岡山はデニムや帆布だけじゃない! 意外な素材で作ったバッグの実力とは?

よくよく見ると、マットな素材のなかにも上品な光沢が確認できる独特の質感。これらのバッグ、じつはすべて畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」でできているんです。

元建築士が、畳縁をバッグに変えた3つの理由とは?

これらのアイテムを制作したのは、「TATAMI_EN」の島田誠氏。若干25歳ながら、「TATAMI_EN」の代表として、鞄のデザイン、製造、販売を一人で行っています。

以前は建築設計士だったという島田氏が、なぜ畳縁をファッションアイテムとして活用しようと思ったのか? その理由は3つあるそうです。

「まず、建築に携わるなかで、和が非日常化し、嗜好的なアプローチが多くなったことに気づいたんです。もっとフランクに和を感じられる(身につけられる)ものがあってもいいんじゃないかと考えたわけです。

また、畳縁が“守る布”というところに面白みも感じました。昔から畳に使われていたイグサの角を守るために使用されてきたものですし、畳縁を踏んではいけないといった文化があるように、結界のような役割もある。そんなバックグラウンドも含め、現代のデザインと融合させることで新しいプロダクトとしての可能性があると思ったんです。

なによりも、デザイナーとして畳縁という素材に惹かれたというのもあります。狭間(80㎜)、長尺(1ロット、40m)、丈夫でありながら軽量(建築資材として強度を満たすために現在ではナイロンやポリエステルなどの化学繊維へのシフトいる)。こんなファブリックは他にはありません。そして、自分が生まれ育った岡山県倉敷市が畳縁の産地で身近だったことも興味を持ったひとつの理由でしょうね」

機能性とオリジナリティに、海外からも熱視線が!

「TATAMI_EN」のプロダクトの購入層は幅広く、20代から60代だと言います。さらに、最近では西洋人を中心とした観光客にも好評だとか。

「畳縁のカラーバリエションに驚きました」

「革や帆布のバッグに比べて軽い!」

「光沢から高級感を演出できる」

「なんといっても丈夫さ! 安心して使えます」

「ブックカバーや小銭入れといったラインナップも楽しい」

「細幅を繋ぎ合わせて出来るストライプに惹かれます」


これらは実際に購入した人たちの声。和の素材を使っているという面白みだけでなく、きちんと機能性とデザインが評価されていることが伺えます。

「それどこの?」と聞かれた時に、語ることのできる背景があるプロダクト。とても素敵です!

Licensed material used with permission by tatami_en
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
「毎日通えたらいいのに」と、思わずにはいられないカフェ&喫茶店を見つけました。場所は、岡山県倉敷市の、倉敷美観地区(くらしきびかんちく)。「cafè EL...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
〈3sun(サン)〉のビーチラグは、ヨーロッパのリゾートで使われているような、シンプルでちょっと懐かしい感じ。天然素材なので、使い込むほどに目がギュッと縮...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
畳の歴史が、いま変わろうとしている。京間や江戸間など地域によって若干のサイズの違いはあった。しかし、そのカタチは一定して長方形だった。ところが、この畳は複...
太平洋に面した温暖な紀州和歌山県。そこで育てられた柑橘類の果皮から作られた、日本では珍しい合成香料不使用のアロマオイルがあります。製造したのは酒造メーカー...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
「ALL YOURS」は、デザインやトレンドを気にせず、「使いやすさ」を追求している会社だ。ジーパンのすべてのデメリットを解消した、というその特徴が、こちら。
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...