457人が同時にエレクトリックギターを弾いたら、ロックすぎる演奏に!

去る8月12日、「Sydney Guitar Festival」にエレクトリックギターを持った457人が集まりました。彼らは、ある事を目的としていたのですが、それは一体!?

スタートは、ステージ上にいる司会者の呼びかけから。参加者全員に「さぁ、世界記録を打ち立てようぜ!」と。

そして、「1、2、3!」の掛け声の後、全員が一斉に弾き始めるオーストラリアのロックバンドの曲!

お察しかと思いますが、これは、エレクトリックギターで一斉に曲を演奏した人数が最も多い世界記録への挑戦。

これまでは、2013年にインドで樹立された368人が最高。

曲が終わると「YEAH!!!!!!」と、会場全体は大盛り上がり。457人が奏でる音はどんなものか……。答えは動画で!

Reference: Music Feeds
Top image: © 2018 Julia Hillier
他の記事を見る
ラップタッピングと呼ばれる独自の演奏法を考案したギタリストを紹介。
誰もが一度くらいは、路上ライブなどでアコースティックギターを弾きながら歌うミュージシャンを目にしたことがあるのではないでしょうか。右手を上下にジャカジャカ...
百聞は一見にしかず。彼の演奏を動画で見てみて。人間離れした演奏にびっくりするはず。ドキュメンタリー番組の放送も近づいているので、今のうちにおさらいしておい...
米コロラド州フォート・コリンズの山奥で、ギターを弾く二人の男性。ShawnさんとBakerさんは、雪山で自分たちの演奏を撮影するはずだったのですが…。バッ...
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
アコースティックギター1本で弾いてるとは思えない演奏をする男性が登場!彼のギターの本体には様々なボタンや模様が描かれているシールが…。でもこれ、実はMID...
これは、アーティストのNeil Mendozaさんによる、ちょっと変わったビートルズ『Here Comes the Sun』の演奏。
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
動画の男性が演奏しているのは、たった1本のアコースティックギター。しかし、見事にマイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」をリズムからメロディまで完全...
楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!
驚異的なパフォーマンスにはビックリで、アクロバティックな演奏がスゴい!
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。オーストラリアのセブンは、つい日常使いしたくなるハイカロリーな食べ物や飲...
ロック琴リストとでも呼びましょうか。インディーズアーティストのルナ・リーが演奏したのは、ジミヘンの愛称で知られるギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの有名曲『...
音楽がつくれたり、演奏できるアプリはたくさんあるものの、楽器をやったことがない人にとっては、ハードルが高いものも多いですよね。でも、このアプリならまったく...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する、脊髄性筋萎縮症。これから紹介するのは、そんな難病と闘う男の子が、目線によるピアノ演奏にチャレンジしたコンサートの模...
旅から生まれた映画がある。題名は『ブランカとギター弾き』。全編を通してフィリピンを舞台に制作された作品だが、監督は日本人。今年8月に公開されるこの映画がい...
プロ顔負けの速弾きで世界中の視聴者を唸らせているのは、キュートな10歳の女の子。実は彼女、インターネットではよく知られた名ギタリストなんです。ここで紹介す...
ザ・ビートルズといえば、世代を越えた伝説的バンド。そんな彼らがこれまでに生み出してきた楽曲から、71曲を抜粋してたった5分間にまとめて演奏してしまったドラ...