ヴェネツィアで音楽を学んで、バイオリンに「美の歴史」を描いた

現存する最古のバイオリンは、16世紀頃のものと言われているけれど、その頃とビジュアルはほとんど変わっていないように思います。

歴史に名を残すバイオリン製作者のアンドレア・アマティやガスパロ・ディ・ベルトロッティと同じく北イタリアで生まれたLeonardo Frigo。彼は、幼い頃から身近に感じていた「美の歴史」を世界に伝えるため“バイオリン画家”となったのでした。

美しさの詰まった「尊い」楽器

アジアーゴの小さな町で育ったLeonardoはヴェネツィアで音楽を学び、今はロンドンで活動をしています。彼が、イタリアを離れたのは、別の国の人々に自分の愛する母国の文化を知ってもらうため。8年前にはじめて、音を奏でるためではなく、バイオリンに物語を刻んだのです。

刻むのは、伝記や史実など。グラフィカルに描くことで、聴くだけではなく、人々に音楽やアートに「触れる」喜びを知って欲しいとLeonardoは言います。

インクペンを握り、画家としての活動を開始してからも、バイオリンで演奏することを続けているそうです。

画家であるだけではなく、“歴史を奏でる”バイオリニストでもあるLeonardo。

音楽と故郷への愛を感じる細やかなアートは、なんだか尊い。彼のように愛する気持ちを誰かに繋ごうとする人がいるからこそ、歴史は現代まで繋がってきたのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Leonardo Frigo, (Instagram)
バイオリンの弓こそ馬の「尻毛」が使われるけど、まさか人間の髪の毛を、それも弓でなく「弦」にしちゃうって…。これがクラシック音楽界の冒涜に値するかどうかの判...
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
クラブに行ったら、ライブに行ったら、普通は音楽に合わせて踊りますよね。音楽との一体感は何より気持ちがいいし、古くからダンスと音楽はともにあり続けてきました...
ストリートアーティストPBOYさんは、個人間での送金がラクになるというビットコインの特徴を自身の作品に取りこんでいる。
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
一見、単純に見える世界も、人の心も、可能性も、別の何処かへと続く奥行きみたいなものがあって、一筋縄ではいきません。イタリア人アーティストAndrea Uc...
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...