現代によみがえった黒電話は、もはや別ものだった(笑)

ジリリ〜ン♪と、けたたましい音で鳴る黒電話。昭和を代表するようなあのツールも、今はテレビの中くらでしか目にする機会はありません(音だけはスマホの着信音でね)。

もはや固定電話すら持たない家庭が増えているわけですし。無用の長物、と言われても仕方ないのかも。

でもね、スマートに進化した黒電話を見つけちゃいました。固定電話自体の必要性は感じないけど、これならちょっと欲しいかも(笑)。

いい具合に“進化”した
スマートな黒電話

DREYFUSS スマートな黒電話
© Uji Terkuma

「Dreyfuss retro-futurist phone concept」なるこのプロダクト、くだんの黒電話を元にデザインされた、新しいカタチの電話です。往年のスタイルを残しながら、うまいこと“進化してる”なって。

従来の黒電話のぼてっとしたシェイプがいい、そう言われたら仕方ないけど、こちらは薄型。あえてダイアル式のイメージはそのままに。けどココも現代風にアレンジされていまして。実のところ、ダイアル部分はタッチパネル仕様。こうなるともう黒電話じゃない?

機能はハイテク

見た目はローテク

DREYFUSSのハイテク黒電話
© Uji Terkuma
DREYFUSSの黒電話
© Uji Terkuma

それでもまあ従来の黒電話と同じく、電話を取るときは受話器を持ち上げ、切るときは受話器を置く仕組み。スマホのような、ボタンを押す動作は必要はありません。

受話器はbluetoothで接続しワイヤレス。センサーが内蔵されており、手に取ったときに上になったほうがスピーカーに、下になったほうがマイクに、自動的に変化するんだそう(この辺はハイテクかw)。

うーん、あのジリリ〜ンのノスタルジアは、ちょっと期待できないけど、どうせ固定電話持つならばこういうのがいいなあ。

Top Photo by © Uji Terkuma
Licensed material used with permission by Uji Terkuma
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。