「世の中捨てたもんじゃない」と感じる、ある珍事件。

イギリスでまさかの出来事が…!

「雪に覆われた人が動かない!」

救急隊員であるKatie Tudorさんにこのような電話がかかってきた。

「ベンチに誰かが座っているけれどまったく動かなくて、しかも雪に覆われている!」

同僚と共に、すぐに現場に向かったというKatieさん。早速オチを言ってしまうと、「人ではなく銅像でした」ということ。

Twitterの写真を見ると、「どう考えても銅像にしか見えないけど…」と突っ込みをいれたくなるけれど、彼女の話では、銅像は部分的に雪に隠れていたため遠くから見ると勘違いしても仕方がないという印象だったらしい。

電話をした人も少し離れた場所にいたという。「本当に人間だったら…」と思うと、恐くてなかなか近づけないのも確かにわからなくはないけれど…(笑)

「もちろん、確認をしてから電話してくれたら良かったのですが、本物の人じゃなくて安心しました」

とKatieさん。

ひと騒動だったけれど、裏を返せばひとり雪の中にいた“人”を、心から心配してくれた人がいたということだろう。インターネットがなかった時代に比べて、人と人のつながりが薄くなっていると言われる現代。でも、この話を聞いて「まだまだ世の中捨てたもんじゃないな」と感じたのだ。

Licensed material used with permission by Katie Tudor
今やテレビの中の世界になってしまった「黒電話」。あの進化版が登場。
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...
朝起きて、カーテンを開けたら、一面の銀世界…。あぁ、今日は会社、行きたくないなぁ。今日ほど、切実に、確実に会社を休みたいと思っている人はいないのでは。そん...
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
特別、だけど簡単なレシピを、3つご紹介します。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
ポーランドの「Śnieżny Labirynt」は、世界最大の雪の迷路だと言われています。壁の高さは2m以上もあるようなので、ゴールにたどり着くまでに時間...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
撮影されたのはカナダ・ブリティッシュコロンビア州、バンクーバー北部の山中です。2015年11月19日のこと。例年よりも雪が積もるのが早く、近くにある北米最...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
人間の限界を超えた、超情報化社会と超大量生産経済が到来し、世の中は要らないもので溢れている。真の自由を得るためには、不要なものを見定め、思い切って捨てる覚...
雪の気配を背に感じつつ、テント内でお酒に舌鼓。
Benedetto Bufalinoは、私たちが見慣れているモノを予想外のカタチに作り変えてしまうアーティスト。今年の夏、新たに人間を持ち運べる「携帯電話...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
白・金・銀の3色がセットになった「雪色鉛筆」。それだけなら普通の色鉛筆。でもよく見て、ちょっと形が違う。
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。