ポケットに入るドラムセット!いつでもどこでも叩けます

練習場所がなかなか確保できないのが、ドラムの悩みのひとつ。ドラムセットは高価だし、なんと言っても音が大きい。日本の住宅事情では、部屋にドラムを用意するのは、高嶺の花と言っていいでしょう。かといって毎回スタジオに行くのは面倒だし、お金もかかるし、電子ドラムも結局場所はとる…。

そんな悩みをすべて解決するプロダクトが、Kickstarterに登場。

エアドラムなのに
音が出る!

Photo:Freedrum

それがこの「Freedrum」。ドラムスティックにくっつける小さなデバイスです。これをつけてスティックを空中で動かすと…ちゃんとドラムの音が鳴るんです。

Photo:Freedrum

さらにシンバルの場所を叩けばシンバルの音が、スネアの場所を叩けばスネアの音が鳴ってくれます。さらに足のデバイスを追加すれば、キックやハイハットのコントロールもOK。

まさにドラムセットがなくても、いつでもどこでもドラムが叩けちゃうんです。動画を音つきで見てみてください。

スティックや足につけて
ペアリングするだけ

Photo:Freedrum

使い方は簡単。ドラムスティックや足に取り付けて、あとはスマートフォンにペアリングするだけ。iPhoneやiPadのGaragebandで使用することが推奨されてはいますが、Bluetooth MIDIが使えれば、原理的にはどんなデバイス・アプリでも使用可能です。

(ただし、Androidでは数ミリ秒レベルの微妙な音の遅れがあるそう)。

どこでも、いつでも
叩けます

Photo:Freedrum

Photo:Freedrum

価格は「Kickstarter」からなら2つで89ドル〜(約9,000円)、両手両足4つ分でも169ドル(約17,000円)と、電子ドラムよりも安いのが嬉しいところ。

2017年の8月には出荷される見込みで、日本を含む世界中どこへでも発送してくれます。現在Kickstarter以外での販売は予定されていないので、練習場所に困っているドラマーはぜひ支援してみては?

Licensed material used with permission by Freedrum

関連する記事

球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
電子パーカッションのなかでも、このコンパクトさとシンプルなインターフェースはインパクトがあります。持ち運びがとびきりラクそうで、余計なボタン、スイッチがな...
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
オートミールの種類や加工法から、美味しい食べ方、アレンジ料理まで。元祖スーパーフード「オートミール」について詳しく!
「uka(ウカ)」から、「uka オーガニックハンドジェル」が登場。爽快な使い心地と持ち歩くのにちょうどいいサイズ感が特徴です!
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月27日(土)の20時30分から、世界最大級の消灯アクション「EARTH HOUR」が実施。
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。