女性たちが堂々と、「秘める願望を解放」できるように絵筆を握る。

どうして、男性が楽しめる「エロ」のほうが、女性のものよりも多いのでしょうか?

これは、今に始まったことではありませんし、表現する自由があるはずの美術史においてもです。西洋も東洋も関係なく、“官能芸術”は、男を喜ばせるための作品の量が圧倒的。「女は慎ましくあらねばならない」という固定観念は、時代とともに薄れつつあるものの、女性たちはもっと心に秘める欲望を解放してもいい!と私は思うのです。

木村了子さんの美男ばかりの日本画は、「女性の権利」を堂々と主張してくれています。そんな、彼女に詳しく話を聞いてみました。

作品名:「Heroes 男子鍛錬図屏風」

本当に描きたいものは、
「女性のハダカ」じゃなかった。

美男ばかりの日本画

作品名「ヴァニラの香り」

木村さんは、もともと「エロ」をテーマにした“女性像”を描いていました。が、2003年に開いた個展のときのこと。男性のお客さんのある言葉により、テーマは一変することに。

「木村さんだっけ?君の描く女性って、なんか色気ないよね」

この一言がショックだった木村さん。しかし男性は、自分をもっとさらけ出した作品を描くべきだと、熱弁を続けました。怒りを覚えつつも、木村さんはその時こう思ったそうです。

オンナの何を表現し、誰に見せたいのか?このおっさんか?私はおっさんのために、女のハダカを描くのか?!!!否!!!では、私が見たいものは、描きたいものは何か?!

 

 

 

………男のハダカじゃない?

上のコメントにいたるまでの背景を、さらに読みたい方は木村さんのブログから。

美男ばかりの日本画

作品名:「ヴァニラの香り- Men」

トキメキあふれる、最高の幸せ

美男ばかりの日本画

作品名:「渚のマー・マン」

個展の出来事は、今の作風のきっかけになりました。でも、それより前から木村さんは、男性を恋愛対象としている自分が、女性のカラダを描いて発表することに少しだけですが、違和感を抱いていたそうです。まるで、自身に酔いしれているような、ズレを感じたのだと。

だけど、男性を描くようになってから、自然とトキメキが生まれ、いつも気分が高揚するようになりました。今では、美しい男性たちを、美しい画面に描くことが“生きる喜び”だと木村さんは言います。

「イケメン」は、架空の生き物

美男ばかりの日本画

作品名:「Aloha 'Oe Ukulele-夢のハワイ」

女性を描いているときは、自己投影に嫌悪感を抱いたり、羞恥心に悩まされたりしていました。でも、異性というだけで、冷静に観察し、表現することができるように。自分と完全に切り離せる美しい男たちだからこそ、愛を注ぐだけではなく、冷酷に描けることもできて、どんな恥ずかしいポーズをさせても、他人ごとと割り切ることができるようになったのです。

以前、木村さんは、近しい男性から「あなたの描くイケメンは男ではない、イケメンという男とは別の生き物だ」と、言われたことが。ですが、その言葉に対して、「まったく、その通り」と思ったようなのです。

男性を描いているものの、“男の本質”を深く見つめようとか、表現しようとは思っていません。だからといって、上っ面だけの「理想の男」を描いているわけでもないのです。

 

私という女と、リアルな男の中間地点に存在する、「イケメン」という架空の生き物。彼らはある種、夢と希望を与える妖精のような存在なのかもしれません。ただ、困ったことに、私たちにトラウマを植え付ける存在でもあります。妖精にしては少し生臭い感じはしますけど、私は彼らを“勝手な愛情”を持って自由に表現し、描き出したい。

時代が進むにつれ、
「女である喜び」が増える

美男ばかりの日本画

作品名:「キミを迎えにゆく日まで」

男性像を描き始めたのは2005年頃なのですが、あの時に比べると今はBLの社会的認知とともに私の作品へ興味を持ってもらえることも多くなりました。

 

