気にしないんだから」

ここでは、その中から3人の「クイーン」を紹介。

01.
どんな“文化”にも対応する
CAMILLE LEON

首のタトゥーが印象的な彼女はCAMILLE LEON。名前はカメレオンからインスパイアされたものらしい。

「どんな文化にもカモフラージュしてみたかったし、私の人生に輝きを与えたかったの。そんな時に、あるドラァグクイーンに出会って、2週間彼女を眺め続けたわ。いま思えば、それが私の人生を変えるキッカケになったわね。

私は『決められたもの』から解放されたいの。男や女、トランスジェンダーとか関係ない。目標は、自分のショーで『全ての性別の特徴』を出すこと

02.
常に高みを目指す
RUBY PORCELAIN

「化粧をしてショーに出るようになってから数年経つかな。最初に大会に出たときは成績がスゴく良かった。そこで、少しの間ドラァグからは離れたんだ。ブランクを埋めるのは大変だけど、常に上を目指しているよ

ステージの上では、自分のいろんな表情や感情が出せるといいな」

03.
北ウェールズ出身の新人
Lori

「ここで働き始めて約1ヶ月。演技をするために、北ウェールズからロンドンに移住してきたんだ。

18歳の時にできた彼氏に出会うまでは、ゲイを知らなかった。小さい村の出身だから気づくのが難しかったのかもしれない。もしここで生まれていたら、もう少し早く楽になれたと思う。この考えが普通で受け入れられるべきことなんだ、と知れただろうしね。

2年しかロンドンには住んでいないけど、もっと長く暮らしているような気がするよ。ありのままの自分でいられるからね

自身のありのままの欲求を本気でかなえようとする姿には、無条件に惹きつけられる。15分の映像はやや長めではあるが、しがらみから解き放たれた“女王たち”のエネルギーを、ぜひ体感してほしい。

Licensed material used with permission by Huck
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
ロンドンの人気レストラン「Bourne& Hollingsworth Garden Room」に、今年3月新しくバーがオープン。店内に所狭しと置かれている...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ある男性を守るために「差別」と戦った3人のドラァグクイーンたち。彼女たちに守ってもらった男性は、勇気ある行動を紹介しました。結果、そのストーリーは多くの人...
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
今年、新たにLGBTの人たちにとって歴史的な一日となった日がある。毎年、世界各地で盛大に開催される性的マイノリティの権利と文化を讃える「プライド・パレード...
新しい価値観や制度が生まれるのはいつも都会だから、田舎で暮らしたくても、LGBTの仲間を求めると上京するしかない」そう考え、あまり好きでなくとも都会へと住...
アメリカの歌手リアーナが自身の展開するコスメブランドでのモデル起用について、「トランスジェンダーの人をトランスジェンダーだからという理由で採用することはな...
ロンドンのショーディッチにあるバー「Ballie Ballerson」。ここのフロアはどこもかしこもボールだらけ。DJが流す音楽はそっちのけでボールと戯れ...
このマップは、ロンドン各地にゆかりのあるバンドの名前や曲名、歌詞で表現。ミュージシャンの生まれた場所や暮らしていた場所を知れるだけでなく、レコーディングス...
ロンドンの建築デザイン事務所が、超高層ビル「The Tulip(チューリップ)」のプロジェクトを発表。通称「ガーキン」の隣に建設され、新たな観光名所になる...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」にある、子宮みたいなカタチをしたベッドルームです。
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドンのとあるバーに貼られていたという、一枚の紙。そこに書かれていたのはとてもネガティブな「文章」でした。pic.twitter.com/q3BReod...