【わわcafE】外国人住宅カフェの優しいオーナー夫妻と、ときどきネコ

カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。

外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも癒されるお店です。ステキな笑顔で迎えてくれたのは、micciさんとsakuraさん(と看板猫の、とら)。

7年前に東京から移住してきたそうです。

念願の外国人住宅で。

27f109d2260fe85bc7d9c46386bbe6cf88807c08
左:とらを抱く店主のsakuraさん 右:代表のmicciさん

そう聞いて思ったのは、「きっと東京にいる頃から何度も沖縄に通っていたんだろうな」ということ。でも返ってきたのは意外な答え。

「じつは1回なんです。そのときの体験があまりに強烈で、本気でここに住みたいと思いました」

むしろ大変だったのは、物件探し。外国人住宅は人気もあり、基本的には順番待ち。奇跡的に空きが出て、この北谷の町に決まったそうです。

「那覇からも近いですし、西海岸エリアもすぐ。すごくラッキーでした」

Da96140078a478955715b4e90c1bb895c7ae7797

「わわcafE」の特徴をシンプルに説明すると、カフェ×雑貨×スタジオである、ということなんですが、僕が感じた3つの魅力ポイントも加えさせてください。

わわライス
とら
アンティーク

92075a2a558ddb023bbe5bde1354fa7035ed8229

その1。

特製の醤油ダレをかけていただく「わわライス」は、辛いのが苦手な女性にも人気な、和風のタコライス。

ちなみに、コーヒーカップは好みに合わせて自分で選べるので、撮影しておきたいところ。

4265e7c188e2b4d276ea71d91224fcfcfc965d78

その2。

「せんむ」という大切な役割もこなす猫「とら」。今では雑誌の表紙を飾ったり、関連グッズが完売したり、とら目当てのお客さんがいたりと大人気ですが、じつはこのお店ができたばかりの頃、まさに捨てられていく瞬間を見かけてしまったのが出逢いのきっかけだったそう。

2f5b7888c9a279c17968e244245f80bab3cc9504407053567a77a4338a4c73f2ffada747f2795d59

その3。

1950〜70年代の空気感を活かした撮影スタジオとして貸し出しているだけあって「英国製アンティーク家具」「インテリア小物」が目を引く店内。一見インテリアに見えるものも、すべて買えるとか。

BARカウンターもオーナーたちのDIYでカスタマイズされていて、とても雰囲気があるんです。

D772c788140144e11d3962a3c6efbb11c8ec7d37Fe973368909fbefb4046f7620d867240627d6c54

ピアスやネックレス、海外のヴィンテージ食器など、豊富な雑貨も魅力。「わわcafE」でしか買えないアクセサリーもあり、雑貨だけを見にくるお客さんも多いそうです。

「わわcafE」は
まだ進化の途中

7bd5623438a9cef9af5237a4eb6c4f4bdf2c0f23E1ab14dfc9b6386830d9149d9808131280f978e899f1a6c7b7ffe1555d22e4444bbb36400683ce4aD0045358f4983abe3e66c53698f746ac112cf219

2018年1月には、2棟目の撮影スタジオがとなりに完成するとのこと。間をガーデンスペースにして、現在のヴィンテージとはちがうトーンのもうひとつのハウススタジオをデザイン中。そうなると、さらに撮影スタジオとしての幅も広がるんでしょうね。

 

—— 輪、和、話、ワッ。いろんな「わ」が詰まった、最高のカフェでした。

わわcafE

沖縄県中頭郡北谷町浜川227 外人住宅 S-60
TEL098-923-2410

・カフェ&雑貨
営業時間:11:30〜17:00(※季節により変動あり)
定休日:水曜日、木曜日

・撮影スタジオ
年中無休

・Instagram
わわcafE」「わわcafEスタジオ」「看板猫とら

Photo by JAPAN LOCAL
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった場所があります。北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たどり着いたのは...
2017年9月にオープンした「AIEN Coffee and Hostel」は、沖縄初のカフェ&ホステルという形態です。お店の名前は、フシギなめぐり合わせ...
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
カフェで美味しいごはんを食べてリラックスした後に、本格的なお風呂でさらに心地よくなれる。しかも、気分によってはそのまま宿泊だってOK。そんな贅沢な体験がで...
400年の伝統を誇る「波佐見焼」を、現代のコンセプトで革新するテーブルウェアとして誕生した「HASAMI PORCELAIN」を紹介する。日本の伝統漆器「...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
『ピーナッツ』といえば、スヌーピーやチャーリー・ブラウンなどのキャラクターでお馴染みの一大ヒット漫画。1950年にアメリカの新聞7紙で連載が始まってから、...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
10年前の2006年、アメリカのデンバーに誕生した「SAME cafe」。当時、市としては初のNPO(非営利)レストランでした。そんな、募金やボランティア...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
ベルギー西部、フランスにほど近い人口4万人ほどの小さな町イーペル。この土地が、3年に1度、5月の第2日曜日に大きな賑わいを見せます。世界中から集まってくる...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
東京・代官山の路地裏にある、コールドプレスジュース専門のカフェ「CLEANSING CAFE」。彼らが新たにプロデュースした、身体をキレイにクレンズ(洗浄...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
肥土山(ひとやま)という里山。そこの小さな集落で暮らしている三村さんは、住んでいる家の一部を金曜日と土曜日は解放して、カフェを営業している。『HOME M...
イギリスに住む人々の悩みのひとつが、高騰する家賃。顕著なのがロンドン中心部で、1ベッドルームで1,000ポンド(約14.5万円)が平均的な相場のようだ。そ...