コーンを捨て、お酒を相棒にした「ソフトクリーム」

金曜日の夜、1週間の疲れをお酒と笑顔に変えたあと、隠れ家のようなお店で「大人のソフトクリーム」なんていかがでしょう?

3月に恵比寿にオープンした「MiLKs」は、〆のスイーツ店をコンセプトとしています。1次会と終電の間に、ちょっとデザートを食べながらの軽い女子会にオススメ。

見ての通り、バーのように落ち着いた雰囲気で、カウンター席は優雅なハンギングチェア。ビルの5階というロケーションも「隠れ家感」を一層引き立たせます。

「白の幸福」に
リキュールで色付けを

ソフトクリームには、厳選した十勝産の牛乳を使用。スプーンですくった時の、モッタリとした重みですでに濃厚さを感じるけれど、ひとくち食べてみると、牧場のアイスのようなコクが広がって頬が緩んでしまいます。

そのまま味わった後は、ウイスキーやブランデー、テキーラ、日本酒などの100種類を超えるお酒の中から、好きな味を3つ選んでかけるのがMiLKs流。種類が多すぎて悩んでしまう人のために、甘口・辛口それぞれ人気トップ10だけのメニューも用意されています。

1番人気は「ルジェ クレームド ストロベリー」。これはもう、相性が悪いわけがない。鼻から抜けるいちごの香りと、後味さっぱりとしたミルクが合わさって……家に帰るのが億劫になるくらい、体に染み渡っていきます。

おつまみ?いいえ、
「プティフール」です。

MiLKs Garden / 1,960円(税抜)

ソフトクリームだけでなく、一口サイズの洋菓子プティフール付きのセットも。個人的なおすすめは、右から2番目のいちごのクッキー。上に紅芋パウダーがかかっていて、優しい甘さ。ほろほろっと口の中で崩れていって、ミルクに包み込まれます。

居酒屋でワイワイ飲むのも楽しいけれど、最後にはリッチな気分で金曜日を締めくくるのもイイですよね。ちなみに、昼は昼でまったく違う雰囲気になりますよ。

【店舗概要】
MiLKs
・住所:東京都渋谷区恵比寿西1-9-7 グランベル恵比寿西ビル 5階
・電話番号:03-6277-5894
・営業時間:13:00 - 23:30(L.O. 23:00)
      日曜のみ 13:00 - 23:00(L.O. 22:30)
・定休日:月曜

Licensed material used with permission by MiLKs
他の記事を見る
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
11月末に代々木公園で開催される「大江戸和宴 〜そばと日本酒の博覧会〜」。2年目となる今年も、昨年に続いて全国のそば処、酒処から選りすぐりの逸品が集合する...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
国産じゃがいもの約30%が生産されているカナダのプリンスエドワード島。ここのフライドポテトをはじめ、料理はどれも絶品です。故にお酒がすすむんですよね。とい...
日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
お酒だけで済めばいいんだけど、どうしても手が伸びてしまうのがそう、おつまみ。だって、これなしでってワケにもいきませんからね。おいしく、楽しく飲むためにも、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!