お疲れ気味な人が見ておくべきなのは、こういう絶景。

毎日、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗って会社に向かい、到着したら一日中PCとにらめっこ。カチコチに凝り固まったカラダは鈍い痛みがあって、目も乾燥しちゃってショボショボする。「あ〜〜今日も疲れた」と、思いながらまた帰宅ラッシュの電車へ。

私のような、お疲れ気味の社会人の癒しになる写真を見つけちゃいました。ただひたすら緑が美しいと思えた景色を、ぼんやりと眺めてみましょう。

F411cf4f786ce63fa083f8609b41e676cd8c1aa69139a88b5a4dafec6fe9552e432a26f2e0b68db8A6c04eba13c165d5bcd92d3bf3892f0e136131adBe92149d10311b2a95293da8783582ac46d932d0A8be677fc9b2a4680966746e0dee0428132a182f01a452e86dbbfb93179f785493bb77a9be1f35eb86f3c613285f6a642c82042b62781cbb71fd30b9A08a03b6999416edb3c8156e013dbca1a0ff69c23c7d0bbe61b7e704c4885e6c5d6af026569f9dd03eb2961a60b977256cb1943bc3f457b04eca77114c06156efe5ba7d5e03f1705d8f37dcd9050d7a5C0277138070c7ad4b3ece4d94d8b7864108d5461
Licensed material used with permission by @kuba.koziol
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
仕事で息抜きしたいとき。近くのスーパーで買って(扱っているコンビニが少ないので)、飲みながらオフィスに戻るのが至福です。
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
Billionaire's Row(億万長者通り)に、2020年完成を見据えて建設中の「Central Park Tower」。10月中旬、不動産開発企業...
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
Instagramでフォロワー数が20万人以上になる18歳の青年の絶景写真。彼が故郷であるスイスの自然の虜になったのは、今から2年半前のこと。まだ遊びたい...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...