重さ2kg以下!ダンボール製モバイルドラムキットが登場。

打面に張られたグラスファイバーコーティングによって、ミニマルながらいい感じの響きになっています。叩いている様子を見てみましょう。

ダンボール製モバイルドラム
The cardboard DRUMKIT」

結構いいでしょ?それに、持ち運びがかなり楽ちん!

5d1813ee835a7571477d88b0f7e105ae78f09b4bE095cd572db3ad374f8bb885862a0562cec31a7d

背負って運んで組み立てて、どこでもプレイ!

パーツはこんな感じ。

F1a59cc2fa152304ca20cc279b99d995902c4f1cE5fc2dd64da8d19a6b5b0c8503f633c828b3cee2

キックの補強も改良を重ねており、頑丈にできているそうです。

セッションしよう!

Af60acea0e2050ef1cc162266928fe8465b99e92

外でみんなとジャムるのって楽しいですよね。でも、仕方なしにカホンやジャンベで代用していた人も多いでしょう。これならスティックで叩けるありがたみが思い切り味わえちゃいます。ちなみに、バンブー製のスティックがついてきます。

Kickstarterから予約可能で、送料込み129ユーロ(約15,000円)。発送開始は10月予定です。湿気には強く、収納後の状態であればある程度防水性もあるそうです。100kgの体重に耐えられるほど頑丈で、ちゃんとコーティングされている部分を叩けば、600人以上が使っても壊れなかったとのこと。ゆくゆくはエレドラのシステムも開発するとか。叩いてみたい!

Fd55538a59aa442719b530e849f4d60ac03b3cdb
Licensed material used with permission by OBILAB music
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
電子パーカッションのなかでも、このコンパクトさとシンプルなインターフェースはインパクトがあります。持ち運びがとびきりラクそうで、余計なボタン、スイッチがな...
練習場所がなかなか確保できないのが、ドラムの悩みのひとつ。ドラムセットは高価だし、なんと言っても音が大きい。日本の住宅事情では、部屋にドラムを用意するのは...
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...
「あたし、今どう見えてる?くすんでない?」東京に出てきたのは、「東京にいる自分」になりたかったから?地元に帰らないのは、「地元に帰った自分」になりたくないから?
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
Twitterで1万RTを超えるほど話題になっているこの画像には、なんとダンボールでつくった「ランボルギーニ」の姿が。エンブレムにも要注目です!その名も…...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
いきなりですが、問題です。ここに一枚の写真があります。写っているのは、ダンボール箱に頭を突っ込み、寝転んでいる一人の男性。さて、あなたは彼の目的がわかるで...
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
路上にバケツをズラっと並べる一人の青年。彼が手に持っているのはドラムスティック。海外で活動している路上パフォーマーの驚異的なテクニックにちょっとビックリ。...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
ユニークな福利厚生の紹介です。
ピアノを折りたたんで持ち運べる!そんな新しい楽器が開発中。「Makuake」で資金を募っている「モバイルグランドピアノ」は、88鍵盤で全長は110.4セン...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
アウトドアユースを想定したスポーティーなモデルが多いなか、完全にインドア派。
緑の芝生が美しい、広々としたのどかな庭。そこに小さな丘のような不思議な盛り上がりが。なんとこれ、芝生でできたソファなんです。芝生にゴロンとするのも確かに気...
スタンディングデスクに初挑戦!という人はもちろん、サイズが4種類あるので座って使えるものも選べます。軽いので持ち運びが簡単。組立にも時間はかかりません。し...
いざ、球技をやろうと思っても広いスペースが必要で、自由に遊べる場所って少なかったりしますよね。「もっと手軽に都会の中でもスポーツを楽しみたい!」。そんな思...
キックスターターにて、earth technologiesから開発中の「Pluto by earth」のモバイルバッテリーがとてもスタイリッシュでコンパク...
野外フェスの参加者の4人に1人は、自分が持ってきたテントをその場に捨てて帰るそう。そのため「KarTent」は、少しでも状況を改善するためにダンボール製の...