ロンドンっ子が夢中になっている「わたあめソフトクリーム」

デザートカフェ「MILK TRAIN」で昨年から販売されているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連想させるような幸せを感じるビジュアルが話題になっているのだ。

食べる前に楽しめるラブリーな見た目に心が満たされる。

幸せを運ぶ、ふわふわの雲

雲にも蒸気機関車の煙にも見える綿あめで作った「The Choo-Choo Cloud Cone」と、ソフトクリームを組み合わせたスイーツ。毎日食べても飽きない味とビジュアルで、人々に幸せを届けたい。

これが、MILK TRAINがスイーツにかける情熱。2016年夏にオープンしてから人気が絶えることなく、ロンドンで定番のスイーツになりつつあるという。

それだけ、幸福を感じた人が多いってことかも。

程よい苦味を楽しめるアジアのお茶にインスパイアされたことがキッカケで、抹茶とほうじ茶テイストのソフトクリームも。

最も人気があるポップコーンとキャラメルサンデーの組み合わせ。

インスタにアップしたくなるビジュアルはもちろん、どんなテイストかも気になるところ。縁日で食べる綿あめはとっても甘いけれど、もしかしたらさっぱりした味なのか。それとも、激甘スイーツとして楽しむものなのか。

なんて、思いをはせるとますます食べたくなる。日本に上陸してほしいと願う人も多いのでは?

Licensed material used with permission by MILK TRAIN
ウイスキーやブランデー、テキーラ、日本酒などの100種類を超えるお酒の中から、好きな味を3つ選んで、ソフトクリームにかける。甘口・辛口それぞれ人気トップ1...
埼玉にある「ときがわ」という場所は聞いたことあっても、実際どこにあるのかは埼玉県民でも知らない人が多いそうです。でも、古民家での田舎暮らし希望者となると話...
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
国が違えば宗教も違う、そうなると食べるものだって当然違いが出るものです。では、ロンドンに暮らす人たちの食事情はどんなもの?
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
メルボルンにオープンしたアイス屋さんが、Instagramで話題!そのビジュアルがたまらないのです。これは見逃せない〜♪わたあめ食べるのに大忙しでソフトが...
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。