「電子工学=難しい」をイメチェンさせるDIYプロジェクト

ここに紹介する女性エンジニアのFeldiさんは、デザイナーとしても活躍するいわゆるリケジョ。

同じミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられた、「電子工学=難しい」のイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロジー×ファッションで、彼女らの新たな興味を開拓しようと奮闘中です。

おしゃれアイコンを
テクノロジーで進化させる

例えばこのバッグひとつとっても、どれもFeldiさんの私物にELワイヤーなど光る素材を縫い付けるなどして、リメイクしたもの。

「高級ブランドで着飾るよりも、自己表現できるモノを身に付けることを選んでいる」これこそミレニアル世代の特徴だと彼女は強調します。こうしたトレンド調査を自ら行い、若い女性たちを惹きつけるようなアイテムをDIYしていこうと決意。

アイテム紹介とともに
チュートリアルも公開

自作したアイテムのチュートリアルを公開することで、「エンジニアになる壁はそこまで高くない」と伝えようとしています

さらに、詳細にハウツーをブログで公開していて、バッグに取り付けたパネルに文字を出すようなプログラミングのコードまで教えてくれる。真似してみようという人にも、これができるようにと。

ものづくりの魅力を
多くの女性たちへ

もちろん、可愛いアイテムを紹介するという目的もあるのですが、Feldiさんの本来の目的は「こういうモノを作れるエンジニアになりたい」と思う女性が一人でも増えること。

ところが、彼女の趣旨を理解していない人もいるようで、ブログには心ないコメントもあるんだそう。それでも、「だからこそ、より良いデザインができる女性エンジニアが必要!」と、意志の強さを示すFeldiさん。

ブログだけでなく、現在はSparkFun Electronicsという団体でアイテムをDIYする方法を教える講師としても活躍しているようですよ。

Licensed material used with permission by SparkFun Electronics
アメリカの玩具メーカー「Hasbro」からミレニアル世代向けのモノポリーが登場!ゲームの進行は、もちろん彼らが“共感”できる内容で溢れています。
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
ミレニアル世代とは、2000年代になってから成人になった人たちのこと。だいたい現在20歳から35歳くらいまでの人たちのことを言います。このミレニアル世代は...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
ミニマリズムについての本を書き、講演もしているJoshua Beckerは、なぜミレニアル世代がモノを買わないのかという観点から、論理的に7つのトピックを...
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
同じミレニアル世代だけれど、すでに自分が目標をしていたことを達成している人たち、その横で羨ましそうに眺めている人たち。彼らは一体何が違うのだろう?キャリア...
これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。自作したものを使う喜び、...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
再現度の高さには目を見張るものがあります。照明も日中と夜間で変えるなど、徹底的にリアルを追求。
Julia Guerraさんによれば、SNSを通して自分を周りと比較するクセが、私たちを「完璧主義」に導いているらしい。彼女が見つけた研究曰く、「周りと同...
愛娘のためにパパが見せた本気のDIYが、アメリカで賞賛を集めています。その仕上がりも見事ながら、およそ18ヶ月もの時間をかけて、たった一人で作り上げたパパ...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。