叩きはじめたら止まらない!テクノロジー満載の「電子和太鼓」が欲しい!

電子楽器などの製造・販売をおこなう「ローランド」は、今夏、長年培ってきた電子ドラムのノウハウを活かして開発した“電子和太鼓”を発売する。

東北地方に伝わる「桶胴太鼓」をモデルにした「TAIKO-1」は、セットした帯(ストラップ)を肩にかける担ぎ桶スタイル。打面をたたく強さや位置によって音色が変化し、また、種類の異なる和太鼓や拍子木、さらには太鼓以外の楽器の音色まで奏でることができる最新鋭のデジタルギアだ。

静音性を追及したメッシュ素材の打面は、演奏時の音量を気にする必要がなく、場所を選ばずに練習が可能。さらに、分解が可能なので保管場所に困ることもなく、和太鼓が抱えてきたさまざまな問題を一気に解決してくれる。

電源には充電式のニッケル水素電池を採用し、連続5時間の演奏が可能。なお、価格はオープン価格で15万円ほどになるとのこと。

和の魂と先端のテクノロジーが融合した電子和太鼓の魅力は以下の動画でどうぞ。

© ローランド/YouTube
©ローランド
©ローランド

『TAIKO-1』
【特設サイト】https://www.roland.com/jp/promos/roland_taiko/

Top image: © ローランド
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
電子楽器メーカー「Roland」からリリースされた「GPX-F1 Facet」。未来のグランドピアノがコンセプト。
球体型の楽器「Oddball」は衝撃を感知するドラムマシン。Bluetoothを使って、イヤホンやスピーカーから音を出せます。
これは、指を動かす感覚と同じだろうか? それとも、まったく違う? 本人に聞いた。
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
世界の生物多様性が過去50年で68%喪失したことを今月上旬に発表された「WWF」の報告書『Living Planet Report:生きている地球レポート...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
「mui」の見た印象は、たった1枚の板。だけど、いろいろなテクノロジーが詰め込まれているそう。開発は、日本・京都とアメリカ・ボストンを拠点にするNISSH...
9月10日に公開された「Bloomberg」の記事によれば、「Apple」は従業員に対して独自のマスクを開発したそうだ。
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
2019年5月16日から8月26日までロンドンで開催されるエキシビション「AI: More Than Human」。内容は、AI(人工知能)と人類の関係性...
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
モーターとネジで作った楽器がこんなにかっこいいだなんて!
薄くて長いソーラーパネルを内蔵し、懐中電灯の機能も備えたモバイルバッテリー「Roll Solar Charger」。持ちやすく軽量で、暗いところで広範囲を...
袋麺でおなじみの「サッポロ一番」のアレンジメニューを提供する「サッポロ一番劇場 @虎ノ門横丁」が、東京・港区の「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」の「虎ノ門横丁...
複雑怪奇「ピタゴラスな楽器」を自作した音楽家を紹介!
楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改造」に心血を注ぎ、たった一人でもバンドサウンドを奏でられる新しいギターを生み出してしまったのです!
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
Apple Watchにワイヤレスヘッドホン、電子タバコ、すべて21世紀のテクノロジーから生まれたプロダクト。では、もしこれらが19世紀の人々の生活に浸透...
あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっ...
4月22日、アメリカ「カリフォルニア工科大学」のメディカルエンジニアリングを専門とする研究チームが、人間の肌に貼り付けて使用する「電子皮膚」を開発したと発...