ロンドンの街角でみんなをハッピーにする実験「8時12分」にこだわる理由とは?

イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男性がこんなチャレンジに挑みました。ロンドナーたちの1日にどれだけ貢献できたのでしょう。

ロンドンの朝、
みんなに幸せをとどけたい

通勤通学で賑わうロンドンの朝、小雨。足早にそれぞれの1日が始まった8時11分、チャレンジがスタートしました。

ミッションはいたって単純。街の人々の朝の気分をより良くする、これだけ。そこで、彼はタクシーを呼び止めた女性の代わってドアを開けたり、自分の傘をゆずってあげるなどの小さな親切を繰り返していきました。

けれど、ただでさえ忙しい時間帯。誰もがみんな立ち止まって彼の話を聞いてくれる訳もありません。ハイタッチさえ拒む人だって。

「なかなか難しいよね。話しかけてもみんなクラゲみたいに、ふわふわっと横を過ぎていくんだ」。

そこで、方針転換した彼はサインボードを使って人々にメッセージを発信することに作戦を変更。これがドンピシャ、功を奏しました。

「FREE HUGS♡(フリーハグ)」、「HONK!IF YOU'RE HAPPY(ホーンを鳴らしてハッピーになろう!)」。掲げたサインボードを目にした人々が、ひとりまたひとりハグをし高らかにクラクションを鳴らします。

親切の“押し売り”で人々に喜んでもらうことより、もっと手軽に参加しやすくて、一緒にハッピーになれるアクションへ。また、早くもタフな1日が始まっている人たちには、応援メッセージが書かれた手紙を渡したり。

いい朝がステキな1日をつくる

さて、この日合計322人と接触した男性の正体は、イギリスの飲料会社「The Berry Company」のCMO(マーケティング責任者)。新商品のコンセプトである、「いい朝がステキな1日をつくる」を身をもって体感してもらうための、PR活動というわけ。

商品企画に際して同社が実施した調査によれば、回答したおよそ3人にひとりが朝から憂うつな気分になる原因をパートナーとのコミュニケーションだと答えたそうです。気分解消の方法は人ぞれぞれ、音楽でテンションをあげる人、新鮮なフルーツで心をリフレッシュする人も。

1日ずっといい気持ちでいるための「朝8時12分」の過ごし方。明日から意識してみてはいかがでしょう。そうそう彼と出会った約61%の人が、その日1日を満足に過ごせたと回答したそうですよ。

Licensed material used with permission by The Berry Company
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
囚人たちに対して行われていた危険な実験を紹介する「The Infographics Show」の動画に衝撃を受けました。動画の最後に、「囚人に対して実験し...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
バッグの中が美術館になったり、瓶のフタがプールになったり。ロンドンのアーティスト・Slinkachuさんは「もしも小さな人がこの世界に存在したら」を想像し...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...