警察官も感動!ロンドンで突然、洋服を脱いだ女性の「勇気」とは?

undressedgirl15082002スクリーンショット 2015-08-25 19.51.29 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」

1枚のサインボードに書かれたメッセージ。これは、ある奇跡の瞬間を映した社会実験動画です。ロンドンの繁華街で、多くの人々が行き交うなか、街角に立つ一人の女性。意を決したように、彼女は洋服を脱ぎはじめました。

スクリーンショット 2015-08-25 20.02.18

脱いだ服が地面に落ちた。目隠しをつけると、一瞬、大気をかき混ぜたような混乱を感じた私。最悪のシナリオが頭の中をよぎる。このチャレンジが失敗に終わり、ただ嘲笑にさらされる下着姿の私。

スクリーンショット 2015-08-25 19.51.23

日曜日のランチタイム、ピカデリーサーカス。無数の人々のおしゃべりが聞こえてくる。それがすべて自分に向いているような、恐怖感が襲ってくる。下着姿になった私は、どうしようもない脆さから、自分自身を救い出す術がなかった。自由への船出のためとは言え、まったく個人的な理由から、観光客や休日を楽しむ家族に、私の下着姿が不快に思われないか…そればかりを心配していたのかもしれない。

スクリーンショット 2015-08-25 19.48.23

まるで数分が永遠のように感じた。普通、こういった社会実験の場合、数人がさくらとなって、見物人の中に紛れ込むもの。でも、それはテレビの中だけの世界だということを私は知っている。「与えられた身体に感謝し、自分自身を愛し好きになること」それがどんなに大切なことなのかを、小さい頃、父からよく言い聞かされていた。もし、私の身体がハートで満たされたなら、そのとき、きっとこの世界で多くの人が抱えている同じ悩みをもっと深く理解できるはず。私たちは子供の頃からみんな、とっても個性的でキレイだってことを。そしたら、もっと世界は違って見えるはずだ。

スクリーンショット 2015-08-25 19.52.01

スクリーンショット 2015-08-25 20.17.24

スクリーンショット 2015-08-25 19.48.34

突然、左手のペンが私の指先からすっと抜けていくのを感じた。肌をなぞるフェルトペンの感触を、一生忘れることはないだろう。これまでに感じたこともないような、深い愛情が全身に満ちていくのを感じた。ただ、涙が止めどなく溢れて。

スクリーンショット 2015-08-25 19.48.52

スクリーンショット 2015-08-25 19.48.42

誰が最初に描いてくれたのか知る由もない。だけど、本当に感謝してもしきれない気持ち。だって、その人の行動がまるで人々を解き放ったみたいに、次から次に両手のペンが離れては戻り、私の全身は愛で包み込まれていったのだから。

スクリーンショット 2015-08-25 19.55.37

スクリーンショット 2015-08-25 19.55.57

この実験の主人公、彼女の名前はJae Westさん。彼女はこの経験を通して、真に心の闇を抱えている人々の気持ちを、少しでも共有することができたと、自身の体験を記事にしました。
ここにご紹介した内容は、彼女が実際に下着姿で公衆の場に立ち、感じた不安、恐怖、感動、そして喜びを文面から抽出したものです。

肌の色、顔、考え方、宗教、あらゆる違いを超えて、愛と人間性でつながり合う世の中、それが真の解放と唱えるソーシャルコミュニティ「The Liberators」によって制作されたこの動画。公開からわずか10日ほどで、すでに300万回再生を記録しています。

スクリーンショット 2015-08-25 19.46.21

ところで、この実験が終わるまでロンドンの警察官は、ただ黙って、ずっと一部始終を側で見守っていました。そして、彼女が洋服を着たあとで、そっとハグを交わし、Westさんの勇気ある行動を讃えたそうです。

Licensed material used with permission by The Liberators

ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
書籍『現役官僚の滞英日記』(PLANETS)の著者である現役官僚の橘宏樹氏が、自身が名門大学で過ごした2年間の滞英経験をもとに、英国社会の"性格"に迫りま...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...