空港では手に入らない台湾土産「トンボ玉のアクセサリー」

台湾旅行から戻った人に訪れた先を聞くと、だいたいは台北市内、九份、ちょっと足を伸ばした人でも烏来。ほどんどが台北を中心とした、北部で台湾を済ませてしまっている印象。

当然、アクセスや時間の都合もあるでしょうが、断言してもいい。台湾の魅力は南へと下るほど増していく。とくにお土産に着目すれば、それはことさら顕著です!

©2018 TABI LABO

もしも、最南端の屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキでも、台湾産烏龍茶でも、からすみでもありません。わざわざ南に下ってそれでは芸がない。どれも最後に空港でゲットすればいい話。

本当に見つけるべきは、コレです。

先住民(パイワン族)の伝統民芸品

もともと台湾は多民族国家。現在でも人口の2%にあたる16種族が、北から南まで、主に山岳地帯で生活をしています。なかには街へと降りてきて、こうした民族雑貨や伝統的な文様をモチーフにしたアクセサリーを製造販売する人も少なくありません。

ところで、このトンボ玉。この地に暮らす先住民のパイワン族にとって“三種の神器”のひとつで、とくにネックレスは結婚の際の結納品として、昔から贈られてきたものだそう。

ひとつひとつに名前と意味が込められているので、デザインだけでなく、選ぶときにもそこも意識してみるといいかも。ちなみに写真のものは、「太陽の涙」を表したもので、意味するところは「永遠の想い」。こういうのも土産話のひとつになったりします。

そりゃ、台北でも民芸品店を訪れれば、こういったトンボ玉も容易に手に入るかもしれない。でも、東京で京都の八ッ橋を買ったって情緒なんてないわけですから。

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
台湾での買い物や街歩きって楽しいけれど、ガイドブックでよく見る観光地にはもう飽きたな。お土産も似通うし。そんな人に行ってみてほしい、台中の「綠光計畫」。
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。