「人気ランキング」に飽きた人のための東京土産

旅先から買って帰るお土産にさほど困ることはないのに、どういうわけか東京の味を持って出ようとする時のほうが迷ってしまいます。目移りするほどのバラエティも、どこか決め手に欠ける。そもそも「東京」にしてNYやパリの味わい、というのもしっくりこない。

ちょっと洒落が利いていたり、誰かと被らない“変化球”をお望みならば、この茹でたまごはいかがでしょう?もらった相手のリアクションも上々ですよ。

©2018 TABI LABO

もちろん、ただの茹でたまごじゃお土産にはなりませんが、これは麦味噌と米麹に2種類の醤油を合わせた特製の漬け床で10日間漬け込んだもの。茹でたまごのお漬物、と言えばイメージしやすいか。
銀座若菜といえば、言わずと知れた漬物の老舗ですが、旬野菜の漬物ではなく、お土産にしたいのはこの「江戸たまご」です。

白身すら黄身に思える深い味わいは、濃厚チーズに勝るとも劣らぬもの。これをつまみにぐいっとやるのがいいんですよね。

©2018 TABI LABO

3つ入って594円(税込)という価格も文句なし。1つずつパウチされているから単体でも渡しやすい。おまけに竹製の目ざるをパッケージに用いているのも気が利いていて好き。

目ざるのまま茹でたまごを配って歩く姿からは、「東京」を連想することはまず無理でしょう。そういうギャップも含めて、洒落を利かせたお土産にいかがでしょう。

新幹線の発着駅に隣接するデパ地下や駅ナカの販売店でも買えるうえ、羽田空港なら、第1・第2どちらの旅客ターミナルでも「東京食賓館」にて購入可能です。

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
「懐かし〜」より「斬新!」な、カクテルベースになるたまご酒。
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
20種類以上の煎茶を飲み比べできる銀座から日本文化を発信する煎茶専門店煎茶堂東京〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目10-10https://www...
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
「品川区」から始まった東京の天然温泉特集、第5弾は「世田谷区」です。今回は、「月見湯温泉」「そしがや温泉21」「THE SPA 成城」を紹介します。いずれ...
看板メニューは元・寿司職人が作る「たまごサンド」 奥渋谷で人気のサンドイッチとコーヒーのお店CAMELBACK sandwich&espresso〒150...
誰でも手軽に「漬物作り」を楽しめるようにーー。そんな思いが込められた、現代のライフスタイルに溶け込む新しい漬物瓶「Picklestone」が話題になってい...
新潟県の西蒲区周辺に伝わる漬物料理が、この「きりあえ」です。細かく切った大根の味噌漬けに柚子の皮やすり胡麻、砂糖などを和えた郷土料理で、ふりかけのようにし...
隠れ和菓子ファンのぼくにとって、2月になるとソワソワしてくるのは、桜餅の季節が始まるからです。今回は、日本人なら知っておくべき桜餅の歴史と、東京都内でおす...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...