美術史において極端に少ない「女性が描く男性像」。私は、風穴を開ける存在になりたいと思っています。

と、木村さんは、画家であり、女性としての熱い気持ちを教えてくれました。

彼女のこの言葉から私は、時代が進むにつれて、「女の喜び」はどんどん増えていくし、その喜びを生み出すのは間違いなく女性自身なのだと。心からそう思ったのです。

美男ばかりの日本画

作品名:「寒椿 雪中乾布摩擦図」

美男ばかりの日本画

作品名:「アジアの白い虎」

美男ばかりの日本画

作品名:「飛翔 走り高跳び之図」

美男ばかりの日本画

作品名:「私のオダリスク」

美男ばかりの日本画

作品名:「孔雀王子化身図ー 美しいオレ!」

美男ばかりの日本画

作品名:「龍男 天昇るオレ!」

美男ばかりの日本画

作品名:「天弓愛染明王像」

美男ばかりの日本画

作品名:「地蔵菩薩半跏像」

少し先の話ですけど、木村さんが手がける“イケメン仏画”を中心にした個展が京都で開催されます。美しさを堪能したい人は、下の情報をチェック!

■展示会名:木村了子個展「多情仏心」展

■会期:3月9日~5月6日(開催予定)

■会場:京都場

■住所:〒604-8412 京都府京都市中京区西ノ京南聖町6-5

■問い合わせ先:070-6506-5939

■開館時間:12:00~19:00(月曜休館)

Licensed material used with permission by 木村了子

関連する記事

戦後から古美術・日本画・版画など約150の専門店が集まるアート密集地、日本橋&京橋。「東京アートアンティーク」は、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や...
創刊75年の老舗美術誌『美術手帖』が、今月21日(月)より有料会員記事「美術手帖プレミアム」の発信をスタートした。
「肌が白くて、ブロンドで、華奢なカラダ。結局、メディアで取り上げられるのは、こういう女性。でも、いわゆるデブと呼ばれる人たちだって、美しく輝いている。なの...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
美術専門誌『美術手帖』が、オリジナルのポッドキャストを「Spotify」で開始した。アートとは何かについて音声コンテンツで届ける。
東京、銀座にあるCHANEL NEXUS HALLでは、展覧会「ピエール セルネ&春画」が4月7日まで開催中。春画を取り扱う展覧会では珍しく、年齢制限はあ...
フォロワー70万人を超えるInstagramアカウント「Petites Luxures」。フレンチエロスをポップなイラストで表現している。性の解放、快楽を...
4月24日(土)と5月1日(土)の二夜にわたって、「ニコニコ美術館」で「春画展」が開催。
歴史に名を残すバイオリン製作者のアンドレア・アマティやガスパロ・ディ・ベルトロッティと同じく北イタリアで生まれたLeonardo Frigo。彼は、幼い頃...
4月10日、フランス政府は、鉄道で2時間半以内に行ける場所への国内線フライトの運航を全面的に廃止する法案を国民議会(下院)で可決した。
壮絶な人生を送ったにも関わらず、そのほとんどは歴史に名を残すこともなく、永遠の眠りについた女性たち。彼女たちの尊い命は、一瞬の輝きを放ったもののすぐに消え...
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
米国バイデン政権が、20ドル紙幣に印刷される新しい顔として、19世紀の奴隷解放運動活動家であるハリエット・タブマン氏の採用を検討していることを発表。もし今...
顔立ちは特に目立つほどでもないのに、その仕草や雰囲気だけでモテる男性っていませんか?そんな「雰囲気イケメン」は、少しの心がけで誰でもなることができるのだと...
写真をアップロードするだけで10種類のタッチのオリジナル肖像画が作れるサービス「AI画伯」が海外で話題!
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
もし、心に秘めるセクシャルな欲望を口に出してしまったら。バカにされるかもしれないし、拒絶されるかもしれない。自分の“秘めた願望”を、さらけ出せる人間がどれ...
日本が世界に誇る料理、寿司。真っ白なシャリに新鮮な素材がのった姿は、海外から見ると「芸術」と評されることもあります。それが、実際にアート作品へと昇華しました。
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...