くたびれても、愛着が色褪せないバッグ。

誰にでも、恋人や家族とか大事な人から貰った宝物ってあるはず。カバンだったり、財布だったり。でも嬉しくて使い込むうちに、次第に汚れてきてしまうのがモノの定め。それはわかっていても、シミなんかついた時には、相当凹んでしまう(僕の場合)。

そんな経験をしたフィリピン人クリエイターのCyreneQさん。
彼女がとった行動は…。

描いちゃう
どんどん描いちゃう

ある日、ハンドバックに赤いシミを見つけたの。どうやっても取れないし、大事なものだから捨てたくなくて…だから思い切って絵を描いてみたんです。いまじゃ前よりも気に入っています。

センスと画力はもちろん
ペイントする勇気に脱帽

ペイントできる素材のものがどうか事前に確認できれば、彼女にカスタムペイントを依頼することもできるそう。

また、彼女のユニークな発想と独自のデザインセンスが目に留まり、現在、ハンドバックブランドの〈La Gallia〉とコラボ商品も販売している。

大事なものだからこそ

彼女のような抜群のデザインセンスを持っていなくても、捨ててしまったり、クローゼットに眠らせたりするくらいなら、いっそのこと世界に一つだけのマスターピースを作ってみるのもありかもしれない。

Licensed material used with permission by Cyrene Quiamco
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
デンマークで一般的なライフスタイルや考え方を表した言葉「ヒュッゲ」。この記事では、ヒュッゲについて解説し、ヒュッゲを生活に取り入れていくヒントをご紹介していく。
財布もスマホも入らないほど小さな「ミニバッグ」「マイクロバッグ」「ナノバッグ」が世界中でブームとなっている。バッグとしての機能はほぼ失われたトレンドのミニ...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
ルイ・ヴィトンがLEDディスプレイを搭載したバッグ「Canvas of the Future」をお披露目しました。
気分がアガる「THE CONRAN SHOP」のオリジナル メッシュ ショッピングバッグです。
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
福岡県柳川市の蒲鉾店「関屋蒲鉾」が、10年後の食卓をイメージして新たに開発した、惣菜感覚の新ジャンルさつま揚げ「DELIさつま」の発売をスタート。
Eコマースプラットフォーム「BASE」とともにスタートした、新型コロナウイルスによる影響を受けているショップのサポート企画。第9回は、熊本・浜田醤油の「エ...
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
「レジ袋の代わりに使えるバッグ・使いたくなるバッグ」をエコバッグと定義して、14種類紹介!
「MOTTERU」のマルシェバッグは、“スーパー使い”のエコバッグの決定版です。
「raregem(レアジェム)」のバッグの中でも特に人気を博しているグローサリーバッグ「イェッシリー」。
創業250年の老舗みりんメーカー「九重味淋」(愛知県碧南市)が、本みりんにほうじ茶を漬け込んだリキュール「Rincha」を開発。アルコール度数は13%。お...
スウェーデンの広告会社「Le Bureau」が非常にユニークな体験型広告を製作した。雑誌に石鹸で作られたページを挟むことで、実際にそのページを使用して手を...
「fridge」のマルシェバッグは計6色。色選びが楽しい!
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。
「FREITAG」がオーナー同士によるバッグの交換を促進するためのプラットフォーム「S.W.A.P.(Shopping Without Any Payme...