お疲れ気味な人が見ておくべきなのは、こういう絶景。

毎日、ぎゅうぎゅう詰めの満員電車に乗って会社に向かい、到着したら一日中PCとにらめっこ。カチコチに凝り固まったカラダは鈍い痛みがあって、目も乾燥しちゃってショボショボする。「あ〜〜今日も疲れた」と、思いながらまた帰宅ラッシュの電車へ。

私のような、お疲れ気味の社会人の癒しになる写真を見つけちゃいました。ただひたすら緑が美しいと思えた景色を、ぼんやりと眺めてみましょう。

Licensed material used with permission by @kuba.koziol
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
「北米でもっとも写真を撮られた風景」として世界中の絶景マニアの心を掴んで離さない場所「マルーンベルズ」。圧倒的な美しさを誇る景色だけでなく、古き良きアメリ...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
10月22日よりAirbnbもGoToトラベルキャンペーンが適用になりました。そこで今回は、Airbnbと協力して、おすすめの宿をピックアップ。泊まりたい...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
国際的な風景写真コンテスト「International Landscape Photographer of the Year」は2019年度の受賞者を発表...
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
「Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送る...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
創業130年を超える老舗が作る利便性バツグンのスマート財布。2方向で素早く開閉できる「時短L字型ジップ」や、開けてすぐに取り出せる小銭入れの位置など、財布...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
アイスランド、アメリカ、ペルーなど、これまで24ヶ国の絶景を撮り続けたTerrenceは、世界を旅するフォトグラファー。どこへ行くにも彼女であるVicto...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
「オーロラを見るたびに、魔法のチカラを感じるんだ」。その美しさに魂を奪われたJuusoHDは、“オーロラの姿”を追い求め多くの幻想的な写真を生み出している...
ロシア、フランス、トルコなど世界の名所をドレスで彩る。モスクワのフォトグラファーKristina Makeevaの写真は、どれも幻想的で魔法にかけられたよ...