ビートルズの「71曲」をたった5分で演奏する天才ドラマー(動画あり)

ザ・ビートルズといえば、世代を越えた伝説的バンド。そんな彼らがこれまでに生み出してきた楽曲から、71曲を抜粋してたった5分間にまとめて演奏してしまったドラマーが登場!
屋上で撮影された動画は、ビートルズファンなら「ルーフトップコンサート」を思い出して、ニヤリとするはず。しかもここでの動画は4K。撮影のクオリティも話題にもなっているようです。

演奏しているのは、Kye Smith氏。テンポがバラバラなはずの楽曲を凄まじいテクニックで繋ぎます。全音楽ファン必見の映像をぜひご覧ください!

ビートルズの歴史を
5分でおさらい!

ドリーム・シアター
マイク・ポートノイ氏も絶賛!

SNSでは、世界的に有名なプログレッシヴメタルバンド「ドリーム・シアター」のドラマー、マイク・ポートノイ氏のこんなコメントも話題に。

So many amazing things about this!1. The drummer did an amazing job 2. The filming is over the top3. Shows how great...

Posted by Mike Portnoy on 2015年10月27日

これにはめちゃくちゃ凄いところがいっぱいあるんだ!

1.まずこのドラマーがいい仕事してる。

2.撮影に気合入りすぎ。

3.リンゴ・スターがいかに偉大だったかがわかる。

4.これはザ・ビートルズの楽曲のほんの一部だ。ここでは演奏されていない素晴らしい曲がまだまだたくさんある!(しかも、そのすべてが7年間でレコーディングされたものだ)。

71もの楽曲を部分的に紹介しているため、中には2秒足らずの演奏もいくつかありました。が、それでも何の曲かわかるようなフレーズやメロディが多く、いかに影響力の大きいバンドだったのかが浮き彫りになります。

さらに、ザ・ビートルズそのものの偉大さの他に、リンゴ・スターが裏で支えていたビートの多彩さに改めて感銘を受けるドラマーも少なくないようです。音楽が好きな人にとってはたまらない動画ですね!

Licensed material used with permission by Kye Smith
これは、アーティストのNeil Mendozaさんによる、ちょっと変わったビートルズ『Here Comes the Sun』の演奏。
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマー。最近NYを騒がせているお祭り兄ちゃんです。名まえにも現れている通り、エレクトロとパーカッシ...
動画に登場したのはひとりの少女。サッカー日本代表チームのユニフォームを着て、応援のためにとドラムセットの前へ座ったのだとか。しかし、叩きだすとその様子は一...
路上にバケツをズラっと並べる一人の青年。彼が手に持っているのはドラムスティック。どうやら海外で活動している路上パフォーマーのようですが、その驚異的なテクニ...
アルベルト・アインシュタインやトーマス・エジソン、パブロ・ピカソ、そしてイチロー。生きた年代も専門分野もさまざまですが、彼らはいずれも「天才」と称された人...
マイクを持ってベッドに座っている女性。ですが、この人ただ者ではありません。動画開始後すぐにその凄さに気づくはず。声だけで楽曲を完璧に再現していきます…。彼...
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた青年「Jacob Collier」。つい先日、...
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
ロック琴リストとでも呼びましょうか。インディーズアーティストのルナ・リーが演奏したのは、ジミヘンの愛称で知られるギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの有名曲『...
動画の男性が演奏しているのは、たった1本のアコースティックギター。しかし、見事にマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」をリズムからメロディまで完全...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
自分の背丈ほどもある6弦ベース(一般的にベースは4弦)を自在に奏でる少年。大人のミュージシャンたちの中に入っても、まったく引けを取らない洗練されたアレンジ...
ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、スティーブ・ジョブズ、リチャード・ブランソン、ウォルト・ディズニー。学校を中退している「天才」は枚挙にいとまがありま...
毎年8月に、スコットランドの首都エディンバラで行なわれるフェス「Royal Edinburgh Military Tattoo 2015」。1950年から...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
音楽史に燦然と輝くスタンダートナンバーと、知られざるカバーバージョンを紹介する連載企画「disCOVER!」。今回ピックアップしたのは、エドワード・ヴァン...
まずは、目を閉じてこのサウンドを聴いてみてください。映画『スター・ウォーズ』でおなじみの、あのテーマソングを演奏している動画ですが…。終わるまで目を開けず...
2015年7月。ちょっとメンバーの多いバンドが結成され話題になりました。ロックバンドのメンバーといえば、ギターベースドラムキーボード…と考えると3~5人く...
え、どゆこと?と思う人が大半かもしれません。こちらの動画から見てみましょう。クルクル回転する車輪。どうやら、その先に付いているムチのようなもので弦をバシバ...