『婦人画報』7月号の表紙が7種類ある理由

旅行で金沢に出掛けたときに、ふらりと立ち寄った本屋。たまたま手に取った雑誌が金沢の工芸について特集をしていたから購入し、記事を参考にしながら旅行を続けた。

さて、旅行から帰ってすぐ、地元の街の本屋に出掛けたら、このあいだ旅先で見掛けた雑誌が……何故か同じ雑誌なのに表紙も中身も違う。一体なぜ?

実はこれ、女性月刊誌『婦人画報』が7月号で創刊111周年の記念企画として挑戦している、女性誌初の試みだ。

1つの雑誌で通常の東京版に加えて、札幌・金沢・福岡の都市と、北海道/東北、中部/関西、中国/四国/九州/沖縄の地域を表紙にしたエリア限定版が、合計で7つも同時に刊行しているのだ。

雑誌とともに、街を旅する

例えば『婦人画報』7月号の全国版では、東京・下町の職人にフォーカスを当てており、おなじく7月号の北海道/東北版と札幌版では北海道で話題のレストランを取材しているといった具合に、記事の内容も中部/関西版と金沢版、中部/四国/九州/沖縄版と福岡版、それぞれの4つのエリアによって異なる。

ただでさえ時間とコストが掛かる雑誌づくり。それにも関わらず7冊も同時に刊行できるのは、老舗ながら常に新しいことにチャレンジしている雑誌だからこそ為せる技と言えるだろう。

エリア限定版はそれぞれの地域限定で販売されるため、ネット書店やすべての版を取り扱う一部の大型店を除くと、本屋で手に入れるためにはその地域へ足を運ぶ必要がある。せっかくだから、旅行も兼ねて実際にその地方へ出掛けて手に入れたいところだ。

老舗雑誌が提案する
「新しい雑誌の在り方」

それにしても一体なぜ『婦人画報』はこんな試みをおこなったのだろう。

出版業界の低迷が叫ばれ、雑誌の廃刊が続くなか、出版社は生き残りをかけて様々な戦略を打ち出しつつある。

そのひとつのキーワードが「地方」との連携だ。

地方をテーマにマガジンハウスが運営するWebマガジン『Colocal』や、新潟に編集部そのものを移転した『自遊人』など、いま、地方に目を向けはじめた出版社も少なくない。

思えば雑誌全盛の時代、情報はすべて東京から発信されていた。ところがインターネットの発達によって誰でも積極的に発信できるようになったいま、地方には面白い文化がたくさん存在することが少しずつわかってきた。

『婦人画報』では早くから連載企画「この郷をゆく」で、地方のヒトやモノ、コトに焦点を当ててきたが、そこから更に一歩進めて「雑誌×地方」の連携を地域ごとに深めていくつもりではなかろうか。

長らく取材を続けてきた老舗雑誌だからこそ、地方の面白さに気づいた。そして、それを活かす形で、新しい雑誌の在り方を模索するーーその第一歩が『婦人画報』の7種類同時発売なのかもしれない。

Licensed material used with permission by 『婦人画報』
1983年に創刊した老舗音楽誌の日本語版が、不定期刊行のムック『METAL HAMMER JAPAN』として「リットーミュージック」から3月23日に創刊さ...
世界的な権威を持つファッション雑誌のイタリア版『VOGUE ITALIA』は、2020年最初に刊行する1月号において「写真を使用しない」と発表。今月号では...
11月22日にリニューアルオープンした「渋谷PARCO」に月刊誌『Discover Japan』の初の直営店「Discover Japan Lab.」がオ...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
3月29日、羽田空港で新たなショッピングバッグの使用が始まった。「Bio LIMEX Bag」と呼ばれるこのバッグは、石灰石と植物由来樹脂を主原料とし、紙...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
「日本旅行ブーム」が起きているというタイの旅行情報サイトで見つけた「日本で買うべきもの」ランキングでは意外なものがランクイン。国民性と日本に持つイメージが...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
注目されるのが大好きな【獅子座】のアナタに読んで欲しい、星占い。元銀座ホステスにして、開運アドバイザー&占い師の藤島佑雪が7月をどう暮らしていくかお心添え...
「ORBIS Mr.」が、今週4月1日から同ブランド初となるメンズ用メイクアイテムの展開をスタート。ファッションを楽しむように男性が日々取り入れられる美容...
かつての皇居を飾った天井画が、「季節のぬりえ帖」となりました。明治20年(1887年)に造営され、戦前まで使われた皇居の明治宮殿。その一室「千種之間(ちく...
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
「ExplorHer」は、3人のイタリア人女性が作った旅行代理店。最大で12人まで、“女性だけのグループ”で世界へと旅に出るのが特徴だ。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
青森・十和田の奥入瀬渓流沿いに建つ「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、5月7日~7月31日、苔づくしの宿泊プラン「苔ガールステイ」を実施。部屋の装飾か...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
2月9日、ランジェリーブランド「RAVIJOUR(ラヴィジュール)」と渋谷・円山町のクラブ「WOMB」がタッグを組み、バレンタインイベントを開催。そこでス...
メキシコ版とイギリス版の『VOGUE12月号』に「第三の性」のモデルが起用され話題となっている。モデルを務めたEstrella Vazque氏は、メキシコ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
「旅先でもお洒落に過ごしたいけど荷物を減らしたい!」という悩みを解消すべく生まれた手ぶら旅行サービス「ANA TEBURA TRAVEL」がスタート!
我慢強く目標に向かって努力ができる【蠍座】のアナタに読んで欲しい、星占い。元銀座ホステスにして、開運アドバイザー&占い師の藤島佑雪が7月をどう暮らしていく...