「海苔を消化できる」のは、日本人だけ!では、外国人は…?

「海苔は消化に悪い」。こう藪から棒に言われても、にわかに信用なんてできない。しかし、これは多くの外国人にとっては定説らしい。

それを裏付けるように、海苔を消化できるのは「世界広しといえど日本人だけ」という、 お驚きの事実が米国立バイオテクノロジー研究センター(NCBI)が発表した調査結果に記されている。

日本人の腸内にしか存在しない、バクテリアがその理由だというんだけど…。

Rice balls

仏パリのピエール・エ・マリー・キュリー大学の微生物学研究チームが、2010年に「Nature」誌に発表した論文によると、 ゾベリア・ガラクタニボランという海洋性バクテリアは、海藻に含まれる糖分を分解する力を持っているそうだ。

しかも、この舌を噛みそうな名前のバクテリアは、日本人の腸内からのみ検出されることが分かった。

Los Angels Times」の記事の中で、ロスコフ大学生物学研究所のMirjam Czjzek氏が、この謎への答えを示している。
曰く、「腸内細菌が遺伝子レベルで酵素をつくりだすよう指示を出し、働きかけているから」 と。

実際、日本では海苔やワカメなどの海藻類が食卓にのぼる機会が多い。『大宝律令』によれば、朝廷への献上品として海藻が登場するほど歴史も古く、日本人は8世紀頃より海苔を食してきたと考えられている。

その結果、元来消化できないはずの海藻を日本人だけが消化できるようになったというわけだ。「消化酵素を生み出す腸内細菌を、自然に体内に取り込むこととなったのではないか」。これが Czjzek氏ら研究者たちの見解だ。

sushi set

さて、日本人以外も当然海苔を食べる機会はある。あくまできちんと消化ができないというだけの話であることは、付け加えておく必要がある。

日常生活レベルでの差異はなにもないらしいが、翌日の彼らのトイレは、もしかしたら真っ黒になっている可能性は否定できない。

Reference:National Center for Biotechnology Information , Nature Publishing Group Los Angels Times

 

日本を代表する料理「寿司」にも欠かせない存在、海苔。佐賀県は日本一の海苔の産地であり、栄養に満ちた有明海で太陽の光をたっぷり浴びて育ったものは、贈答用とし...
ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもま...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
家庭でもアウトドアシーンでも、手間も時間もかけずにサッとつくれておいしい海苔の活用法をご紹介。
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
YouTubeやSpotifyのURLを入力すれば、AIが2つの楽曲を自動でくっつけてくれる『Rave DJ』というサイトを発見。
海苔、わかめ、ひじきなどの海藻類を当たり前に食べる私たちですが、これって世界的にみても珍しい食文化だって知ってますか?そもそもヨーロッパや中東の人たちは、...
海苔はあまり長く保存しておくと、湿気ってしまいます。そこで、このアイデア。
私たちが気をつかってしたことも、逆に失礼にあたるかも…!?
すり鉢でおろしたり、短冊に切ったりした長芋ならば、なんとなく食感の想像がつくはず。料理家・平山由香さんのオススメはひと味違いました。日々のお味噌汁に、冬の...
かさばるし重くて持ち運びに不便、そして氷の準備。この面倒をすべてを省いてくれるクーラーボックス!
世の人が下ネタを好むのは万国共通です。性の話というのは、噂がもつ覗き見趣味的ないやらしい性格と相性が合うのでしょう。ここで紹介するのは、外国の人々が日本人...
外国人から見ると、日本の文化や習慣はとてもユニークに映るようです。それは、今に始まったことではありません。「なに?その都市伝説」と思わず突っ込みたくなるよ...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
ロンドンで20年間もフィッシュ&チップスを提供してきたレストラン「Sutton and Sons」は、ヴィーガンフードの需要が増えてきたことをいち早く察知...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、し...
ニュージーランド出身のデイモン・ベイさん。教師で写真家、芸術家でもある彼は「日本には身近すぎて気づけない美しさがある」と、写真を通してその魅力を伝えていま...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
01出る杭が打たれるのは、日本だけ!世界では通用しない日本人の常識。それを語る際、まずこれは言っておきたい。よく「諸外国に比べて、日本は出る杭は打たれる風...