振られた彼女と復縁するためにすべき5つのこと

最愛の彼女に振られた男性も、魅力的な男になるための努力をすれば復縁できる可能性も。

彼女にもう一度恋をしてもらえるような、そんな男になるために以下の5つのアイデアを参考にしてみては?

1.振られた原因をはっきりさせる

ec6cf94cf5111bafaa44cf76201fa91156289e17510

まずは自分が振られた原因をはっきりさせることから。どうしても理由が分からない時は、可能であれば彼女の女友達に聞いてみることをおすすめします。

女性は恋愛について相談し合うことが多いので、運が良ければ何か分かるかもしれません。原因がはっきりしたら、できるだけそれを治す努力をしましょう。最大限の誠意を見せることが復縁成功のカギです。

2.振られてから半年以上おく

彼女が去っていったばかりなら、相手にとってまだあなたのイメージは最悪です。そんな時にぐいぐいアプローチしても余計にうんざりさせてしまうだけなので、ぐっと我慢。

期間は最低でも半年。その間に自分を磨き、堂々と彼女の前に出られる準備をしてください。ただ、完全に距離を置いてしまうと忘れられてしまう可能性があるので、機会があれば連絡はとっておいたほうが吉。

その際、復縁したいと思っていることや、失恋してショックだったことは態度に出さず、あくまでも軽い世間話程度に留めましょう。彼女が悩んでいる様子があれば、それを黙って聞いてあげるのもイメージアップに効果的です。

3.振られた時よりもいい男になる努力をする

男性

彼女と再会した時、以前と同じ自分のままでは復縁できる可能性は低いでしょう。外見はもちろん、中身もとことん磨いて、別れたことを後悔させるぐらいいい男になってください。

その上で「もう一度彼女になってほしくて頑張ったんだ」と伝えれば、グラッと気持ちが揺らぐかも。服のセンスに自信がないなら、自分に似合いそうなブランドを選んで、友人や店員さんにコーディネートしてもらうと良いでしょう。

本を読んだり、映画を見たりして、人間の心理や生き方について勉強してください。友人に頼んで自分の欠点を客観的に指摘してもらうのも良いですね。

そうしているうちに、なぜ自分が失恋したのかが分かってきますし、中身の詰まった本物のいい男に近づくことができます。

4.振られたことをバネに、仕事を頑張る

失恋した彼女に自分を認めさせるには、仕事を頑張って出世したり、収入を増やしたりするのも効果的です。ある程度年齢を重ねた2人なら復縁=結婚となる可能性もゼロではありませんし、仕事ができる男は単純にかっこいいです。

仕事の成果を上げるには、職場で決定権を持つ上司の懐に入る、人の嫌がる仕事を積極的に引き受けるなどの努力が必要です。普通の力で頑張っていてもなかなか認められるチャンスは巡ってこないので、自分を上手にアピールしていきましょう。

上司もやる気のない部下よりは、やる気のある部下のほうがかわいいので、熱意が認められればどんどん仕事を回してくれるようになります。

5.彼女のSNSは絶対に見ない

男性

振られたあなたにとって最も気になるのは、彼女が今どうしているかということでしょう。もしかしたら新しい恋人ができているかもしれないし、仕事やプライベートで大きな変化があったかもしれない。適齢期の彼女ならば、結婚してしまうことだってありますよね。

さすがに、結婚して誰かの妻になってしまったとすればあきらめるしかありませんが、そうじゃないなら、あなたにもまだ復縁の可能性は残されています。

それなのに、彼女のSNSを見てしまったばっかりにモチベーションが下がってしまえば、いい男になる努力をする気もなくなって、もう二度と認めてもらえるチャンスを失ってしまうかもしれないのです。

彼女との接点はたまに連絡をとる程度に留め、SNSは極力見ないようにしましょう。たとえ彼女に恋人ができていたとしても、磨きに磨いた後のあなたなら奪える可能性はあります。余計な情報で心を惑わされず、自分磨きに集中することが大切です。

失恋した彼女ともう一度復縁するには、振られた原因を明らかにし、もっといい男になる努力が必要です。会えない時間は不安だと思いますが、自分を信じて前向きに行動しましょう。きっと、明るい未来が待っています。

もしもあなたが別れた彼氏との復縁を望むなら、切り出すタイミングや態度を考える必要があります。直球もいいですが、駆け引きこそ恋愛の醍醐味。感情的に、さめざめ...
50%が1年未満で別れてしまう厳しい遠距離恋愛。結婚に至るケースは全体の13.5%でしかありません。1度別れた遠距離恋愛を復縁する前に、よく考えておかなけ...
いったんは別れてしまったものの、やはり好きでどうしても復縁したいということが誰にでもあると思います。復縁の成功率は、あるデータによれば約2割と言われていま...
失恋した彼ともう一度復縁するには、別れる前よりもっといい女性になることが必要です。放置期間は、そのためのチャンス!自分を磨いて彼に別れたことを後悔させてし...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
タイ人のみらず、タイに住む外国人にもファンが多いというスープがあるのです。その名も「トムカーガイ」。
ケンカや遠距離など、何らかの事情で別れることになってしまった彼氏や彼女。でも、元カレや元カノが忘れられない。占いやタロットで、元カレや元カノとの相性が抜群...
元カレからメールがきた。元カレが夢に出てきた。遠距離で仕方なく別れたけれど、どうしても彼氏を諦めきれない。やっぱり友達関係じゃ満足できない。色んな理由で、...
彼女に振られたら辛いのは、誰もが同じ。だからと言っていつまでも落ち込んでいるわけにはいきません。一刻も早く明るく立ち上がるために、捨てるべき7つのものをお...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
heyのオフィスは広い! もったいないぐらい(笑)。
元彼の気持ちを、もう一度自分に向けたいと考えている方必見です。復縁につながる効果的なメールの内容を、シチュエーション別にご紹介していきます。電話とメールど...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
周りは結婚に踏み込んだり、新しい恋人ができたりと生活が充実していく中で、自分だけはなかなか恋人ができない。すると人肌恋しくなって、いつの間にか自分が幸せだ...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
恋愛に別れはつきものだなんて知っているけれど、実際に直面すれば、やっぱり胸が引き裂かれそうになる。多くの人たちが、過去にこんな痛みを乗り越えたのかと思うと...
先日可決されたフランスの新たな法律は、小中学校で子ども達がスマホなどの電子機器を使用することを禁止。9月から施行される見通しです。
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
「Elite Daily」の人気レズビアンライター・Zara Barrieさんは、30代がパートナーに求めるべき特徴を洗い出してくれています。少しぶっ飛ん...
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
パートナーと一緒にいる「安心感」に敵うものは、なかなかないですよね。でもその関係、見掛け倒しではありませんか?心の底から寄り添うためには、お互いに深く理解...
恋愛から疎遠になるほど付き合いにくい女性が増える、とは「Elite Daily」に寄せたライターAlexa Mellardoさんの主張。彼女のアドバイス「...