彼女に振られたショックで辛いと感じた時に、捨てるべき7つのこと

彼女に振られたら辛いのは、誰もが同じ。だからと言っていつまでも落ち込んでいるわけにはいきません。

一刻も早く明るく立ち上がるために、捨てるべき7つのものをお教えしましょう。

1.彼女の写真を全部捨てる

_324186032

辛い気持を振り切って、彼女に振られたらまずやらなくてはならないこと、それは彼女の写真を捨ててしまうことです。もしかするとそれは、あなたにとって彼女に振られたことよりも辛いかもしれません。

しかし、一刻も早く明るい毎日を過ごしたいなら、断固としてこれを行ってください。

2.彼女のアドレスやメールは全部削除する

あなたが振られたのは事実です。気持をごまかそうとして、実は間違いだったのじゃないかなどと思いうことは、後になって余計に辛い気持になるだけです。

ここはひとつ、思い切って携帯から彼女の連絡先やメールを一切消してしまいましょう。

3.彼女からのプレゼントは全部捨てる

プレゼント

心から愛する彼女に振られたことは、他に比べようもなく辛いことです。しかし、辛い心を慰める為に、思い出に浸っていては、いつまでたってもショックから立ち上がることは出来ません。思い切って、彼女から貰ったものがあれば全部捨ててしまいましょう。

捨てるのが惜しい高価なものは、売ってでも目の前から消してしまうのです。できることなら、彼女に振られた日からなるべく早い方がいいですよ。

4.彼女との思い出の品は全部捨てる

思い出の品が目につくと、彼女に振られたことを思い出し、再び辛い気持ちになるのではないですか?

そんなことならいっそ全部捨ててしまいましょう。それらを捨てる辛さを、どこまでも乗り越えていってくださいね。

5.心の中からムナシイ希望を捨てる

悲しみ

ここから先は心の中から捨てるべきものです。まず一つ目は「希望」です。

あなたは彼女に振られたのです。辛いのはわかりますが、その事実をしっかり受け止め、再び戻ることが出来ないのだと自分に言い聞かせて、復縁への希望はきっぱりと捨てましょう。

6.ズルズル引きずる未練を捨てる

心の中から捨てるものの二つ目は「未練」です。捨てたつもりでも、気がつくと引きずってしまっているのがこいつです。辛いという気持ちも、つまりはこの「未練」にとらわれているからです。

いつまでも後ろを振り返らずに、前を向いて進んでいけば、知らない間に断ち切れているでしょう。

7.誇りという名のうぬぼれを捨てる

悲しみ

心の中から捨てなければならないものの三つ目は「誇り」です。これだけは捨てられないという人もいるでしょうが、「誇り」と言ってもその多くは「うぬぼれ」にすぎません。

要するに自分勝手な思いこみなのですから、ひとたびこれを捨ててクリアな心になれば、自分が振られた理由もハッキリ分かり、気持ちを切り替えて新たな人生を始められるでしょう。人間として一歩成長する為にも、断固として捨てましょう。

とにかく彼女に振られた辛い気持ちから脱出するのには、以上の7つを捨てることが近道です。辛さは乗り越えることが出来れば、成長の糧ともなるのです。少しでも早く身軽になって、明るい明日を迎えましょう。

「断捨離」や「ミニマリスト」が流行りだけれど、物が多いことに幸せを感じる人だっている。インテリアに凝ったり積ん読しちゃったりするのも、自分の幸せに繋がるん...
最愛の彼女に振られた男性も、魅力的な男になるための努力をすれば復縁できる可能性も。彼女にもう一度恋をしてもらえるような、そんな男になるために以下の5つのア...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
辛党のみなさんはご存知でしょうが、ここ4年間、名実ともに最も辛い唐辛子として王座に君臨していたのは「Carolina Reaper」という種類。もちろん、...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
女性の方で、大好きな彼のことを思い続けていると、次第に「辛い」、「苦しい」と感じるときが来るかもしれません。自分が誰かを思い続けることで何かをする上での原...
これは、ハスキー犬・Kyroと、その飼い主で写真家・Amanda Trompさんの“二人五脚”ものがたり。傷つけられたふたりが、助け合うことで辛い過去を乗...
彼女が綴った「恋愛で真剣な関係になろうとしない人の4つの理由」は、辛い恋愛をしている人が心の整理をするのにピッタリの内容だと思います。「何よりも大切なのは...
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...
“パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメさんがやってくれました。二重橋スクエアにオープンした<Made in ピエール・エルメ>の缶詰。酒の...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
仕事も学校もある生活の中で、ホームレスになったわんちゃんのために家族を探す女性。「今でも忘れられない」というほど辛い別れを乗り越えつつも、「Friends...
「reddit」は、アメリカ最大級のソーシャルニュースサイト。誰でもトピックを立て、自由に意見や質問を述べることができる、いわゆる“掲示板”のような存在で...
写真家のFarah Hughesが撮影するのは、産後うつになってからも子育てを続ける女性たちのポートレイト。実際に産後うつを経験したFarahが撮影した写...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
気がつけば2016年ももうすぐおしまい。今年こそはキレイな家に住もうと思っていたはずなのに、なかなかうまくいかない…。そんなあなた、大掃除で家の中にあるも...
アメリカ人ブロガーJordan Gray氏は、Amazonのベストセラー作家のひとりににも選出された、いま売れに売れている人気恋愛作家。その彼が自身のブロ...
創業者である、コラス=アーベルさん自身が乳がんの摘出手術を経験し、医療では治せない心のダメージに寄り添うために、起業することを決めたと語る。「がんでダメー...
ここで紹介するのは「Expanded Consciousness」に掲載された、記事。タイトルの通り、ちょっと落ち込んでいる…という人に読んでもらいたい記...
恋愛を中心としたコンテンツが多い、NYで人気のウェブメディア「YourTango」。ここにArianna Jeret氏が書いた「パートナーにするなら、うお...
謎めいていて、なかなか本音が読みづらい彼女は「勝ち組女子」。「Elite Daily」のMargaret Makrouhiさんは、この世には必ず恋に勝つ女...
ラブコメ映画なんかをみると、ボーイフレンドが一番恐れているのは「父親との対面」なんて印象が強いですが、彼らが本当に恐れるべきなのは、絆のかたい姉妹かもしれ...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...