散らかった部屋を「片付けたくなる」魔法のことば

普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はない…。

そうして溜まっていくと、いつのまにか手がつけられない状態になってしまいます。モノがありすぎると、掃除をするのもひと苦労ですよね。

暮らしのデザイナーとしてメディアで活躍中の沖幸子さん著『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)では、必要な物だけに囲まれ「そこそこ」きれいに片付いている部屋こそ最適である、と訴えています。

まずは、あなたの部屋にある「いらないモノ」との関係を見直してみませんか?

収納スペースだけではなく
「気力」も奪われる

479cb4dd030669d936b4e46bd5fc8b792076888d

物理学者のアインシュタインによると「すべてのモノには波動エネルギーが宿っている」そうです。そのエネルギーを調節することによって、人の身体は癒される、と。そうなると、不要物が出すエネルギーが、日々の生活に与える影響はかなり大きいということでもあります。

不要物が多すぎて部屋が乱雑で不衛生になれば、そこから出るエネルギーは、人の心や身体に悪影響を及ぼし、住む人の家族関係や健康にまで関わってくるのではないでしょうか? 以前、テレビの取材でカビだらけで雑然としたバスルームをキレイにしたところ、実際に試した視聴者から「浴室をピカピカにしたら、あんなに泣き叫んでいた子どもがあまりぐずらなくなった」という嬉しい電話やメールが届いたことがあります。もしかしたら、汚れからも悪いエネルギーが出ていたのかもしれません。

モノが多いと、それだけ汚れが溜まります。そこからどれくらいのエネルギーが出ているのかを考えると「これは大変! 少しでも取り除かなくては」という気分になりませんか?

ひょっとしたら、多くのスペースを占めているガラクタから出ているエネルギーが、新しいアイデアや、やる気を阻害しているのかもしれませんね。

疲れやイライラは
乱雑な部屋のせい?

ホコリだらけのモノに囲まれると、憂鬱な気分になることでしょう。

昔、たくさんのぬいぐるみが飾られた知人宅の居間で、お茶をしたことがあります。しかし、ぬいぐるみやテーブルの上の造花に溜まったホコリが宙を舞い、それを眺めているだけでケーキやお茶を味わう気分になれず、早々にお暇してしまいました…。外で服のホコリを払い、帰宅後うがいを念入りにしたのを覚えています。

私の場合、ぬいぐるみや造花は普段から十分なホコリ払いが必要なため、最小限にとどめています。ホコリがある部屋にいすぎると、気持ちが落ち込んだり、イライラして気分が優れないなど、人の免疫力や気力が低下し、風邪をひきやすいなど病気がちになるそうです。さらに、心に落ち着きがなくなり、集中力がなくなるとのこと。

ちなみに、前述の家の知人は、ご主人との仲がうまくいかず、しばらくして別れてしまいました。

「そこそこ」を目指す

0991ce857ae4bfdf0f93a34892727ed3cd1bdd8d

私の自宅は、目前の高齢生活に向けて「不要物を減らす」という気持ちを持って生活しています。家具は目的をしっかり定めて選定しているので、買い換えることはあっても「場所と数」を増やすことはありません。

最近では、ゴミの日の前日に雑貨や衣類など、処分物はないかと身のまわりを探しまわることが多くなりました。毎日1個以上処分すると「よくやった」と自分を褒めています。

例え大切なガラスコップや陶器のお皿が壊れたとしても、ガーンと嘆くより「これでひとつ減る!」と自分に言い聞かせ、「モノ離れ」の習慣を潔く自分にしつけているくらいです。

形だけに捉われず、「心に残るモノ」を増やして、人生を豊かにしてみませんか?

家事サポートサービス「フラオ グルッペ」代表の沖幸子さんは、イギリス、ドイツ、オランダで生活マーケティングを学び、暮らしのデザイナーとして活躍している人物...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
「断捨離」や「ミニマリスト」が流行りだけれど、物が多いことに幸せを感じる人だっている。インテリアに凝ったり積ん読しちゃったりするのも、自分の幸せに繋がるん...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
ミネソタ大学のキャスリーン・ヴォース教授は、散乱した部屋で活動をしていた方が、よりクリエイティブになるということを、研究で明らかにしました。"ただのだらし...
今年も残すところあとひと月。身の回りの整理をして来る年に備えたいところです。ここに紹介するのは、片付けが苦手な人のための指南書。ミニマリズムを推奨する「B...
海外で生活マーケティングを学んだという沖幸子さんは、自身の著書『部屋も心も軽くなる「小さく暮らす」知恵』(青春出版社)のなかで、お金との向き合い方を変える...
ほんのひと月前、大掃除してキレイにしたはずの家の中。いつの間にかとっ散らかっているのを見て見ぬフリしていませんか?そこで話題にしたいのが、昨年9月にローン...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
ルービックキューブのような、現実にはありえないこの部屋。
統一感がない、素人っぽい微妙な部屋になっていない?この3視点からの部屋の風景を完璧にすれば、おのずと洗練された空間になるんです。
片付けても片付けても、部屋を散らかすルームメイト。使ったものもそのまま置きっぱなしでイライラ…。もはや「片付けろ!」と言うのにも飽き飽きしてきたので、アー...
ぼくの部屋はモノで溢れていた。床を埋め尽くす本、フィルムを通したこともないカメラのコレクション、クローゼットに収まらない服。でも、ある時ぼくはモノが少ない...
「Becoming Minimalist」に、ライターJOSHUA BECKER氏が、自宅を散らかさないための7つの習慣をまとめています。どうやら彼には、...
足の踏み場がないくらい部屋に物が溢れてます。というあなたに朗報!天才の部屋は散らかっているなんて話をどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、どうやら散ら...
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
「いつ、誰が来ても問題ない部屋」を普段からキープできる人になれたとしたら、人生にどんな変化をもたらしてくれるのだろうか。「お片づけインストラクター」の尾井...
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
おじゃましまーす!と、言いたくなるほど生活感あふれるミニチュアハウス。誰かが住んでるんじゃないかって思うくらい、住人の個性が出ている。Hank Cheng...
気がつけば2016年ももうすぐおしまい。今年こそはキレイな家に住もうと思っていたはずなのに、なかなかうまくいかない…。そんなあなた、大掃除で家の中にあるも...
ぼくたちはモノに時間を奪われている。モノ増えれば増えるほど、自由に使える時間は少なくなるというわけだ。ここで紹介するのは、自著『ぼくたちに、もうモノは必要...
最低限のものしか持たない「ミニマリスト」という生き方が話題になっています。これまでは物欲まみれで、モノに囲まれて生活してきたけれど、近頃どうも満足しない…...