スティック2本で勝負したくなる電子打楽器「BopPad」の魅力。

電子パーカッションのなかでも、このコンパクトさとシンプルなインターフェースはインパクトがあります。持ち運びがとびきりラクそうで、余計なボタン、スイッチがなく、思う存分叩けそうなところも◎。

それに、小さな打面からは想像できないほど表現の幅が広そうなのです!

これ一台で、攻めたくなる。

動画の冒頭で華麗なスティック捌きを見せるドラマー。その姿に、映画『ドラムライン』のシーンがダブって見えてきちゃいました。

説明文を引用すると、スポーツ競技の合間にある12分間のハーフタイム、全米の大学から選び抜かれたマーチング・バンドが、バンド・バトルの優勝を賭けて究極の妙技を競い合うーー。主人公はスネア・ドラムの奏者です。

字面は地味そうかもしれませんが、喧嘩するがごとく、リズムとパフォーマンスでバトルを繰り広げる様子にゾクゾクする作品。拳を相手にぶつける代わりに、楽器を2本のドラムスティックで叩くわけで、まあしびれる!…とそんな話はさておき。

この楽器の特徴をざっくりまとめます。

小さくてシンプルな、
本体とインターフェース。

直径は10インチ(約25cm)。重さは1ポンド(約454g)以下です。あるのはパッドと外郭だけ。ボタンやツマミ、ディスプレイは一切ありません。

感圧パッドで、
細かなニュアンスを再現。

手で叩いてもOK。

見た目は区切りなしだけど、
4つの打面
を使い分けられる。

打面の中心部から端にかけても打音が変わり、圧力を加えながら指をスライドさせれば、音色や連打速度に変化をつけられます。

USBでPCに接続し、
音色を管理できる。

ソフトウェアのほか、webブラウザからプリセットを編集できるMIDIアプリやオーディオAPIも開発中。ユーザー次第で使える音色の幅は無限に広がりそう。

動画を見ると、変換アダプターがあれば、デバイスからUSB経由で電源を供給できるようなので外でも演奏できます。

ひとつの音色を極める?
複数の音を巧みに操る?

ドラムセットに組み込んで表現の幅を広げるも良し、あえてこれ一台の表現力だけでドラミングを追求してもアリ。

パッドで多彩な音を操れる打楽器は他にもありますが、「BodPad」にはこれだけで勝負したくなる不思議な魅力があります。

資金調達中の商品はすでに目標額を達成済み。価格は、日本から事前予約する場合、送料込みで259ドル(約2万6,000円)。配送開始予定は2017年6月。気になった人はKickstarterで詳細をチェックしてみてね。

Licensed material used with permission by Keith Mcmillen
球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。
練習場所がなかなか確保できないのが、ドラムの悩みのひとつ。ドラムセットは高価だし、なんと言っても音が大きい。日本の住宅事情では、部屋にドラムを用意するのは...
「Lumen」は、息を吹き込むだけで現在の新陳代謝を測定してくれます。さらには、栄養素などのアドバイスも。リアルタイムで体内の調子を知ることができて優秀な...
上の写真にうつっているもの、なんだと思います?まるでUFOのような物体ですが、実はこれ、ある男性がひとりでつくった「グーダドラム」という打楽器。伝統的な楽...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
打面に張られたグラスファイバーコーティングによって、ミニマルながらいい感じの響きになっています。叩いている様子を見てみましょう。結構いいでしょ?それに、持...
「Mr. ESP 1」の使い方はカンタン。頭につけてから、瞑想を行えばイイだけ。すると、本体が脳波やその動きを読み取り、より深い状態へと導いてくれるようです。
日本人が知らないカンボジアの“今”が詰め込まれているのが、このガイドブック。1月5日から発売されている『CAMBODIA BOOK カンボジア観光ガイドブ...
楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!
これは、指を動かす感覚と同じだろうか? それとも、まったく違う? 本人に聞いた。
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
みなさんはバスケットボールは好きですか?ロンドンの私が育った地域では、バスケはまったく人気がありませんでした。イギリスではサッカーやラグビー、陸上やボクシ...
「Shell」はワンタッチでスマートウォッチからスマホに変形する特徴があります。2本のウィングが飛び出したら、通話の準備完了だそうです。
「Rollova」は、直線でも曲線でもコロコロ転がすだけで簡単に長さが測れる電子メジャー。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
アコースティックギター1本で弾いてるとは思えない演奏をする男性が登場!彼のギターの本体には様々なボタンや模様が描かれているシールが…。でもこれ、実はMID...
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...