この夏は、あの人に「絶景」をおすそわけ。

私は旅に出ると、必ず現地から絵ハガキを出す。おみやげ屋さんで観光名所の絵ハガキを買って、喫茶店で書いて、現地の郵便局から送る。小さい時に近所のお姉さんがフランスから送ってくれた絵ハガキがすごく特別で、ずっと大切にしてたから、たぶん私はこれからも書き続けていくと思う。

その気持ち、ちょっとわかる、という人。この夏の旅行先に悩んでいるなら「絶景をその場で送れるスポット」に行くのはどうだろうか?

特別な「絶景」郵便局

Surprise Trip Letter(サプライズ・トリップ・レター)」は、まるで海外のような写真が撮れるうえに、その場でプリントアウトして手紙を送ることができる、という企画だ。

計3ヶ所の絶景スポットでは、期間中、臨時郵便局がオープンしている。来場者はそこで写真を印刷できて、さらには無料で海外風オリジナルレターセットをもらうことができる。手ぶらOKって本当に嬉しい。

旅先でいざ「手紙を書こう」と思っても、「あれがない、これがない」って撃沈することは結構ある。なのに、写真まで同封できるなんて最高だ。

まずは「湖上の秘境駅」から

第1弾は、秘境駅としても有名な静岡の「奥大井湖上駅」。

雄大な渓谷、エメラルドグリーンの湖、赤い鉄橋。まるでスイスの登山鉄道のような絶景に出会える。臨時郵便局は、7月7日(金)と7月8日(土)~8月6日(日)までの土日、計11日間オープン予定とのこと。

第2弾は
足を運びやすい都内にも

8月には、東京・目黒の「STUDIO EASE」。

普段は雑誌やMVの撮影に使われていて、ほぼ一般開放されていないスペシャルスポット。まるでヨーロッパの路地裏のような空気感だ。こちらは、8月2日(水)~6日(日)の、計5日間オープン予定。

その次は
日本の地中海?

第3弾は和歌山の「ポルトヨーロッパ」。

フランス・イタリア・スペインの町並みをそっくりそのまま再現したような園内は、まさにフォトジェニック。8月12日(土)・13日(日)・19日(土)・20日(日)の計4日間オープン予定。

特設サイトでは、日本各地の絶景スポットも紹介されているので、旅行の計画を立てる時にも役立ちそう。

絶景を「観る」だけでなく、「送る」という楽しみ方。この夏にトライしてみては?

Licensed material used with permission by Surprise Trip Letter
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
「北米でもっとも写真を撮られた風景」として世界中の絶景マニアの心を掴んで離さない場所「マルーンベルズ」。圧倒的な美しさを誇る景色だけでなく、古き良きアメリ...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
湖北五山(こほくござん)。これは、静岡県浜松市の浜名湖から少し山側に入った「奥浜名湖エリア」にある5つの寺院の総称のことで、それぞれが国指定重要文化財を有...
ボリビア・ウユニ塩湖で、鏡張りの水面に立ちたいーーとはいえ、南米は遠すぎる。そんなあなたに朗報です。なんと都内から1時間で行ける場所に、あの「天空の鏡」が...
今この瞬間、カメラを持っていれば……って思うこと、ありません? この4枚は、そんな風景を撮影した写真が集まるサイト「FIND/47」にアップされたもの。
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
3つの「絶景」スポットが、香川県西部に集まっています。香川には直島や小豆島をはじめとする瀬戸内の島々もあるし、高松、丸亀、琴平なども当然有名です。本当に観...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
ロシアにある「バイカル湖」は、冬になると凍る絶景スポットとしてよく知られています。フォトグラファーのクリスティーナさんは、その上を歩きながらその風景を撮影...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。
一見「デコレーションケーキ」、解凍すると「パスタ」に大変身する商品「Decopa」。監修は、ヒルトンやシェラトンなどで経験を積んだ本格フレンチシェフ・井川...
食事への集中を妨げる主要因となっているスマートフォンを手放し、食事と向き合うことをサポートする「バランス皿」。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
オーストラリア南西部のヒリアー湖は、見ての通り珍しいピンク色をした湖。周囲が砂で縁取られており、さらにその周りは木々が生い茂った森になっています。ここで紹...
「死ぬまでに行きたい絶景」として名をはせている、ボリビアのウユニ塩湖。実際に行くのはなかなかに難易度が高いので、今週末は、日本のウユニ塩湖に行ってみません...
日本でのスペースポート開港を目指す「一般社団法人Space Port Japan」が、今年6月に発表した「スペースポートシティ構想図」にワクワク。
絶景を見るぞ!と思ったら海外に注目しがちだけど、思い立ったら行けるところもあるようです。
ガイドブックをどれだけ読んでも見つけられないのは、有名な観光地などで実際に生活をしている人々。10年間、旅を続けたフォトグラファーが魅せられたのは、ありが...