奏でるのは異国の音。ハイテク楽器「GALA」とは?

あなたは、旅先で「日本の楽器を教えて」や「日本の曲を歌って」と言われたことはありませんか?さらに違う文化にいても、歌っていれば楽しい時間を共有できる。やっぱり、どの文化・民族にも「音楽」ってあるもの。しかも、そこに「言葉」はいらない。

そう、「音楽」は言語を超えるコミュニケーション。この「GALA」は、そのきっかけ作りをしてくれるモノ。

「振ってみた。旅の音がした。」

F5b226fb25e99c63b5477bb21f6ca07e81aa8117

この「GALA」、12種類の楽器の音を出せるのです。しかも、音だけで言えば100種類以上。

使い方はシンプル。振るだけ。

音色は異国の街から

この12種類の楽器、沖縄の三線を始めとした弦楽器から打楽器まで様々。

・バラライカ(ロシア)
・バラフォン(西アフリカ)
・バグパイプ(スコットランド)
・チェンバロ[別名ハープシコード](ヨーロッパ) 
・シタール(インド)
・コンガ(キューバ)
・カーヌーン(アラブ)
・ガムラン(インドネシア)
・スチールパン(トリニダード・トバゴ)
・ビリンバウ(ブラジル)
・ギロ・マラカス(ラテン)
・三線(沖縄)

中には日本で馴染みのないものも。また、「音楽は全く分からない」という人もいるはず。 そこで音の旅をサポートしてくれるのが「パスポート」。

音を聴きに行く旅

Af11e2cbac7e75e76ceb9c4052a985293cd0bb41

ここには、楽器の歴史や文化が書かれています。例えば、「スチールパン」にはこんな説明が、

カリブ海最南端の島国・トリニダード・トバゴ共和国で発明された楽器で、政府によって「国民楽器」とされているよ。

ぼろぼろになったドラム缶を直そうとしていたら、叩く場所によって音が違っていることに偶然気付いたのがきっかけと言われているよ。

この説明書きを読むことにより、その国や楽器に興味が魅かれそう。「音色を聴きに行く」という理由で、次の旅行先を決めれるかも。

今まで知らなかった
文化との出会い

これを持っていれば、とっさに日本の楽器を紹介するときに苦労しません。(これ、旅先でよく聞かれますよね。)さらに、現地の人とセッションをすることだって可能かも。そこには新しい出会いがあるはずです。

現在、「GALA」は「Makuake」にてクラウドファンディング中で、目標額の100万円をすでに突破し、約140万円を集めています。今、オーダーしたら7月中には届くそう。「日本にいても異国を感じたい人」や「異国で音楽を演奏したい人」は、楽しめるかもしれません。

実際に音色を聴いてみたい人はこちらのサイトと動画から。サイトの方は重いので、はやる気持ちを抑えて少々お待ちを。

Licensed material used with permission by Makuake
イギリスのアーティスト、Tammillia Eloiseさんは、楽器をキャンバスとして使って、自分の世界観を描いています。彼女の色とりどりの世界が、楽器か...
新しい技術やアイデアで、今もなお進化し続ける「楽器」。ここで紹介する演奏シーンを見たら、その無限の可能性に驚くことでしょう。音楽は、身近なものでも作り出せ...
クラブに行ったら、ライブに行ったら、普通は音楽に合わせて踊りますよね。音楽との一体感は何より気持ちがいいし、古くからダンスと音楽はともにあり続けてきました...
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
スウェーデン北部の都市ルレオで開催されている「ICE MUSIC」は、氷で作られた楽器による演奏会。アイスバーやアイスホテルなど、“氷でできた◯◯”は数あ...
上の写真にうつっているもの、なんだと思います?まるでUFOのような物体ですが、実はこれ、ある男性がひとりでつくった「グーダドラム」という打楽器。伝統的な楽...
ベルリンのギタリスト「Robin Sukroso」は、ギターを弾くことだけにこだわっていない。その代わりに、楽器のポテンシャルをこれでもかと引き上げる「改...
スウェーデンのミュージシャン、マーティン・モリンが、14カ月もの月日をかけて手作りした楽器は、つくりがフクザツすぎてメロディを奏でるための準備に約30秒く...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
小さくて不思議な形状のキーボード。これは、イギリスのROLI社から発売された「Seaboard Block」。平らな形状でキーの境目も曖昧。一見キーボード...
世界にはワクワクさせられるメカがたくさんある!キラキラと目が輝くような魅力のある機械を紹介します。
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
本体のマイクで録音し、あとはツマミをひねったりスライドさせるだけ。使いたい音の周波数を部分的に加工でき、鍵盤を弾けば音がでます。ふたり同時に演奏ができるよ...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
音楽の大きな愉しみの1つは、誰かと一緒に奏でること。一度でも楽器を持って、誰かとスタジオに入ったことがあるなら分かるはずだ。ジャムセッションをした経験があ...
「ストラディバリウス」は、イタリアの楽器職人アントニオ・ストラディバリ(1644-1737年)が製作した弦楽器。その希少性や価格はよく話題になりますよね。...