暗闇から生まれた「黒備前」にみる、後世にどうしても残しておきたいこと。

食器といえば白。少し前まで漠然とそんなイメージを抱いていたけれど、最近は少しちがう。Instagramで見かける美しい食卓、ふらっと入ったカフェで出てきた心おどるスイーツ…。いわゆるフォトジェニックさを目の当たりにするときに、たびたび登場してくる黒い器。

今回は、その黒い器のなかでもより一層引き立て役を買って出てくれそうな深~い逸品を紹介する。

ちょうどいい
「黒」加減。

59b49d43bfae0c3be6717eb48ac80285bb193446

この器、その名も「黒(koku)」。なんとも言えない「黒」に引き込まれそうだが、それもそのはず、ベースはあの備前焼なんだとか。もちろん、備前焼作家が手がけている。

047d191fe9307e2a66aa287a48fa2e1f176ba942
Photo by MTRL KYOTO

プレート、ボウル、カップがそろっている。どんな料理のときでも活躍してくれそうだ。

「黒」を味方につけるだけで
こんなにもカラーが引き立つなんて。

3498558890351a1f14a451dbda6aa6528e85a82c

「黒」にかかれば、どんな料理も途端にパキっと引き立つ。素材が活き活きと見える、絶妙な風合いが魅力的だ。

47bb8af443fd4af2bebaf5870b8ceed1ccf55292B441ff65c98a388766451b4d1d92b5853ec9324871c0904653371da8625f34cd35cb8e43083fe61bE3c22e15129bee48eb1486aff5e67a8e3b38e689

ほら、和食も洋食も「黒」がそっと支えてくれている。

古き良き「あの時の日本」に
思いを馳せる

「黒(koku)」の生みの親は、有馬温泉御所坊からはじまったプロジェクト。

コンセプトはずばり、「陰翳礼讃(いんえいらいさん)」。「陰翳礼讃」とは、近代日本文学界を代表する谷崎潤一郎の隋筆のタイトルだ。彼はその中で以下のように論じている。

思うに西洋人の云う「東洋の神秘」とはかくの如き暗がりが持つ不気味な静けさをさすのであろう。

 西洋人にとって、暗がりに美を見出す日本人特有の感性はなかなか不思議なもののようだ。そして「陰翳礼讃」を強いてひと言で表すとするならば「陰を敬い、そこに美しさを見出す」というところだろうか。  

343747e2ba3633495ceeeec9f87e38b714f95d50

このプロジェクトは、その世界観を音楽や香り、器、映像、写真を使って表現している。活動を通して、今では感じられにくくなった日本人の感性や文化を再確認する機会を創造している。

もちろん「黒(koku)」も
例外ではない。

7648829e3fa3bc18a6400fdabc417f883019e7ca

「黒(koku)」もコンセプトにのっとって〝暗闇を切り出して生まれた器〟だ。器そのものが美しいのは大前提で、それでもってそっと陰部分に徹し料理と一体となって美しさを演出してくれる。

 

ぜひ、この「黒(koku)」をきっかけに、うちに秘める日本人的な感性を思い出してみてほしい。

Licensed material used with permission by 黒[koku]
Top Photo by MTRL KYOTO
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
鹿児島県の加工品のお土産を9選ご紹介。いずれも「ご飯に合いそうな加工食品」ばかりです。薩摩黒豚を使ったハンバーグや味噌漬けなど鹿児島らしいものから、たけの...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
ウォーターカラフェって、どれも似たようなデザインなのが正直なところ。でもこの「hiiro(ヒイロ)」は、通常のそれとは一線を画すプロダクトです。「備前水甕...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。
鹿児島の名産といえば、黒豚に奄美のサトウキビから作るお砂糖、それに地元産の麦味噌を加えて作った「黒豚みそ」が有名。ご飯のお供としてはもちろん、野菜スティッ...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。
2015年5月に故郷であるタスマニア州のホバートから旅立ったRich East。愛猫のWillowと共に一生を旅して過ごすために、仕事を辞めて家を売り、所...
豊かな瀬戸内の幸のなかでも、とくに岡山県民が愛してやまないのが「サッパ」。ニシン科の魚で地域によって呼び名が違いますが、どちらかというと雑魚扱い。でも岡山...
四国・愛媛県の西端。佐田岬の付け根にある「八幡浜市(やわたはまし)」は、なんと言ってもみかんと魚の街。道の駅「みなっと」にある、どーや市場という魚市場や、...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
独断と偏見でピックアップしました。
トーストにも、熱々の麺にも、お肉に溶かすもアリ!このバターをトッピングするだけで、いつもの料理が極上の味わいに。
白州町のミネラルウォーターを寒天で固めた水菓子が「水信玄餅」。製造元は、山梨県北杜市白州町に本店を構える金精軒。限界を遥かに超えた水分を含ませており、常温...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
絵の具や墨をどれだけ塗り重ねても、決して描くことのできない黒よりもさらに黒い黒。光さえも届かない、そんな世界を人間はすでに科学の力によって、つくり出すこと...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...