イギリスの動物保護団体が「ネコのための不動産会社」をオープン

ネズミのための遊園地ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネコのための不動産会社」が、実際にロンドンにオープンしたのだ。

猫だって、住む場所は
自分で選びたいんです。

位置するのは、IT企業が集結し始めている「Tech City」。野良猫が1番居なそうな土地柄ということは、割とリッチな人たちを対象にしているのだろう。中にいるスタッフも、キリッと爽やかに決めている。

「ようこそ、Estate Agent For Catsへ!」

開店と同時に入って来てくれた、最初のお客様はなんとラグドール。ふわふわの長い毛と青い目が特徴的で、高級感があふれている。

「なかなかイイわね、このお家」
「ありがとうございます!こちらの物件はサイズ感もぴったりですし、何より大きめの窓が開放感を出してくれているので〜……」

「僕の城見つけた!」

「ここじゃちょっと狭いわね……」

「ママ、お家決まった〜!?」

「そうねぇ、この家に決めようかしら」

「タージマハルも良かったけど、もう少し庶民的なのはないの?」

「あっ、お客様!爪とぎはおやめください…!」

予想以上に続々と来るお客さんに、ひとりでバタバタと忙しそう。出品している家も、デザイナー、ジャーナリスト、学生など、建築家がそれぞれ違うためバラエティに富んでいて、迷ってしまうのも仕方がないだろう。

気に入った?
買取はオークション方式で

「お客様、聞いてらっしゃいますか?必ずこの期間までに、飼い主様との交渉をお願いしますね?」

せっかく来店してもらったけれど、残念ながらすぐに購入して持ち帰ることはできない。まずはそのお気に入り具合を存分にアピールして、決められた期間のうちに、飼い主に入札を頼むという仕組みだ。

「猫の居場所」に、
もっと目を向けて欲しい

この前代未聞の企画を実行したのは、イギリスの動物保護団体Blue Cross。彼らは毎年、数千匹もの猫を保護していると言う。プロモーションの動画や写真に使われているのも、実際に彼らが保護している猫たち。

彼らの人生や住むところに、もっと目を向けて欲しいという想いから「不動産」を選んだのだ。

Licensed material used with permission by Blue Cross
7月6日に、イギリスの電力会社Ecotricityの供給する電気がヴィーガン製品として認定されました。
思わずクスリと笑ってしまう一瞬を捉えた、動物たちのおもしろ写真コンテストの2017年のトップが選出されました。中には「これ、本当に合成ナシ?」と疑ってしま...
「Hemsley Conservation Centre」というイギリスの動物園が手がけた、「1.5ポンド(約200円)を払えばゴキブリに名前をつけられる...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
ナイトサファリやシンガポール動物園を運営するWildlife Reserves Singapore(WRS)が、「動物園で象に演技させるのはやめる」と発表...
まるで人間のように豊かな表情をする野生動物が見れると、毎年注目が集まる「Comedy Wildlife Photography Awards」。2019年...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
あらゆるランキングに何かとランクインしている群馬県の草津温泉を楽しんでいるのは、私たち人間だけではありませんでした。たとえば、カピバラ、猿、ワニなどの動物...
音楽配信サービス「Spotify」において2017年から2020年までに「もっともストリーミングされたアーティストTop10」がYouTubeで公開された。
9月11日、アメリカ最大の州であるカリフォルニアで「サーカスでの野生動物の使用を禁止する法案」が可決され話題となっている。サーカスでの動物使用禁止の流れは...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...
北海道・遠軽の「ハナノ工場」は日本初の動物寄木細工専門店。寄木細工というと、少しお堅い伝統工芸品をイメージしてしまいますが、同工場の作品はペンギンやクマな...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
アニマルライツ運動団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」は、猫や犬は私たちと「同等」であるため「ペット」という用語を禁止すべきと主張し、「コンパニオン(...
デンマークの建築事務所「Henning Larsen」は、“建物すべてが木造で建てられた街”を構想中だ。
3月27日~3月15日まで、岡山デニムの廃材を再利用するサステイナブルプロジェクト「Sustainable Project Laforet×Okayama...
Twitterで話題の「ねこ浴場」は、日光浴、森林浴と同じように、猫を浴びて健康になる、そんなコンセプトの保護猫カフェ。そのねこ浴場内に、今度は猫に眺めら...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
動物愛護や環境保護を考えるのは大切だし、みんなが真剣にそれを考える世の中になればステキ。それは間違いないことなんだけど、人間からすると助けているつもりでも...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
ジャカルタ在住のアーティストAditya Aryantoによるこれらの作品。画像加工ソフトを使って、あろうことか動物たちをまん丸の球体に。なんでも、「どう...