日本人も欲しくなる「外国人が心から喜ぶお土産」②

外国の知人や友人へのお土産を「なんとなく、日本っぽいかも」なんて基準で選んではいませんか? 心から友情や愛情の深さを伝えたいなら、まずはあなた自身が「欲しい」と思うものを──。

全国のモノづくりの産地を巡り、日本ならでのセンスとクオリティと“想い”に溢れたオリジナルアイテムを生み出すギフトショップ「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐裕太さんに「外国の方に必ず喜んでもらえて、さらに自分でも欲しくなる日本のお土産」をリコメンドしてもらいます。

200年にわたって愛される
日本古来のインテリア

200年ほどまえの江戸時代のころに誕生し、日本では長きにわたって願掛けの置き物として親しまれてきた“だるま”が、近年、海外の方へのお土産物として再注目されています。

「その愛くるしいシルエットから手に取る外国人のお客様は多いですね。そこで“だるま”の歴史や意味、“目入れ”などの説明をすると、ご自身はもちろんご家族やご友人へのお土産として購入されていきます」

© 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE

「“だるま”は生産される地域によって特徴が様々。今回ご紹介する”高崎だるま”は、年間約90万個を出荷し、全国に流通する“だるま”の約8割を生産する、日本最大級の“だるま”の産地である群馬県高崎市の豊岡地域などで作られたものです。江戸時代後期に農家の方が副業として作りはじめたという歴史をもち、眉毛は鶴、髭(ひげ)は亀を表しています。“鶴は千年 亀は万年”といわれるように、鶴と亀はともに長寿の例えとして挙げられる動物であり、それが転じて吉祥を呼ぶ縁起のいいデザインとなっています」

© 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE

写真のいっぷう変わった“だるま”は、多くの文化人やクリエイターなどから高い評価を受けている『吉田だるま』の別注品。

「ほとんどの“だるま”は多色で着色されるのですが、この別注品は二色に抑え、伝統的な手描きの線が強調されるシンプルな顔に仕上げていただきました。ダイナミックでありながら繊細さも感じさせる線で描かれた表情は、キャラクターや個性がひとつひとつ異なるので、感性にピタっとくる一体を探す楽しみも味わえます」

© 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE

“だるま”本来のキュートでありながら存在感たっぷりのフォルムはそのままに、現代的なカラーリングとアレンジが施された『吉田だるま』は、和風の部屋にはもちろん、洋室のインテリアとしてもマッチすること間違いありません。

片桐裕太/「KIRI JAPAN DESIGN STORE」ディレクター

1983年、北海道生まれ。大学卒業後に上京し、セレクトショップ「TOMORROWLAND(トゥモローランド)」に勤務。2010年、羽田空港の国際線の運航開始と同時に『Design Japan Culture』をオープンさせ、2016年、『KIRI JAPAN DESIGN STORE』としてリニューアル後はディレクターとして企画とバイイングを担当。1カ月の半分は日本全国の職人のもとを訪れて買い付けをおこない、店頭では職人から直接聞いた製品への想いやこだわりをお客様に伝えている。
https://kiri-japan.com/

Top image: © 2019 KIRI JAPAN DESIGN STORE
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
外国人に喜ばれ、贈るアナタも欲しくなる「日本のお土産」を羽田空港に店舗を構える「KIRI JAPAN DESIGN STORE」のディレクター・片桐氏が厳...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「富士山」と「お茶」をガッチャンコして『FUJICHAN』。このネーミングに、思わず頬がゆるんでしまいました。一方、デザインはといえば、よくある冠雪を表現...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Hannah Diamondの『Hi』です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
私たちが気をつかってしたことも、逆に失礼にあたるかも…!?
ヘルシンキで「日本でも流行るリコリス」を見つけました。
アメリカで住みたい街No.1に選ばれて以来、多くの人を魅了してきたポートランド。DIYにスローライフなど彼ら独自のライフスタイルの中から生まれた文化は数多...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
年末年始の賑やかな場にお似合いなビールが先週12月2日から発売されている。クラフトビールメーカーサンクトガーレンの「水引飾り付き お正月限定 一升瓶ビール」だ。
各劇場スタッフがオススメする飲食店や書店、フワラーショップなど映画鑑賞前後の立ち寄りスポットが記されている。Bunkamuraル・シネマ、アップリンク渋谷...
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...
日本には、多くの外国人が観光や仕事で訪れています。2020年には東京オリンピックも開催されるので、さらにその数は増えていくことでしょう。そして彼らはきっと...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
日本古来の風習やしきたりなど、自国のことなのに、意外と知らないことのほうがたくさんある、なんてことも。外国人に「あれはどういう意味?」と尋ねられたとき、し...