いざ同棲♡その前に絶対知っておいた方がいい5つのお約束。

今の恋人といくら波長が合っていたとしても、目を見るだけで通じ合えたとしても、愛情が成長真っ盛りだったとしても…一緒に住むとなると、ちょっとばかり大きなステップですよね。自分の時間はどうなるの?お互いの生活リズムが違ったらどこまで妥協しよう?初めての同棲生活を前に、心の中で共存するワクワクと不安。

そこで、2018年に同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にてご紹介。一見大したことじゃないように聞こえても、結局はちりつもなのです。


 

6152134038913024

「結婚したら、自分だけの寝室が欲しい」

私の親しい友だちであれば、私のこんな希望は当然わかってくれるでしょう。もちろん恋人との添い寝は心地良いですし、こんなことを言いながらほぼ毎日、旦那のオスカー・アイザックと同じベッドで寝ています。しかし、ずっとひとり暮らしをしてきたせいか、どうしても自分のスペースを必要としちゃうのも事実。とは言え、パートナーと一緒に住んだほうがステキなお家にそこそこのお値段で住めるし…でも誰かと暮らすのも、それはそれで大変。そこで年も明けたことですし、今年初めて同棲生活を送ろうとしているカップルに向けて抱負を5つ提案します。

私は過去に彼氏と住んだことがなかったので、まず「友だちと一緒に暮らしたらどうだろう?」という質問から考えを広げてみました。

ルームメイトとだったらベッドはシェアしませんが、共有のスペースがあるところや日用品をシェアする意味では、パートナーとの同棲と似た感覚ですよね。さらには感情も読み取りやすくなるので、何かと厄介なことが増えるのも同棲にはツキモノと言えるでしょう。たとえば実はやりたくないのにいつも食器洗いをしていたAさんが、突然溜め込んでいたストレスを爆発させ、第三次世界大戦スタート…なんて。

それでも、同居生活を始める前ならまだまだこういった戦争は防げるはずです。上手に距離感をとって、ルールを決めて、デートの機会を設ける。こういった心掛けの大切さを知ることこそが、円満な同棲生活を送るための手掛かりになるのかも。

01.
自分で散らかしたものは、
自分で片付ける

4933767512719360

彼氏と同棲している友だちに「同棲する上で欠かせないアドバイスは?」と尋ねてみたところ、「散らかしたら片付けること!」と断言されました。

でも、わかる気がします。もちろん急いでいるからってお皿を洗わず家から駆け出す日もあるでしょう。でも「パートナーが洗ってくれるだろう」と毎回相手任せになってしまうのは、相手からしてみたら不満の種。

自分で散らかしたものは、自分で片付ける。1日以上放置しないよう意識しておけば、おおごとにもならないはずです。

02.
トイレのシートは下げる/
シンクに落ちた髪はそのままにしない

5072241821745152

どんな連続ホームコメディでも、冗談混じりで「同棲エチケット」として提示されるこの2点。そんなシーンをきっとあなたも見たことがあるはずです。

いくら冗談と言えど、やっぱりシンクやシャワーに髪を放置しておくのはNG。「そのうちやるから」じゃなくて、ケンカを防ぐためにも気づいたらゴミ箱にポイしましょう。

03.
「ひとりタイム」を作る

4571199862472704

これをひとつの抱負としてリストアップしているのは、若干私のバイアスも入っています…が。

もちろんパートナーと同棲するのは、パートナーが好きで好きでたまらないからでしょう。ですが、仕事やその他の社交イベントを除いた時間をすべてパートナーと過ごすとなると、さすがに「ひとりの時間」が恋しくなってくるもの。

私のように「自分の時間が欲しいな」と時折思うのであれば、率先的にその機会を作っていきましょう。「怒っているのかな」などと、どちらかが勝手に想像したりしないように、「ひとりタイム」をとるときは、ちゃんと相手に知らせてあげましょうね。

04.
家事は役割分担できるように
ざっとスケジュールを組む

6426627009413120

トイレットペーパーを"買いたがる"ルームメイトに私は未だ出会ったことがありません。

そこまで高価じゃないので自分で買おうと思えば買えますが、要は「切れる前に買い置きしてくれる」という心掛けに胸を打たれるんですよね。

パートナーとは、家事を毎週交代でやってみたり、あるいは家事を割り当てたり、取り組み方はいろいろあるでしょう。どちらにしても、お互いのために"早め早めに"動いておくと、先々のケンカも防げます。もしくはふたりで折半して家事代行サービスを頼むのもありだけど…。

05.
せめて週1でデートをする

6016138194452480

一緒に住んでいるのに、「デートに行く必要ある?」なんて思うかもしれません。ですが、一緒に住むというのは、思いっきり寝癖がついた状態でパートナーと毎朝顔を合わせ、ときには厄介な上司とのいざこざでお手上げ状態のパートナーを迎え入れるということ。

ならばロマンスという名の炎を灯しておくためにも、ふたりでディナーやライブに出かけたり、お家でもお洒落にワインとチーズを用意したりなど、ある程度の努力が大切です。

これは一緒に住む前から意識付けしておくと、楽かもしれませんね。

Licensed material used with permission byElite Daily
Sebastian Varnierさんは彼女と同棲中。ペットと一緒に暮らす彼らの暮らしは、いつも笑いにあふれています。今からご紹介するのは、彼女が描いた日...
客観的に見ると、もはやこんなことは言わずもがな。でも、盛り上がっている当事者たちは、ポジティブサイドばかりに目を向けがち。だからこそ、いま一度あえて問いた...
よく海外の人から「狭い」と言われる日本の家。とくに同棲を始めたり、結婚したり、子供ができたりすると、気になってくるものです。Mansal Dentonさん...
一緒に住みはじめたときは希望に溢れてキラキラしていた同棲生活も、一旦別れを迎えると、修羅場と化します。とくに住まいを変えなくてはならない場合、引っ越しその...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
30代、独身、彼氏なし、貯金はわずか。そんな独身女子が、女ひとりでマンションを買ってみて、絶対に知っておいた方がいいと思ったことを5つご紹介します。
気になっている人とのデート中に、話を盛り上げるきっかけにもなりそうな、「Elite Daily」で見つけた6つの質問。なぜ、この質問をする意味があるのかも...
豊富な恋愛コンテンツが人気の「Elite Daily」には、多くの大学生が意見を投稿しています。今回紹介するのは、シンシナティ大学に通うElise Wil...
EmilyとKevinのカップルは、付き合って5年。それだけ一緒にいれば、きっと言葉にしていない本音もいろいろあるでしょう。ということで、お互いの心の内を...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。うまくいっていない恋愛に、我慢しているようでは自分がダメになる。あなたのお相手が“最高の...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
イラストレーターのYehuda Devirさん。彼のInstagramでは、彼女との微笑ましい日々を描いた作品がいくつも紹介されています。こういうカップル...
年上彼氏の呼び方で困っている人もいますよね。いつまでも名字に「さん」付けをして呼ぶのも味気ないけれど、かといって、いきなり下の名前を呼び捨てするのも躊躇し...
生き方や家族のあり方が多様化している今日このごろ。とはいっても「結婚」は、大きな決断のひとつ。できるだけ隠しごとは最小限に抑えた状態で踏み込みたいものです...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
年下の彼氏との恋愛はかわいいけれど、色々と小さなことが気になるものです。「彼は本当に私の年を気にしてないの?」「彼と同年代の子に負けてない?」「お会計は割...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。減ると不安になったり、そも...