日本人には意外すぎる「外国人が選ぶ観光スポット2017」

世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。

普通なら、10位あたりから徐々にランキングを紹介していき、「さて第1位は!?」がお決まりの流れ。でもここでは、そんなことはしない。ズバリ1位は、4年連続で「伏見稲荷大社」(京都府京都市)だ。そして、3位「広島平和記念資料館」(広島県広島市)、4位「厳島神社」(広島県廿日市市)、5位「東大寺」(奈良県奈良市)と、トップ30には妥当な名前が挙がっている。

しかし、だ。中には、ごくわずかだがニッチなスポットが紛れ込んいる。その知名度は、日本人の感覚からすると、かなり意外。近年、徐々に知名度を高めているものもあるが、まさかこれほどまでに外国人に支持されているとは…。

27位
なばなの里
(三重県桑名市)

三重県にある日本最大級の花のテーマパーク。四季折々の美しい花々が咲き誇る。特筆は何度でも訪れたくなるような冬の野外イルミネーション。実際に多くのリピーターを生んでいる。

23位
ROR コメディー
(大阪府大阪市)

「笑いの聖地」大阪にて、英語のコメディーショーで盛り上がる話題のクラブ。出演者は、大阪在住のお笑い芸人をはじめ、最近では海外で人気のコメディアンをゲストで呼ぶことも。

   22位 
マジックバー フレンチドロップ
(大阪府大阪市)

大阪でマジックショーが堪能できる老舗のバー。ビールやカクテル、ソフトドリンクを飲みながら、世界でも最高の腕を持つマジシャンたちによるパフォーマンスを目の前で楽しむことができる。

15位 
サムライ剣舞シアター
(京都府京都市)

京都でサムライ体験ができるスポット。長年の稽古経験と指導実績を持つインストラクターから本格的なレッスンを受けられると評判。上衣と袴に着替えて、刀を持てばタイムスリップした気分に。

  2位 
アキバフクロウ
(東京都千代田区)

秋葉原にあるフクロウカフェ。本物のフクロウと触れ合える。愛らしい姿は、沢山の人々を虜にしている。落ち込んでいる時や心が疲れてしまった時には、セラピー効果もあるのだとか。

この中で、今年ランキングに初登場したのは3ヶ所。22位の「マジックバー フレンチドロップ」、23位「ROR コメディー」、27位「なばなの里」だ。今後、日本人にはあまり馴染みのないようなスポットでも、外国人観光客からの人気で火がつき、日本人へと広がっていく、なんて流れもあるかもしれない。

2020年東京オリンピックに向けて、ますます外国人観光客が増えていくだろう。となると、「日本観光スポットランキング」も大混戦を強いられるに違いない。今後、どのような予想外のスポットがランクインするのか心待ちにしたい。

Licensed material used with permission byトリップアドバイザー

関連する記事

「トリップアドバイザー」が、先月25日に「2020トラベラーズチョイスアワード」を発表。今年からは“注目の観光地”と“今後注目の観光地”の2つのカテゴリー...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
旅行市場に大きな影響力を持つとされる米国の老舗旅行雑誌『トラベル・アンド・レジャー』が恒例の読者ランキング2020年版の結果を発表。1位に選ばれたのは、映...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
福岡県宗像市は、神様や伝説とゆかりがあるまち。ゆえに、俗に言う“パワースポット”のような場所がいっぱいあるんです。2017年7月に『「神宿る島」宗像・沖ノ...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
「若者の街」から「大人の街」へと変貌を遂げつつある渋谷。今回はそんな世界から熱視線を浴びる渋谷の定番観光スポットから、知る人ぞ知るディープな穴場まで、20...
僕が以前から気になっているのは「外専」という言葉です。知ってますか?これは「外国人専門」の略語です。はっきり言って、この言葉は嫌いです。
フリートラベラー、中村洋太のコラム。英語が苦手でも、身近に外国人がいたら、なるべく話しかけるようにしてきた。そしてそのことが、ぼくの人生を豊かにしてくれた...
2020年に開業した国内おすすめスポットをまとめて紹介。ヒルトン初の沖縄ビーチリゾートや、世界最大のアスレチックなど、家族で訪れたい最新スポット厳選5つ。
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
「ニュージーランド政府観光局」がキャンペーン動画を通して「インスタ映えの旅はもう止めよう」とメッセージを発信中。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。