断捨離をして、初めて気づいた「5つの無駄な時間」

ぼくたちはモノに時間を奪われている。モノ増えれば増えるほど、自由に使える時間は少なくなるというわけだ。

ここで紹介するのは、自著『ぼくたちに、もうモノは必要ない。』から、ぼくがモノを捨ててみてわかった「ムダな時間」。モノがなくなれば、ぼくたちはもっと時間を有意義に使えるのだ。

01.
メディアに惑わされる時間

iStock_000018012410_Mediumminimal-life5150922-02minimal-life41509212-02

家にいてテレビを見ていても、家から1歩外へ出ても、メディアや広告、本当にありとあらゆるものを通じて、強迫的なメッセージがぼくたちに送られてくる。
お金をもうけて貯め込みましょう、快適な家に住みましょう、健康になりましょう、いつか来る危険に備えましょう。

映画監督のトム・シャドヤックはそんな状況をシンプルに喝破した。

「ようするに今のままの君じゃダメというわけだ」

ミニマリズムを意識していると、メディアや広告に惑わされる時間が減る。「自分は必要なものをすべて持っている」という自覚ができるからだ。すべて持っていると思えればほとんどのメッセージは、スルーできる。足りないと思うモノのために、心がかき乱される時間が減る。

02.
買い物をする時間

ミニマリストはそもそもモノをあまり買わないので、買い物の時間が減る。新しく買い物をすることももちろんあるが、その時間も減る。ミニマリズムを進めていると、モノを選ぶ基準がはっきりしてくるので、迷う時間がなくなるからだ。

気に入った同じモノを買い続けたり、修理して長く使えば新たな選択肢で迷う時間はない。「これでいい」と充分に満足できているので、新しいモノに目がいく機会も少ない。モノに限らず、選択肢を絞るのは決断を早くし、ムダな時間を削るために欠かせない。

03.
家事をする時間

Monday morning problems

家事にかかる時間は、本当に圧倒的に減る。部屋にモノを置かず、ミニマルにしていると、掃除にかかる時間は激減する。服を少なくすると洗濯の手間も減るし、今日何を着るか、迷う時間も減る。

以前は太陽の光でホコリが目立つのが嫌で、光をシャットアウトしていた。今は太陽の光で起きるようになった。目覚めると部屋はいつもキレイで、起きるのすら楽しい。自然と以前より早起きになる。早起きで生まれた朝の時間も、ぼくには大きい。

04.
引っ越しの準備時間

この春、ぼくは引っ越しをした。事前にパッキングはなしで、普段生活しているままの状態から荷物をすべて出すまで、30分しかかからなかった。照明を外したり、洗濯機を外したり、そんな時間も入れて30分。引っ越しに時間がかからないから、普段の外出と同じような気軽さで、これからは引っ越しができる。

05.
ダラダラしている時間

iStock_000007955151_Mediumminimal-life4150922-04

家の中が簡素でキレイだと、ダラダラしている時間も減る。以前は休日もよくベッドでダラダラしていた。

「昨日の洗い物しなきゃ!あと掃除機もそろそろかけなきゃ、というかこのダラダラ寝てるシーツいつから洗濯してないのかな。よし、どれからやるのが一番効率がいいかな、洗濯してる間に掃除と洗い物をする。これだ。いや、今この着てる服も洗いたいから、この服のまま掃除してから洗濯しようかな。……なんかめんどうになってきた」

以下永遠ループ。モノが少ないと、毎日やらなければならないことが少ない。目の前の雑用を次々片付けるので、溜まらない。何事においてもキビキビ動けるようになる。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。
コンテンツ提供元:ワニブックス

佐々木典士/Fumio Sasaki

ワニブックスに勤務。すべてを保存し、何も捨てられない汚部屋出身。2010年ごろから身の周りのモノを手放し始める。2014年クリエイティブディレクターの沼畑直樹とともに、ミニマリズムについて記すサイト「ミニマル&イズムless is future」を開設。

「断捨離」や「ミニマリスト」が流行りだけれど、物が多いことに幸せを感じる人だっている。インテリアに凝ったり積ん読しちゃったりするのも、自分の幸せに繋がるん...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
気がつけば2016年ももうすぐおしまい。今年こそはキレイな家に住もうと思っていたはずなのに、なかなかうまくいかない…。そんなあなた、大掃除で家の中にあるも...
普段の生活はもちろん、就職、結婚、転職などのライフスタイルの変化で、モノはどんどん増えていきます。適度に断捨離できれば良いのですが、なかなかそんな時間はな...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
今年も残すところあとひと月。身の回りの整理をして来る年に備えたいところです。ここに紹介するのは、片付けが苦手な人のための指南書。ミニマリズムを推奨する「B...
汚い部屋だと、探し物をするのに時間がかかったり、変な虫が出たり、悪臭が漂う原因になったりと、デメリットが多いです。そんな悩みを解消するために、きれいに片づ...
ほんのひと月前、大掃除してキレイにしたはずの家の中。いつの間にかとっ散らかっているのを見て見ぬフリしていませんか?そこで話題にしたいのが、昨年9月にローン...
ものをたくさん持たず、シンプルなライフを提案する「ミニマリズム」を実践する人も、数多く見受けられるようになってきました。リーダーシップやコーチングに精通す...
オーストラリアのビーチスポット、バイロンベイで暮らすジャックとマリーのアウトドアやカフェ、自然が中心のライフスタイルをイメージしたブランド「JACK & ...
日本でも「断捨離」や「ミニマリスト」など、物を「捨てる」ことで本来の豊かさを求める人が増えています。しかし、生活を劇的に変化させてしまうと、それ自体がスト...
家庭内のごみを極限まで出さない「ゼロ・ウェイスト」という考え方がアメリカ・カリフォルニアをはじめ、フランス・カナダなど世界的に注目されています。ごみを捨て...
『PICK ME UP』は、各ページに書かれている質問に答えを書き込んだり、お題にそって行動してみることで、自分自身がどんな思いを抱えているか、何をしたい...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「 VISION」で音楽と踊りと空間を満喫するパーティガールたちをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
部屋が手狭になってきたくらいの理由で、そう簡単に引っ越しできるものでもない。となれば、思い切って断捨離するか、もしくはDIYで模様替え。どちらにしても、そ...
もしも「ただ時間をつぶす」っていう仕事があったら今ごろ億万長者なのに…なんて思っちゃうほど、あとから思えば無駄だったとも思えるような時間を過ごして、後悔し...
1日の過ごし方や仕事の進め方で無駄を感じること、ありませんか?体をリフレッシュさせたり、モノや情報の整理することで、案外思考までもクリアになり、無駄が改善...
断捨離のさらに上をいく「ゼロ・ウェイスト」。家庭内のごみを極限まで出さないという発想から生まれたシンプルライフです。『ゼロ・ウェイスト・ホーム』の著者であ...