岡山はデニムや帆布だけじゃない! 意外な素材で作ったバッグの実力とは?

273d6522d5d866f1843d31f2ff505a2544e09b26Dc0fa4d8832a74a27009edbdf7eaf764745a1077

よくよく見ると、マットな素材のなかにも上品な光沢が確認できる独特の質感。これらのバッグ、じつはすべて畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」でできているんです。

元建築士が、畳縁をバッグに変えた3つの理由とは?

A921a93875f2291a12cda6619ffc29f068d97681

これらのアイテムを制作したのは、「TATAMI_EN」の島田誠氏。若干25歳ながら、「TATAMI_EN」の代表として、鞄のデザイン、製造、販売を一人で行っています。

以前は建築設計士だったという島田氏が、なぜ畳縁をファッションアイテムとして活用しようと思ったのか? その理由は3つあるそうです。

「まず、建築に携わるなかで、和が非日常化し、嗜好的なアプローチが多くなったことに気づいたんです。もっとフランクに和を感じられる(身につけられる)ものがあってもいいんじゃないかと考えたわけです。

また、畳縁が“守る布”というところに面白みも感じました。昔から畳に使われていたイグサの角を守るために使用されてきたものですし、畳縁を踏んではいけないといった文化があるように、結界のような役割もある。そんなバックグラウンドも含め、現代のデザインと融合させることで新しいプロダクトとしての可能性があると思ったんです。

なによりも、デザイナーとして畳縁という素材に惹かれたというのもあります。狭間(80㎜)、長尺(1ロット、40m)、丈夫でありながら軽量(建築資材として強度を満たすために現在ではナイロンやポリエステルなどの化学繊維へのシフトいる)。こんなファブリックは他にはありません。そして、自分が生まれ育った岡山県倉敷市が畳縁の産地で身近だったことも興味を持ったひとつの理由でしょうね」

機能性とオリジナリティに、海外からも熱視線が!

8364c6e6a0449bdf27ce59abbeb73ab92158569b7ead02f115418cd08d57638734854ff219e23bd3

「TATAMI_EN」のプロダクトの購入層は幅広く、20代から60代だと言います。さらに、最近では西洋人を中心とした観光客にも好評だとか。

「畳縁のカラーバリエションに驚きました」

「革や帆布のバッグに比べて軽い!」

「光沢から高級感を演出できる」

「なんといっても丈夫さ! 安心して使えます」

「ブックカバーや小銭入れといったラインナップも楽しい」

「細幅を繋ぎ合わせて出来るストライプに惹かれます」


これらは実際に購入した人たちの声。和の素材を使っているという面白みだけでなく、きちんと機能性とデザインが評価されていることが伺えます。

「それどこの?」と聞かれた時に、語ることのできる背景があるプロダクト。とても素敵です!

Licensed material used with permission by tatami_en
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
誰々が持っていたものがカッコいいから欲しい。または、流行っていて周囲のみんなが持っているから欲しい。ファッションアイテムに対してこのようなスタンスをとって...
〈3sun(サン)〉のビーチラグは、ヨーロッパのリゾートで使われているような、シンプルでちょっと懐かしい感じ。天然素材なので、使い込むほどに目がギュッと縮...
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
畳の歴史が、いま変わろうとしている。京間や江戸間など地域によって若干のサイズの違いはあった。しかし、そのカタチは一定して長方形だった。ところが、この畳は複...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
〈KHATA(カタ)〉のストール。意外性たっぷりの色使いと高級感ある素材にハマってます。ネパールで製作されているということで、エスニックな空気感は漂わせつ...
Melissa Feldermanは、ミレニアル世代の女性たちのイメージに植え付けられたイメージを変えようと、オリジナルのプロダクトでアプローチ。テクノロ...
私がディレクションを担当している〈3SUN(サン)〉から発売しているバッグ、「BAILER(ベイラー)」というシリーズです。自分でも50Lのネイビーと25...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
この街には、鴨川納涼床が楽しめる三条大橋店と、全面ガラス張りで六角堂を目の前で眺められる烏丸六角店の2つのコンセプトストアがある。けれど、これらとはまた違...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
「ALL YOURS」は、デザインやトレンドを気にせず、「使いやすさ」を追求している会社だ。ジーパンのすべてのデメリットを解消した、というその特徴が、こちら。
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...