思い出のキス#10 「さいごの朝に」

 
誰にだってある。思い出すと、ほのぼのしたり、なんだか恥ずかしくなったり、切なくなったり、涙がこぼれそうになったり。そういう特別な感情が生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。

#10「さいごの朝に」

 

「好きな人ができた」

ちょうど1年前のある日曜日。同棲していた彼からこう告白された。

ふつうの女の子は泣いたり怒ったりする場面かもしれない。だけどわたしは、決して取り乱したりしなかった。なんとなく別れの予感はしていたし、無意識のうちに心の準備ができていたのだろう。好きだの嫌いだのを他人が責め立てるのもお門違いだと思った。

「わかった。いつ出てく?」
「週末でもいい?」
「うーん、金曜日には出て行ってほしい」
「じゃあ、そうする」
「ありがとう。どこに住むの?」
「とりあえず先輩んち」

もともとわたしが一人で住んでいた家に彼が引っ越してきたから、出て行くのも彼。要領よく、仮住まいは見つけていたみたいだった。

週末まで引越しが待てなかったのは、できるだけ「いつも通り」を装うために、仕事がある平日をさいごの日にしたかったから。

 

 

幸い仕事が立て込んでいる時期で、あっという間に金曜日の朝はやってきた。

いつも先に家を出るのは彼の方だった。でもその日だけは、わたしが先に出ると決めていた。

「じゃあ、行くね」

準備が整い、玄関に向かった。するとまだベッドにいた彼ものそっと起き上がり、そして、見送りにきてくれた。

「今までありがとう。ごめんね」
「ううん、こちらこそありがとう」

靴を履こうと下を向いた時、涙が込み上げてきていることに気づいた。

 

本当は、仲が良かった頃の日課だった行ってきますのチューがしたかった。完璧に「いつも通り」を装った、さいごの日にしたかった。

 

だけど、できなかった。すこしでも彼に触れたら涙がこぼれ落ちてしまいそうだった。

「鍵、ポストによろしく」

わたしは、素っ気なくそう言い捨てて、いつもより少し急ぎ足で会社へ向かった。

 

協力:Y.K(26歳、一般事務)

関連する記事

特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
誰にだってある。嬉しくなったり、恥ずかしくなったり、切なくなったり、涙がこぼれそうになったり……そういう特別な感情が生まれるキスのエピソードをお届けします。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
タイ大手シーフード食品加工会社「Thai Union Group」が、植物由来の海老を「天ぷら」にして発売することを発表した。数ヵ月以内には売り出すという。
特別な感情が心に生まれるキスのエピソードを、みなさまにお届けしていきます。
ちょっとわがままな彼と。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...