「破棄されたタイヤ」は、バッグ素材の優等生だった

誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。

ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとっている人もいれば、他の人とはちょっと違うモノを持ちたいと考える人もいます。

ここでは、後者の人にピッタリなブランドを紹介。世界にひとつだけの素材を使った、唯一無二のプロダクトが揃っていますよ。

廃材に、命を吹き込む。

D61aeb4c6dc2680ced0baed95ca0533745fcc629

「SEAL(シール)」は、リサイクルをコンセプトとする日本発のブランド。破棄されたタイヤチューブを回収し、素材の特性を最大限活かしながらバッグや靴などのメイン素材としてリユースしています。実際にタイヤとして使用された環境、さらには製造時期などにより、それぞれの素材の表情は世界にひとつだけのものに。

E7e15a57a0643d9d696aec448a3ad417e5e8f514

走行中、摩擦などによる数百℃という高温の中、何トンもの重量の車を支えてきたタイヤ。そのような過酷な環境を何年も耐え抜くための強度・耐久性を兼ね備えているからこそ、自然とバッグに必要な特性も持っています。

耐衝撃性もあり、水は一切通しません。使用済みタイヤチューブは、バッグ素材の優等生というわけ。

ALL HAND MADE
IN JAPAN

660b916c58a69e946b091177baded239a66ca96c

大量のタイヤチューブを一つひとつ確認しながら数回の検品を行い、ダメージの大きな素材やパンク跡・切れ目のある素材等を選別。最終的に耐久性やデザイン性を吟味した上でメイン素材として採用しています。

A2d7197be3ab05d5844c75588e7de86434f2d203B32b13f22dc0ebeef8261b989b14213a8b036cea5b264bc2eadedbccfb5f57cdf516bff5bbae6820

特殊な素材ゆえ、扱いには技術はもちろん永い年月をかけて培った経験が必要。すべて熟練した職人が、丁寧に手作業で縫製を行っています。

デザイナーとの試行錯誤を繰り返しながら、1つの製品は半年~最大2年程の歳月をかけて完成。こうした「MADE IN JAPAN」の環境だからこそ、独自の素材による高品質なプロダクトが出来上がるのでしょう。

70商品以上の
豊富なラインナップ

Cb269578125454fc4343096c1f30b66ceb059539

コンセプトがいくら優れていても、実際に使いたいと思えなければ意味がありません。しかし、バックパックやビジネスバッグなど70商品以上の豊富なラインナップには、イマドキのデザインが並びます。手の届きやすい良心的なプライスも嬉しいポイント。

こちらの「シティバックパック」は、16,200円(税込)。

Ef5edcb53335e9954fa34c972015b531a125ac0e

「デザイナーズ ビジネスバッグ」は、24,840円(税込)で、写真のブラックのほかにもブラウン、クリーム、レッド、プレミアムブラックの4色を用意。

Beb7a2ace47b84a126f54cbf73b2d0ec78663f63

新素材「BEATTEX」を使用した防水性抜群の「メッセンジャーバッグ」は19,980円(税込)。

「SEAL」の直営店は東京、大阪、横浜、香港の4店舗。近くにないという人は、ぜひオンラインストアでチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by SEAL brand
誰もが「欲しい!」と思うかというと、きっとそうじゃない。でも、これまでになかったタイヤの開発に、相当な熱意を持って取り組んでいることは確かです。
畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」で作られたバッグを、ご紹介します。
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「Oxygene」と名付けられたコンセプトモデルの内部には、苔が生息しているようです。端的に言ってしまえば、その光合成を利用し、酸素を生み出すのが狙いなん...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
身につける服と同じくらい、いや、それ以上にこだわりたいのが「バッグ」というもの。どれだけ上質なジャケットを着て、シルエットの美しいパンツを履いていようと、...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
どこから見ても、ほとんど平面のイラスト。だけど、リュックとして背負え、バッグとして肩から下げられる。あの不思議な2Dバッグに新作が登場しました。カワイイ+...
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
コーデュラナイロンで、防水ジッパー、タフでブルックリンを駆け抜ける本格派…。そんなメッセンジャーバッグが多いなかで、ひときわナチュラルな存在感を放つ、リネ...
苦手な人が多い縦列駐車や車庫入れですが、このタイヤがあればもう大丈夫!まずはアンビリーバブルなその「動き」を見てみましょう。秘密は、このタイヤにありました...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
今の時代、ファッショントレンドのサイクルは早い。せっかくお金をかけて買ったものでも、すぐに流行には終わりがきてしまう。 それは、バッグも一緒。スタイルが絶...
ドイツはベルリンの〈BAGJACK(バッグジャック)〉のCEO直々に特注して作ってもらったモデルです。頑丈で考え抜かれたパーツや仕様は語りつくせない魅力が...
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
これまで、タイヤの材料のことなんて考えたこともなかった。でも、研究者たちは違ったみたい。「当たり前のものを疑う」という彼らのスタンスを、改めて見せつけられ...
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!