岡山はデニムや帆布だけじゃない! 意外な素材で作ったバッグの実力とは?

よくよく見ると、マットな素材のなかにも上品な光沢が確認できる独特の質感。これらのバッグ、じつはすべて畳の縁の部分「畳縁(たたみべり)」でできているんです。

元建築士が、畳縁をバッグに変えた3つの理由とは?

これらのアイテムを制作したのは、「TATAMI_EN」の島田誠氏。若干25歳ながら、「TATAMI_EN」の代表として、鞄のデザイン、製造、販売を一人で行っています。

以前は建築設計士だったという島田氏が、なぜ畳縁をファッションアイテムとして活用しようと思ったのか? その理由は3つあるそうです。

「まず、建築に携わるなかで、和が非日常化し、嗜好的なアプローチが多くなったことに気づいたんです。もっとフランクに和を感じられる(身につけられる)ものがあってもいいんじゃないかと考えたわけです。

また、畳縁が“守る布”というところに面白みも感じました。昔から畳に使われていたイグサの角を守るために使用されてきたものですし、畳縁を踏んではいけないといった文化があるように、結界のような役割もある。そんなバックグラウンドも含め、現代のデザインと融合させることで新しいプロダクトとしての可能性があると思ったんです。

なによりも、デザイナーとして畳縁という素材に惹かれたというのもあります。狭間(80㎜)、長尺(1ロット、40m)、丈夫でありながら軽量(建築資材として強度を満たすために現在ではナイロンやポリエステルなどの化学繊維へのシフトいる)。こんなファブリックは他にはありません。そして、自分が生まれ育った岡山県倉敷市が畳縁の産地で身近だったことも興味を持ったひとつの理由でしょうね」

機能性とオリジナリティに、海外からも熱視線が!

「TATAMI_EN」のプロダクトの購入層は幅広く、20代から60代だと言います。さらに、最近では西洋人を中心とした観光客にも好評だとか。

「畳縁のカラーバリエションに驚きました」

「革や帆布のバッグに比べて軽い!」

「光沢から高級感を演出できる」

「なんといっても丈夫さ! 安心して使えます」

「ブックカバーや小銭入れといったラインナップも楽しい」

「細幅を繋ぎ合わせて出来るストライプに惹かれます」


これらは実際に購入した人たちの声。和の素材を使っているという面白みだけでなく、きちんと機能性とデザインが評価されていることが伺えます。

「それどこの?」と聞かれた時に、語ることのできる背景があるプロダクト。とても素敵です!

Licensed material used with permission by tatami_en
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
2月27日~3月15日まで、岡山デニムの廃材を再利用するサステイナブルプロジェクト「Sustainable Project Laforet×Okayama...
創業130年の帆布メーカー「タケヤリ」が、製造工程で出る通常は処分するはずの「残糸」を使い、丈夫な「軍手」を製造。特別限定品として販売を開始。
岡山県のデニムファクトリー「青木被服」よりデニムマスクがデビュー。現在、第3弾となる予約注文を受付中だ。
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
日本一晴れの日が多いと言われている岡山県の小田郡にある、矢掛町みかわ地区。みかわてらすの「陽気なピクルス」は、あたたかい陽をよく浴びた野菜で作られています。
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
「株式会社行雲」が運営する美観堂から「美観堂謹製 岡山パクチーしょうゆ」が新発売。
「毎日通えたらいいのに」と、思わずにはいられないカフェ&喫茶店を見つけました。場所は、岡山県倉敷市の、倉敷美観地区(くらしきびかんちく)。「cafè EL...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
離婚する夢の意味とは?夢占いの専門家が、離婚の夢について、人やシーン、心理、原因別に解説。
「マスキングテープ(略してマステ)」の発祥の地は、岡山県倉敷市。工業用テープメーカー「カモ井加工紙」が、工場見学に来た女性たちのアイデアをもとに作ってみた...
岡山県のデニム職人が作る布マスクの専門店「KOJiMA MASK(児島マスク)」。デニム、リネン、レース柄、チェック柄など100種類以上のバリエーションか...
ひとときのコーヒーブームもひと段落した感があり、さて、次は緑茶だ、紅茶だ、なんて話題になるけれど、じゃあ実際「紅茶ってなんだ?」って聞かれたら、僕自身よく...
DENIM BROTHERS ~キャンピングカーで全国に「デニムと想い」を届ける兄弟~▶︎Every Denim 国産デニムの発祥地である岡山県の瀬戸内か...
「Pocky」は、2019年の世界売上金額により「チョコレーティングされたビスケットブランド世界売上No.1」のギネス認定を受けた。
銀座のバーツール専門店「BAR TIMES STORE」から、ジンやウォッカ、ウイスキーなどのスピリッツを注ぐだけで手軽に「漬け込み酒」ができる専用キット...
岡山県にあるマシュマロ和菓子屋さんが、新ブランド「つるたま」を発表した。元祖マシュマロ和菓子は、明治時代に初代が作りだした「つるの玉子」というお菓子。その...
岡山県を拠点にアップサイクルによるモノ作りをおこなっているブランド「3sun」。別ラインで展開している布バケツバッグのブランドが「BAILER(ベイラー)...
香川県の特産品「和三盆」をつくるときに出てきた糖蜜を蒸留してできた「ラム酒」。
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
「SHITOI」は、畳表をインソールに用いたサンダル。こだわりはその素材で、シェア率の高い「い草」ではなく高級素材の「七島イ(しちとうい)」を使用。履き心...
中国・広州に劇場を建設予定とのことで、ロンドンに本拠を置くSteven Chilton Architects(SCA)が「Puzzle Ball Thea...