【自然のアート】氷点下15℃で「シャボン玉」を膨らませたらこうなる

マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!最後は、正真正銘スノードームのできあがり。


凍ったシャボン玉は
スノードームのように美しい

娘:パパ、コート着てお外出るの、あたしイヤなの。
父:パパたってそうさ。でもね、外はすっごく寒いんだ。
娘:じゃあ、どのくらい寒い?説明して。
父:ほら、見てごらん。シャボン玉だって凍っちゃうくらいさ。

ポーランド・ワルシャワに拠点をおく写真家Pawel Zaluskaさんが、シャボン玉が凍っていく瞬間を作品にする、キッカケとなったエピソードです。3歳の愛娘の好奇心を満たす、最良のアイデアだったZaluskaさん。

つくり方はこんな感じ。まずは氷の土台の上で、ゆっくりシャボン玉を膨らませていきます。ぽよんっ。土台にシャボン玉が落ちるや、小さな星形の結晶が表面を走っていくのが見えるはず。

撮影はマイナス15度の外気温の中、シャボン玉が割れずに結晶化できたのは、全体のわずかに5〜10%ほど。「Mother Nature Network」が、愛娘を喜ばすためのパパの奮闘ぶりを伝えています。

凍るシャボン玉
結晶成形の瞬間

まるでカットグラスの文様のように、シャボン玉の表面に複雑な結晶が走って行く様子が分かります。結晶に覆われたシャボン玉は、おおよそ30秒くらい形を留めていた、とZaluskaさん。透明の球体の表面に、じわじわと氷の模様が浮かび上がる動画は最後に。

それぞれ微妙に結晶の文様が異なります。同じ結晶が2度できるとはありません。

最後は、プッシュ〜ッ
やっぱり、儚い。

Licensed material used with permission by Pawel Zaluska, (Facebook)
andmore
他の記事を見る
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader & Fri...
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
ちょっとしたお散歩も、いつもとひと味違う風景に感じられるはず。
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
お気に入りの風景を水晶玉に閉じ込めた幻想的な写真が、Instagramで次々とアップされています。ハッシュタグ「#水晶玉」。いま、じわじわブームに火が付い...
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
オランダで9月16日まで開催されているアートイベント「Into Nature」。そこには、ただ見るだけではなく泊まって楽しめるインスタレーション「Esca...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
海水温が上昇する夏のこの時期、夜の砂浜を歩いていると青白く光り輝いてみえることがあります。あれは海洋性プランクトンによる発光。その明かりを丸いガラス玉に閉...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...