現代によみがえった黒電話は、もはや別ものだった(笑)

ジリリ〜ン♪と、けたたましい音で鳴る黒電話。昭和を代表するようなあのツールも、今はテレビの中くらでしか目にする機会はありません(音だけはスマホの着信音でね)。

もはや固定電話すら持たない家庭が増えているわけですし。無用の長物、と言われても仕方ないのかも。

でもね、スマートに進化した黒電話を見つけちゃいました。固定電話自体の必要性は感じないけど、これならちょっと欲しいかも(笑)。

いい具合に“進化”した
スマートな黒電話

DREYFUSS スマートな黒電話
© Uji Terkuma

「Dreyfuss retro-futurist phone concept」なるこのプロダクト、くだんの黒電話を元にデザインされた、新しいカタチの電話です。往年のスタイルを残しながら、うまいこと“進化してる”なって。

従来の黒電話のぼてっとしたシェイプがいい、そう言われたら仕方ないけど、こちらは薄型。あえてダイアル式のイメージはそのままに。けどココも現代風にアレンジされていまして。実のところ、ダイアル部分はタッチパネル仕様。こうなるともう黒電話じゃない?

機能はハイテク

見た目はローテク

DREYFUSSのハイテク黒電話
© Uji Terkuma
DREYFUSSの黒電話
© Uji Terkuma

それでもまあ従来の黒電話と同じく、電話を取るときは受話器を持ち上げ、切るときは受話器を置く仕組み。スマホのような、ボタンを押す動作は必要はありません。

受話器はbluetoothで接続しワイヤレス。センサーが内蔵されており、手に取ったときに上になったほうがスピーカーに、下になったほうがマイクに、自動的に変化するんだそう(この辺はハイテクかw)。

うーん、あのジリリ〜ンのノスタルジアは、ちょっと期待できないけど、どうせ固定電話持つならばこういうのがいいなあ。

Top Photo by © Uji Terkuma
Licensed material used with permission by Uji Terkuma
これまでとは姿形を変えて、革新的で時代性に富んでいると注目を浴びているのが、上海の公衆電話ボックス「Orange Phone Booths」。スマホ充電用...
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
カニエ・ウェストがトラヴィス・スコットを迎えた新曲『Wash Us In The Blood』をリリース。虐殺、奴隷といった単語が登場し、現在も進行中であ...
幼児向け知育雑誌『幼稚園』の最新号が攻めていると話題に。付録として登場したのは、なんと「公衆電話」。紙のパーツを組み立てて作る公衆電話には、さまざまなギミ...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
どんなに仲が良くても、隠し事のひとつやふたつはあるもの。一生隠しておいたほうが良いことだってあるかもしれない。けれど、その人が大切だからこそ、「自分を理解...
夢占いにおいて「電話やスマホ」は、コミュニケーションや人間関係を暗示するアイテム。例えば、こんな夢を見たことはありませんか?1.電話がかかってくる夢は、人...
「雪に埋もれて動かない人がいる!」と勘違いした人が、救急隊員に電話。駆けつけてみると、そこには銅像が。離れて見ると、確かに勘違いしなくもない見え方だったら...
窒素と二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカー「サプライズボトル」。
Bluetoothで手持ちのスマホとペアリング。それだけで電話の受発信ができる「Banana Phone」です。
アメリカ・メリーランド州に住む男性は、サンタクロースに扮して子どもたちに電話をかける活動を実行中。現在は問い合わせが殺到するほどの大好評となっているらしい。
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
懐かしの回転式ダイヤルを、ロシアの「CAMFRAE」というデザイン会社が、現代にあるさまざまな物に埋め込んだイメージ画像を製作。意外にも馴染んでいるようで...
「ミズノ」は、同社史上最高の反感性を実現したシューズ用ソール素材「MIZUNO ENERZY」を開発。接地時のエネルギーをため、それをできる限り逃さないこ...
お風呂のソムリエが作った「お風呂で洗えるマスク」は、サッと洗えてすぐに乾く。イタリアのバスローブの生地を利用したその素材は、丈夫で汚れも目立ちにくく、使い...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「思わずポチっちゃうアイテム」を3つ紹介。バスケットゴール...
電話がかかってきた。けれど周りの目が気になって、何だか会話しづらい…。別にいけない話をしているわけでもないのに、そんな風に感じてしまう。だったら、こんな解...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
商業施設の壁面緑化や植栽など、プロ仕様の花材だった「フェイクグリーン」。それをインテリアを彩る「グリーン雑貨」として室内に持ち込んだ、フェイクの仕掛け人・...