ポケットに入るドラムセット!いつでもどこでも叩けます

練習場所がなかなか確保できないのが、ドラムの悩みのひとつ。ドラムセットは高価だし、なんと言っても音が大きい。日本の住宅事情では、部屋にドラムを用意するのは、高嶺の花と言っていいでしょう。かといって毎回スタジオに行くのは面倒だし、お金もかかるし、電子ドラムも結局場所はとる…。

そんな悩みをすべて解決するプロダクトが、Kickstarterに登場。

エアドラムなのに
音が出る!

Dc2255c018fcb5d5f89c123edb8cad77c02086fd

Photo:Freedrum

それがこの「Freedrum」。ドラムスティックにくっつける小さなデバイスです。これをつけてスティックを空中で動かすと…ちゃんとドラムの音が鳴るんです。

Abbf75482ba765a4e3eb9daefe72ae23c7c85de8

Photo:Freedrum

さらにシンバルの場所を叩けばシンバルの音が、スネアの場所を叩けばスネアの音が鳴ってくれます。さらに足のデバイスを追加すれば、キックやハイハットのコントロールもOK。

まさにドラムセットがなくても、いつでもどこでもドラムが叩けちゃうんです。動画を音つきで見てみてください。

スティックや足につけて
ペアリングするだけ

7cf607b6aedacdddcd63ba92d4f2e0e65fc158cb

Photo:Freedrum

使い方は簡単。ドラムスティックや足に取り付けて、あとはスマートフォンにペアリングするだけ。iPhoneやiPadのGaragebandで使用することが推奨されてはいますが、Bluetooth MIDIが使えれば、原理的にはどんなデバイス・アプリでも使用可能です。

(ただし、Androidでは数ミリ秒レベルの微妙な音の遅れがあるそう)。

どこでも、いつでも
叩けます

29bf3afafeef412c79123374e3be574d4c698f63

Photo:Freedrum

53abb54421b47a9320d6d47b063e685c5b75b586

Photo:Freedrum

価格は「Kickstarter」からなら2つで89ドル〜(約9,000円)、両手両足4つ分でも169ドル(約17,000円)と、電子ドラムよりも安いのが嬉しいところ。

2017年の8月には出荷される見込みで、日本を含む世界中どこへでも発送してくれます。現在Kickstarter以外での販売は予定されていないので、練習場所に困っているドラマーはぜひ支援してみては?

Licensed material used with permission by Freedrum
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
電子パーカッションのなかでも、このコンパクトさとシンプルなインターフェースはインパクトがあります。持ち運びがとびきりラクそうで、余計なボタン、スイッチがな...
路上にバケツをズラっと並べる一人の青年。彼が手に持っているのはドラムスティック。海外で活動している路上パフォーマーの驚異的なテクニックにちょっとビックリ。...
打面に張られたグラスファイバーコーティングによって、ミニマルながらいい感じの響きになっています。叩いている様子を見てみましょう。結構いいでしょ?それに、持...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
ウォールポケット、あるいはレターラックって言うんでしょうか。ポケットがいっぱいあって、壁に吊るすヤツ。ハガキとか小さな文房具類を入れるのが普通ですが、『V...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
「Otta(オッタ)」は通常のハンカチタオルをハーフサイズに。さらにセンターに折り目をつけることで、よりコンパクトに折りたためるタオル。スラックスのポケッ...
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
〈ateliers PENELOPE(アトリエ ペネロープ)〉の「#9 Boxy」です。ファスナー付きポケット、2分割されたポケット、両脇にペットボトルサ...
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
まずはこのGif動画を見てみましょう。トレイラーに乗せて運搬すれば、どこにでも持っていけちゃうこのコンテナ。なんと54平米まで拡張するのだとか。内装も写真...
ケーブル類、バッテリー、ポケットwifi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACKE...