こんなのあり?ひと口に「楽器」と言っても色々あるんです【まとめ】

新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せる「コミュニケーションツール」でもあるんです。

…と、固い話はさておき、まずは動画を見て楽しんでください!

01.
え、氷で作った楽器?
幻想的なコンサート
「ICE MUSIC」

スウェーデン北部の都市ルレオで開催されている「ICE MUSIC」は、氷で作られた楽器による演奏会。アイスバーやアイスホテルなど、“氷でできた◯◯”は数あれど、まさか楽器まで作ってしまうとは。

演奏会は、すでにこの街の「冬の風物詩」となっている模様。室内の気温は、なんとマイナス5度。“世界一寒い場所”で開かれるコンサートと言えるかもしれませんね。気になる音色と幻想的な雰囲気は、ぜひ動画で味わってみて!

→詳しい記事はこちらから。

02.
カラダの動きに合わせて
音を奏でる
新楽器「KAGURA」

「KAGURA」は、カラダの動きで音楽を奏でる、というまったく新しい発想の楽器。カメラを通じてPCに映し出されたアイコンをタッチするだけなので、楽器が苦手な人でも簡単に演奏することができるんです。

世界中の様々な音楽技術のコンテストで表彰も受けている「KAGURA」。ボーカロイドと同じように世界中で新しい音楽を生み出し、多くの人々に支持されるプログラムに成長していくかもしれません。

→詳しい記事はこちらから。

03.
凄腕の
路上ドラマーが
使っているのは
バケツだった…

路上にバケツをズラっと並べる一人の青年。彼が手に持っているのはドラムスティック。どうやら海外で活動している路上パフォーマーのようですが、その驚異的なテクニックにYouTubeの再生回数は現在、5,500万回を突破。

彼のプレイに多くの注目が集まる理由は、その楽器からは想像できない多彩なサウンドと力強いビート、そして人並み外れた"手さばき"と"足さばき"にありました。

→詳しい記事はこちらから。

04.
テクニックも必見!
「バスケットボール」を
楽器にしちゃいました

アリゾナ州で活動するバスケットボールのエキシビジョンチーム「ハーレム・グローブトロッターズ」が、チーム生誕90周年を祝い、「ストンプ」という楽器を使わない演奏集団とコラボしてパフォーマンス映像を撮影しました。

足を踏み鳴らしたり、身の回りのものでリズムを刻むアクロバティックな音楽で有名な「ストンプ」。今回はバスケットボールを楽器にして、4人のスター選手と"演奏"に挑戦しました。実際に動画を再生するとわかりますが、映像はノーカット。ビートに合わせて繰り出されるテクニックの数々は必見です。

→詳しい記事はこちらから。

05.
持ち運びもラクちんな
「ダンボール製」
モバイルドラムキット

背負って運んで組み立てて、どこでもプレイ!100kgの体重に耐えられるほど頑丈にできていて、ちゃんとグラスファイバーコーティングされている部分を叩けば、600人以上が使っても壊れなかったそうです。

湿気には強く、収納後の状態であれば、ある程度防水性もあるとのこと。ミニマルながらもイイ感じの響きがあるこのモバイルドラム。ゆくゆくエレドラのシステムも開発するとか?

→詳しい記事はこちらから。

モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
クラブに行ったら、ライブに行ったら、普通は音楽に合わせて踊りますよね。音楽との一体感は何より気持ちがいいし、古くからダンスと音楽はともにあり続けてきました...
「Davie Biale」は、エレキベースを操るミュージシャン。しかし、1本も弦がない!
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
スウェーデン北部の都市ルレオで開催されている「ICE MUSIC」は、氷で作られた楽器による演奏会。アイスバーやアイスホテルなど、“氷でできた◯◯”は数あ...
楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
動画冒頭に登場するのはリズミカルにバスケットボールを操るユニフォームの男性。なんだかものすごいテクニックを持っていそうな予感。次の瞬間には周辺からメンバー...
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
上の写真にうつっているもの、なんだと思います?まるでUFOのような物体ですが、実はこれ、ある男性がひとりでつくった「グーダドラム」という打楽器。伝統的な楽...
マイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠。顔面パンチできるくらい親密だったとか。
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
宅飲みとかだとテーブルのスペースが限られているし、こんなグラスがあれば便利そう。まあ、普通に小さいグラスにそれぞれ注いだのでは駄目だったの……?って思って...
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた「Jacob Collier」さん。日本にもよ...