廃棄する「パイナップルの葉」でバッグや靴ができるんです(しかも最後は土に還る!)

動物のレザーや石油を使う合皮ではなく、天然資源を用いた繊維の開発は、今では国際的な課題と言ってもいいほど。そんななか、スペインの「ananas anam」が開発したのは、廃棄するパイナップルの葉を用いた「Piñatex™」という新素材。天然素材なので、最後は堆肥として土に還すこともできるそうです。

棄てるはずの「葉」が
バッグや靴へ!

9f66845ac265c725b805439c8ea6f9f21c9a6555

繊維はパイナップル収穫の副産物とも言える「葉」の部分。本来は捨てるべきものですが、不織布をつくる資源として有効活用されています。

8126f5bbbf440f5701e4067bea092a87d48774e2

さらに、フィリピンのパイナップル農家にとっては第2の収入源にもなるので、「企業」「農家」「社会」のすべてにメリットがある関係性なのだそう。

パイナップル繊維で
持続可能な社会に

5c778168fbc4714c8d5ce9a2a14b7397a04440b7

フィリピンには元々「バロン・タガログ」というパイナップル繊維でできた伝統衣装があり、そこに注目したのが「ananas anam」CEOでデザイナーのCarmen Hijosaさん。7年の開発を経て完成したPiñatex™は、汎用性、通気性、軽さ、柔軟性も高く、かつ簡単にプリントや裁断もできるそう。

資源を有効活用し、自然にも社会にも優しい「パイナップル繊維」。今後の展開にも注目していきたいですね。

Licensed material used with permission by ananas anam
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
「Natural News」でパイナップルが咳の緩和にいい、といった内容の記事が掲載されていたので紹介します。インドで行われた調査では、パイナップルに含ま...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
〈suolo(スオーロ)〉の定番モデル「crop(クロップ)」は、土っぽい感じ。それもそのはずで、suoloとはイタリア語で土壌という意味。ガーデニングや...
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。
ビジネスやランニング、トラベルなどの多くのシーンに対応できるように開発されたのが「Shooz」。靴を2つのパーツに分けることで、自分だけのカスタマイズがで...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...
「不味い料理」というと筆頭にあげられることが多いのが、パイナップル入りの酢豚。「なんで料理に果物が入ってるんだ」「甘くて気持ち悪い味」とか、さんざんに言わ...
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...
食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
今年もハロウィンの季節がやってきました。最近では、仮装して街を歩いたり、パーティを開いたり、日本でも親しみのある行事になってきました。秋に採れる農作物の収...
突き抜けるアロマ香と瑞々しい果実味が人気のパイナップル。反面、口にしたときのチクチク感や、いがらっぽさから敬遠する人もいます。「アレさえなければ…」という...
代々木公園での「Aozora靴磨き教室」や自由大学での講義「20年履ける靴に育てる」など、靴磨きに馴染みのない人たちに、そのハウツーを広めている明石優さん...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。