狭い部屋で彼女と一緒に暮らしたら、お互いに成長できたワケ

よく海外の人から「狭い」と言われる日本の家。とくに同棲を始めたり、結婚したり、子供ができたりすると、気になってくるものです。

Mansal Dentonさんが米メディア「Elite Daily」に寄せた記事によると、彼は付き合って5ヶ月の女性と、約21平米(約12畳)のアパートで同棲することにしたんだとか。日本人の感覚からすると十分な広さにも感じますが、「狭い部屋で恋人と同棲したら、とても成長できた」のだとか。

 01.
物は必要最低限!
ミニマルな生活を心がける

F15fa8e2a896ed1924d1671161121ac94a3badc0
自分ひとりで狭い部屋に住んでいたときも大変だったけど、シンプルな暮らしを楽しんでいたんだ。でも、彼女がそこに一緒に住むってなったら、もっと持ち物の整理が必要で、服やら思い出の品やらをどんどん手放して、今生きるのに必要なものだけ手元に置くことにしたんだ。
 
消費社会に生きているわけだから、物を持つのはいいことでもあるけど、やっぱりそんなに価値のあるものじゃないと思うんだ。ミニマルに生きるっていうのは簡単じゃなかったけど、なかなか良いものだよ。

 02.
2人の一番大事なことや
目標を共有しておく

同棲した翌月、僕と彼女はアイスランドのツアーに参加したんだ。それから3ヶ月間のドライブ旅行をして、SUVでキャンプにも行ったよ。お互いの仕事はちゃんとやりながら、こういう遠出をする。僕たちにはこれが一番大事なことなんだ。

2人にとって大切なことがわかったら、他のものを諦める決断が苦じゃなくなったよ。たとえばバスタブとか、くつろげるソファとか食洗機とか…あったら豪華で嬉しいけど、僕たちにとっては必要ないし、欲しいとも思わなくなったよ。

目標を共有していれば、一緒にそこに向かうのも簡単になるよ。

 03.
コミュニケーションは
はっきりと

3c7ebdd4a601444f2354b6f5569adc5d4e1c90f9

相手とコミュニケーションをとるとき、はっきりとした態度を取らなければ、どんなカップルだってうまくいきっこない。とくに、狭い部屋ではね。

彼女のやってることが僕にはまったく理解できないときもあるけど、それでも僕は彼女のやっていることや気持ちを尊重しなければいけないと思う。たとえば、目元のシワ対策のためのパックとか、僕にはもう何のことだか全然わからないけど、それに僕がケチをつけたり、議論をふっかけたりするべきじゃないんだ。

お互いのやってることが筒抜けだからこそ、もっとはっきりしたコミュニケーションが大事だし、その分親密になれるっていうメリットもあるんだ。片方が自分の気持ちややりたいことを伝えたら、もう片方はそれに共感したり、助けることもできるよね。

 04.
ムダな言い争いはしない

狭い部屋で一緒に生活をしていると、相手のやっていることに文句を言いたくなることが山ほどある。だけど、ほとんどのことは時間や労力を使って議論するほどの価値はないんだ。

たとえば彼女は「模様替え」が好きなんだ。新しい枕、新しいシーツ、余分なシーツ、使わない枕、みたいなものがたくさんある。

僕はいつもしぶしぶ、そこを掘り返してる。でもきっと彼女だって、僕のことで、言わずに我慢してくれていることがあるはずなんだ。だから、いちいちそのことで議論したりはしないよ。

 05.
デートみたいに、
約束の時間を守る

E7225dfd9bdfea9015150ea86565ec08519f1a7f

同棲カップルは、新しい生活ルールをつくるのに、よくケンカになるっていうよね。週に数時間だけ一緒に過ごしていたカップルが、急に四六時中一緒にいることになるわけだから、それは当然。

僕の場合はとくに、彼女はずっとそばにいたがるタイプだったから、とても大変だったよ。だからこそ、決めた予定はちゃんと守るっていうことが大事だったんだ。

たとえば、デートの約束を決めて、時間通りに家を出るっていうのはとても重要なこと。まるで別々のところに暮らしているかのように振舞って、決めた時刻に一緒に家を出るんだ。そのほうが、絆が感じられる関係になるんじゃないかと思うよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
「同棲」するなら、デメリットにも目を向けて。良し悪しを事前に話し合っておけば、争いごとも前もって防ぐことができるでしょう。たとえば、自分が散らかしたものは...
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
恋愛においてよく、まったく違う価値観を持つ相手の方が上手くいくことがある。なぜなら、知性の違いは大きな魅力のひとつだから。とは、ライターBrenda De...
「遠距離恋愛」と聞くと、なかなかうまくいかないというイメージがあるかもしれません。でも「Elite Daily」の女性ライターMichelle Dang ...
今のパートナーや、今後お付き合いをしたいと思っている相手は、あなたを成長させてくれそうな人ですか?その人とパートナーになることで、あなたがもしも怠け者にな...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
客観的に見ると、もはやこんなことは言わずもがな。でも、盛り上がっている当事者たちは、ポジティブサイドばかりに目を向けがち。だからこそ、いま一度あえて問いた...
物にあふれた生活から脱却し、心地よい暮らしを目指すシンプルライフ。関連書籍も多く、毎日を丁寧に過ごすその生活に憧れる人も多いでしょう。ですが、憧れるだけで...
誰かを好きになって、その人と共に生きていくことは、幸せながらもとても難しいものです。恋愛はいくつになってもわからないことばかりだからこそ、いつも新しい発見...
子どもの成長は早く、スクスク育つことは周りの大人にとっても幸せなこと。ただ、買っても買っても服のサイズがすぐに変わることに悩む人も多いと思う。そこで、「P...
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
EmilyとKevinのカップルは、付き合って5年。それだけ一緒にいれば、きっと言葉にしていない本音もいろいろあるでしょう。ということで、お互いの心の内を...
一緒に住みはじめたときは希望に溢れてキラキラしていた同棲生活も、一旦別れを迎えると、修羅場と化します。とくに住まいを変えなくてはならない場合、引っ越しその...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
オアフ島・ノースショアに暮らすAndrea(earthyandy)さん。2人の男の子につくるヘルシーな「おやつ」やふんだんの野菜を使った料理がInstag...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...